2011/09/27

なでしこジャパン・澤穂希選手は左利き(左手利き)?

最近,テレビでなでしこジャパン・澤穂希選手が食事するシーンをよく見かけますが,サッカーの試合では右足利きのようであっても,食事では,スプーンなどで左手をメインに使っている光景が印象的でした。

http://www.youtube.com/watch?v=FbjTcxwv--w
↑動画でも確認できます。

http://homepage3.nifty.com/club-lefty/
↑左利きのサイトにもお立寄ください。


2007/09/01

着物の帯結び(関東と関西の違い)と帰国した朝青龍の浴衣姿。

413236304_65Kansai

☆(●写真1)
 男女兼用の帯結びとして有名な「貝の口」
 じつは(●写真1)が関東(東京)流。
 帯結びのサンプルは・・・
 やはり出版社の大半が東京にあるためか・・・
 関東流ばかり紹介されています。

☆(●写真2)
 こちらは(●写真1)を反転させてみました。
 これが関西(大阪・京都...etc)流です。
 左右が逆になります。

 なぜ,関西では,帯結び不要のワンタッチ帯をつけている人の中が,
 (●写真2)のように結んでいるのか,納得できます。

 ちなみに,左利きの場合は,
 関西流のほうが結びやすいようで・・・
 関東流で覚えたときの違和感がなぜかわかりました。^^;

☆ http://www.ui-kimono.net/image/syouhin/hanhaba-b06.jpg
 ↑女性の貝の口も,カジュアルなイメージで,むしろ着慣れた人といった雰囲気?
 昔の日常生活では,女性も貝の口で帯をしめる人が多かったようですね。

☆ところで・・・朝青龍の帯結びは・・・
 身体の右側に結び目があって独特ですが・・・
 どうして左側でなく右側にあるのか・・・その理由は利き手かな?と思いました。

 http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070829AS1G2901O29082007.html
 ↑その写真があります。

 要するに朝青龍は左利きなので,
 身体の右側で帯を結んだほうが,
 左手が使いやすいということですね。


2007/08/23

Left-Handed Toons:155km/hの右腕は左利き?!

☆今年,二回目の夏風邪で,今度は,ノドの痛みがとまりません。^^;
 みなさん,エアコンのドライ設定は程々に。


☆Left-Handed Toons (by right-handed people)なるサイトが・・・
 どうやら,これはアメリカ人のようですね。

 http://www.lefthandedtoons.com/

 このコンセプトは,アメリカ人版「片岡鶴太郎」のようですが・・・

 まあ,こういう楽しみ方は,嫌いではないです。^^


☆全国高校野球選手権が終わり・・・
 めったに見ないテレビも落ち着きを取り戻す時がやってきましたが・・・

 最速155キロを出した,噂の仙台育英・佐藤由規投手は・・・

 子どもの頃,兄の右利き用のグローブを使っていたら右投げになったようで,
 それ以外は「左利き」とのこと。

 左投げだとポジションが限定されるからという親の配慮で,
 左利きだけどボール投げは「右」という,
 阪神の鳥谷選手と,どことなく似たようなところがあります。

2007/08/10

朝青龍は,怪我の前から痛烈な社会的制裁を受けていた。

腰の疲労骨折により「全治6週間」と診断され,夏巡業を休場することにしていたにもかかわらず,母国モンゴルでサッカーをしていた朝青龍。

この事実は,疑いもなく厳しい処分が下されてしかるべき大失態ではあったが・・・

その後の,相次ぐバッシングで,朝青龍の精神が不安的になり,医師が帰国しての治療をすすめたものの・・・

今度は,「なぜ日本で治療できないのか?」と秀ノ山相撲協会理事。こういう疑問の声はありがちですが・・・

少し以前に・・・

「ストレスなら汗をかけば治る」

っていう大島巡業部長の一言は・・・日本国内に多くいる精神的な病を抱えた人達の存在を,まったく無視した発言というか・・・ある種,このテの発言は「身体論」ではなく「体育会系的精神論」なので,医師の診断以上に社会的な注意を呼びかける必要性があるでしょう。

今の段階でも,周囲が感じている以上に,本人が社会的な制裁を受けているだろうし・・・

「国技,国技」と,相撲は「国」を意識しすぎるがゆえに・・・外国人の入門にかんしては寛容なのは素晴らしいが,外国人が勝ちだすと,とたんにバッシングがはじまる。かなり以前から,朝青龍は,すでに痛烈な社会的制裁を受けていた。朝青龍自身,ある種の「差別」を感じていたことでしょう。

