2014/09/07

iPadよりも記録したことが脳裏に焼き付く?!:「B6リポートリーフ」と「クイックレポートリーフ」

10645027_10203264421304581_57096946

今どきの文房具屋は「100円ショップ」と言っていいぐらい、
書店よりも、
事務用品取り扱いを含めた正統派の文房具店の閉店が加速しているように思えてならない今日このごろ。

そんな状況と入れ替わるように小洒落た雑貨屋ではデザイン性の高いメモ帳や筆記具が入手できるし持っていれば「センスのいい人」と思われるかもしれない。
でも、頭の中の整理には、今ひとつ向かなかったりする。

ちなみに、ノートにかんしては、日本製って書き味や綴じが素晴らしいらしく、
イギリス人やスペインの友人は、
日本へ来ると大量に購入していた。

「いやいや、手で書かなくても、
 ノートPCやiPadに入っているファイル管理ソフトを使ってデータ化すれば、
 他人とも情報を共有できて便利!」

なんて話も、

特にビジネス系のジャーナリストやIT関係の人たちが盛んに言っている。

確かに情報をシェアするという点での合理性はあるけど、
「PCやタブレットを使えば合理的」という気分一辺倒になれない。
字を書かないと書字の感覚が鈍るし、読めても書けなくなっている漢字も多くなってきた。
それとインターネット接続環境では、
なかなか「本当の孤独」にもなれない。

そこでお目当ての「B6リポートリーフ」を探してはみたものの、
かつて買っていた幅広いジャンルの文具や事務用品を扱う文具店の多くは閉店あるいは、
存続していても、
コピー機が店の半分を占めるような状況だったりでガッカリ。

というわけで、B6リポートリーフのオリジナルは「京大式カード」ということもあり、

京都大学の生協に電話して訊ねてみると「もちろんあります!」といった感じの色よいお返事。

思い立ったが吉日とまでに、
仕事関係の所用の道すがら久々に学生気分に浸りつつも、
くだんの生協で3種を購入。

(ちなみに本家「京大式カード」も2種あったが、
 穴が開いていないのと厚手の紙ということで入手せず)。

ついでにバインダーも2枚。

「B6リポートリーフ」は今でも日本製だが、
バインダーはベトナム製で「留め金」はプラスチックになっていた。

じっくりとアイデアを練るときは大きなノートをおおらかに使いたいけど、
ちょっとしたアイデアの整理や、
何かを報告するときダラダラと間延びさせたくないとき、
この「B6リポートリーフ」が凄く役に立ってくれたことが過去にあった。

このところ、なんだか気分が間延びしすぎていることもあり、
頭のなかにメリハリをつける「仕切り」としても、
なんだか久しぶりに手に取ってみたかった次第。

追伸:オリジナルの「京大式カード」にかんする解説には興味深いものがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/京大式カード


10410975_10203264422984623_12951202



2013/12/17

極上のアル添酒「大黒正宗 しぼりたて」

1461263_10201633955503955_246215418

阪神淡路大震災で木造の蔵が倒壊し鉄筋の蔵も作り直すという、
灘にある安福又四郎商店の大黒正宗。

購入した酒屋によれば、
新しい酒蔵を建設する間、
生産量200石という小仕込みの酒造会社が、

灘どころか全国的に超メジャーな白鶴の蔵を借りるとのこと。

ただし米と水、製法は従来どおりで仕込まれているそうです。

醸造する場所が変わって味わいはいかが?

と楽しみにしていましたが、

これは「良い出来」です!

本醸造クラスの酒ですが、
香りと味わいの瑞々しさは、
お値段(一升瓶2415円)からすれば秀逸もいいところです。

原酒なので濃厚な味わい、
されど仕込み水の「キリっと感」と、
米のみを原料とした醸造アルコールで、
旨味の余韻が純米酒とは違った「凛々しさ」です。


↓酒を飲むアテもいろいろありますね。


2013/11/30

四季の風呂: 十二月は柚湯

1200

一年のなかで最も夜が長い冬至の日の習慣として長らく定着している「柚湯」。湯船に柚を浮かべる事で、柚のもつ精油成分が血行促進や保温効果をうながす。

2013/11/01

四季の風呂: 十一月は松葉湯

1100

不老長寿の木として大事にされた松。松の葉の脂を洗浄して落とした後、布の袋に入れたものを湯船に浮かべる。血行促進効果あり。

2013/10/03

さりげないグリーンの癒し:高島屋京都店

578685_10201113306208048_1700938968

さりげなく地味な場所でも“癒しのマイナスイオン”ともいうべきか?! 
気にならない人にとっては、ただ通り過ぎるだけかもしれませんが。

高島屋京都店の一番地味なお客様用入口(裏口?)にあるノンフレームのプラント。

左側はタワーパーキングの出口で、右側は業者や従業員の出入口、
そして、このプラントのすぐ左側がお客様用入口。

まさしく通路といった趣の殺風景な空間なので、
華やかな花や絵よりイギリスのガーデニングっぽいアレンジが、
むしろ目にやさしいと思った瞬間でした。

2013/10/01

四季の風呂: 十月は紅葉湯

1000

モミジの葉を浮かべながら、秋の季節感と露天風呂の風情を楽しむのもオツ。


2013/09/01

四季の風呂: 九月は菊湯

0900

9月9日の重陽は「菊の節供」とも呼ばれて、菊は薬用の植物として中国から渡来しました。宮中では古代から重陽を迎えると、菊酒を飲みながら長寿を願う風習がありました。菊の花びらを浮かべる菊湯も、この季節ならではの季節感あふれる風情。


2013/07/05

四季の風呂: 七月は牛乳風呂

0700

牛乳には酵素成分があるおかけで、皮膚の固い角質層を分解し、柔らかくなめらかな肌になるそうです。少しぬるめの湯に1〜2リットルの牛乳を入れるだけ。

2013/07/01

7月1日の誕生花「紫陽花(あじさい)」と花言葉。

Ajisai01

7月に入り、そろそろ梅雨が明けそうと思う頃に、
不思議と清涼感を感じさせて散っていく「紫陽花(あじさい)」。

紫陽花(あじさい)の花言葉には「移り気」や「心変わり」だったりしますが……

「緑〜白〜青〜紫〜赤紫〜赤」と咲き進むと七変化することにちなんでいるとも。

また「辛抱強い愛情」「元気な女性」や
「 一家だんらん」「家族の結びつき」を象徴する花でもあるらしいですが、
そのいっぽうで「冷淡」や「高慢」といった花言葉もあるそうな。

まさに七変化といったところでしょうか。

奇しくも7月1日の誕生花でもあります。

Ajisai02

四季の風呂: 八月は桃風呂

0800

実は果実だが、葉は薬用として使う。よく洗った桃の葉を湯船に入れると、軽度の皮膚疾患にもよいとされる。


より以前の記事一覧