ある意味,朝青龍は四面楚歌状態で,日本の社会で「弱い者」となってます。もちろん,夏巡業を休場しサッカーをしていたことへの処分があることは当然のことながらも・・・そろそろ「弱い者イジメ」みたいな報道や言論は,やめておいてもいいのではないかと思う今日この頃であります。

2007/06/04

早慶戦:野球&ラーメン。

☆この週末は・・・日頃,滅多に見ない「東京六大学野球・早慶戦」
 を何と2戦,テレビで見てしまいました。
 何とも世間的でありますが・・・「ハンカチ王子」斉藤佑樹選手を見てみたかったためです。
 そのために,2戦目(日曜日)も見るハメに。^^;

 ちなみに,慶應義塾大学関係者から見れば,
 「早慶戦」ではなく「慶早戦」と呼ぶそうです。
 2つの「广」の中に「K」と「O」を入れて「慶應」と書く人がいたら・・・
 それは間違いなく早稲田の関係者と思って間違いないです。

 それにしても・・・早稲田は,出身高校が「野球学校」だらけじゃないか!
 むしろ,地方の公立校出身者が多い慶應のほうが,頑張っている。
 自分は早稲田出身なのに,一戦目は「慶應勝て〜」と思った。爆。
 いや,学生時代,1勝1敗だと三戦目があって,
 たいてい月曜日の講義が休講になるから,それを思い出しただけかもしれない。

 まあ,早稲田のスポーツ大学ぶりは,今にはじまったわけではなく・・・
 大学の卒業に必要な単位取得のための「体育」の講義なんて,
 100種類はあるかと思われるスポーツから,自由選択してコンピューターで決定するというもの。
 中には,ボクシングや自動車(ラリー),ヨット,相撲,アーチェリー,ゴルフ・・・何でもアリだった。
 
☆また,ラーメンに話題を戻せば・・・

 ラーメンも,早稲田と慶應・・・それぞれ大学の近くに学生に愛された店があって・・・

 早稲田は・・・

 http://ramentheater.com/walk/merushi-_waseda.html

 ↑煮干し系の和ダシ路線の「メルシー」。かの大女優・吉永小百合が早稲田の学生だった頃,食べに行ってたらしい。
  今,食べたら・・・あらためて美味い!と思うかもしれない。

 http://www.hobidas.com/blog/daytona/yoshi/archives/2006/12/post_121.html

 ↑東京で最初に,本格的な味噌ラーメンを紹介したと言われる「えぞ菊」もあったな。

 BUT!!!! ラーメンで言えば・・・慶應の方がインパクト強大!

 http://paulhofner.blog.ocn.ne.jp/mikisama/2006/05/804_124f.html

 ↑これは慶應出身の方のブログだが・・・今や,弟子が各地に暖簾分けを展開している「ラーメン二郎」。
  学生時代,他流試合と思って三田にある本店に行ったが・・・注文の仕方がわからず,躊躇。^^;
  「大ダブル野菜」(麺大盛り/豚肉2倍/野菜多め)と言った符牒めいた言葉を,
  店の人と目が合った瞬間に言わねばならなかったのです。

 久しぶりに大学生の頃を思い出しました。^^  

2006/12/08

茶目っ気たっぷりのデザイン:猛虎。

285013491_148個人的には・・・プロ野球といえば読売巨人軍(軍隊か!巨人は?しかし近年弱いのは大変残念)以外であれば良しといったスタンスで,特に熱くなるわけでもありません。

よく「日経は読んでおられますよね?」などと訊ねられますが・・・いつも「何よりも先にスポーツ新聞を見つけます」と言うと呆れられますね。^^;

いやはや,この社会で起こる諸問題やニュースには関心がありますが,どこの新聞を読んだところで,書いてある内容に大差はないし,真相を知るなどもってのほか。日本は,今や,十分に言論統制で縛られた国であります。よって,けっこう下世話な新聞や週刊誌の「毒のある記事」か,あるいは,少し間をおいて単行本や新書で活字として読むといったところでしょうか。

そんな前置きはさておき・・・イギリスで少しだけ滞在していたとき,居候させてもらっていたイギリス人の友人が,

「日本のスポーツ新聞のデザインは素晴らしい。最高だ!」

と,気に入った表紙のものがあれば,日本円で300円はする高価な・・・しかも日付が少し遅れたスポーツ新聞を買ってきてはスクラップをしていました。その恩恵を受け,けっこう日本の情報を簡単にゲットできたのは良かった。^^

さてさて・・・デザインのみならずコピーも優れているのは・・・たいてい,大きなネタがない日の一面だったりします。今朝の一面は,まさしく,その典型例でした。

ちなみに,関西地区以外の方にはわかりにくいかもしれませんが・・・関西のスポーツ紙は,一部(読売系報知スポーツ)を除いて,止めどなく流し素麺を食べるがごとく,阪神タイガースの話題を一面に持ってきます。ほとんど食傷気味であります。

で,もしかすると過去にも例があるのかもしれませんが・・・一昨日前の日刊スポーツの一面・・・毎度のごとく阪神タイガースのトレードマークともいえる虎の顔。よく見ると,西川きよしのような出目金(魚)状態で,「小粋だなあ,イカスなあ」と思った次第。

記事の内容は,安藤投手が契約交渉を保留したといった,年末にありがちな話題ですが・・・シーズン後半の中日との熱戦をお膳立てした「奇跡料」云々と新聞社が持ち上げ・・・しかも目をむいた出目金虎マークの上に「珍」までつけて・・・そんな陳腐さが好演出です。

285013491_94それにしても・・・左の写真は虎マークをズームでトリミングしたものですが・・・むしろこのほうが・・・

「珍」〜「虎マーク」〜「査定」〜「安」〜

で途切れ,むしろインパクトがあったかもしれません。なんて下らないことばかり考えたひとときでした。

2006/09/11

祝早稲田大学進学:話題の早実・斎藤佑樹投手。

あまり公の場で話をすることはないのですが・・・自分自身は早稲田大学の出身で,今回の早実・斎藤佑樹投手の進路について非常に注目していました。ちなみに,同じ早稲田の鳥谷選手が阪神に入団したときも,自分のサイトで取り上げました。右投げだが,他の行為の多くは左利きということで。

予想通り・・・「早稲田大学進学」でした。といっても,本人の口から「早稲田大学」と具体名は出ていませんが・・・他の大学であれば,具体的な名前が出てくるでしょうから,間違いなく早稲田大学ということでしょう。

ちなみに学生時代,早実は大学のすぐ近くにあり男子校でした。ちなみに,有名な卒業生は・・・いうまでもなく世界の王貞治氏。小学生の頃,テレビで「鶏ガラスープ」パワーみたいな話をされているのを聞いて以来,ラーメンでも,どちらかといえば鶏ガラ派です。あと荒木大輔やテリー伊藤,さらには小室哲哉といった人がいますが・・・かの竹久夢二が早実出身というのは,意外に語られていません。初めてそれを知ったのはかなり以前ですが・・・イメージとは程遠い「華去就実」が校風の学校に・・・大正ロマン・・・余談に過ぎませんが。

丸坊主が嫌いで,自分自身は中学までしか野球をやっていませんが,ことスポーツの情報にかんしては,毎日,スポーツ新聞をマメにチェックしています。というか,スポーツ新聞のレイアウトが大好きで,つい見入ってしまうということもありますけれども。苦笑。

とまれ・・・自分たちの学生時代には・・・巨人の桑田投手が,夢にまで見た早稲田進学をやめ巨人入りしましたが・・・家庭環境や時代の変化ともいうべき,斎藤投手の大学進学。高田馬場(早稲田)の本部キャンパスの文系学部だと人だかりで,結局は某女性アイドルの顛末が待ち受けていそうなので,所沢にあるスポーツ系の学部に入って,じっくりと野球だけでなく,一般常識やアメリカ行きへ向けて語学の勉強もしてもらいたい存在です。

おそらく・・・東京六大学では一年から投げるでしょう。ということは,早慶戦でなくても,斉藤投手が投げる試合は・・・神宮も満員になるでしょう。個人的には野球よりも球場近くのホープ軒のラーメン目当てかもしれませんが。笑。

ちなみに・・・自分自身は全く早実出身でもなんでもないですが・・・語学のクラスには早実出身者が3人ぐらいいました。つい最近まで商業科もあった(小室哲哉がそうらしい)ようですが,浪人で入学した連中が「商業科!」と小馬鹿にしていたのを思い出します。でも・・・おそらく日本で一番難しい商業科であったことに違いはないですし・・・そもそも・・・商業科のない「早稲田実業」って本当に「実業」なのか? 苦笑。今や,全国でも超難関校の一つであるようですが・・・自分たちが学生だったときに,大学近くの「メルシー」というラーメン屋で汗をタオル(笑)で拭いて,大学生と混じってラーメンをすする早実生の姿は・・・もう過去のものでしょう。

ちなみにこのラーメン屋,テレビによく登場する橋下徹弁護士も話題にしてました。


それにしても・・・高校の校歌は全く憶えてないのに,大学の校歌や応援歌は憶えている自分が・・・トホホです。ほとんどお経みたいなものです,というか,天才バカボンの影響は大きい。

「都の西北 早稲田の隣り・・・」

2006/04/26

王子サーブと阿倍清明。

このところ,テレビ東京系で放映されている卓球の世界選手権が熱い。「日本っチャチャチャっ!」のお決まりシーンがないから,余計に静かに熱いんです。と勝手に決め込んでます。

卓球といえば・・・中学や高校や大学の部活では,年中,青白い顔をしてあまり体育会系に見えない人たちがやっていて,世間的には地味な印象を持たれてます。が,温泉場では浴衣の前合わせをはたけさせながらも,ついムキになってしまうところが熱い。

かくいう自分自身も,イギリスに少し滞在したとき,イタリア人やポーランド人,サウジアラビア人やシリア人らと夢中になって卓球をやった記憶があります。かなりインターナショナルなスポーツだったりします。

さてさて・・・番組では芸能人の元アスリート・照英氏が,どこかの局でヒートアップする織田裕二や松岡修造のごとく吠えてます。ところが・・・会場は・・・選手の応援も,他のスポーツに比べれば地味なもんです。ボールだって・・・遠方に飛んでいっても,テニスのようにコート際にいる人が渡してくれるわけでもなく,選手が自分で取りにいっています。

すっかり有名人な福原愛選手はさておき,中国から帰化した金沢咲希選手は・・・自分も左利きだったりしますが・・・なぜか左利きを見るといまだいろんな意味で違和感を感じますね。対戦する相手も大変でしょうね。

そして・・・なんといっても,昨日の目玉は・・・王子サーブのスペシャリスト・福岡春菜選手でしょう。いいですね,王子サーブ。ドーンとボールを投げ上げて・・・ラケットを縦に振り下ろして独特な回転がかかって・・・。しかも開発したのは・・・大阪にあるあべの王子商店街で八百屋をしながら,「王子卓球センター」で指導してる人だったなんて。

王子サーブとは,王子卓球センターの「王子」にちなんで命名されたそうですが・・・ちなみに・・・あべの王子商店街の近くには・・・世界遺産に登録された熊野三山に向かう途中に点在する分霊が祀られた阿倍野王子神社があります。「王子」という名前はまさしく,熊野古道に通じる「王子」を意味するので,王子サーブとは神仏が宿ったサーブなのでしょうか? なんて言霊信仰のような荒唐無稽な話はさておき・・・かの阿倍清明もじつは「あべの」の生まれ。何かと「あべの」つながりで話が大きく外れたところでお開きにします。

2006/02/13

今井メロ選手は左利き?(たぶん)

トリノオリンピック・女子ハーフパイプ出場の今井メロ(旧:成田夢露)さん・・・写真などを見ていると・・・ペンを左手に持っていたり・・・大きな大会で獲得したメダルを左手で持つさまなどから・・・左利きではないかと思います。

競技のなかでも・・・そういった利き手の違いに注目してもおもしろいかもしれませんね。

2006/02/11

里谷多英に期待・・・残念。でも・・・

060211_19480001冬季オリンピックがはじまりました! 

開会式には・・・かのオノ・ヨーコさんも登場されました。

そして・・・今大会・・・個人的には六本木で泥酔・・・暴行騒動後・・・動向を注目していた・・・モーグルの里谷多英!!選手の登場です。

長野オリンピックでは・・・解説者が・・・

「多英っすっげぇ〜!」

と公共放送ではおおよそ考えられない雄叫びと・・・金メダル。

しかし・・・六本木での泥酔・暴行騒動があって・・・オリンピックはどうか??というところでしたが・・・やはり出場されました。巷では上村愛子選手に注目が集まっていますが・・・一連の騒動を乗り越えて・・・大技で挑む里谷選手に今大会最も注目しつつ・・・予選・決勝と観ます。

そして・・・観ました。結果は・・・15位。ケガをおしての出場でしたが・・・「これが私の実力」と涙を流していたシーンが印象的でした。でも潔い。マスコミに媚びてないのが最高だ。

それにしても・・・あのロートーンの声・・・厳しい目つき・・・良いとか悪いとかは別として豪傑ぶり・・・オリンピックで金と銅のメダル。やっぱり「多英っすっげぇ〜!」です。この国のオリンピック界の名選手であることは間違いないですね。