« TPPと味覚と社会階層の関係。 | トップページ | 安物買いの銭失いの裏側:『ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱 』(エリザベス・L・クライン著/春秋社) »

2014/06/09

岩手と高知の地酒を2本紹介

10457554_10202720505507026_25359494

最近のんだ日本酒のなかから。かなり対照的な二本です。

★(左)「浜千鳥 純米吟醸 美山錦」(岩手)
★(右)「山 純米吟醸無濾過 ヒノヒカリ」(高知)

「浜千鳥」は東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手・釜石産。
米も地元産の美山錦。
柔らかい口当たりなれど、後口はスキッと引いていく日本酒らしい味わい。
今どき流行の「○祭」や「○四代」のような派手な立ち香はないですが、
じんわりと米の旨みが染みわたる、品の良い味わいでした。

「山」は四万十川支流の山間で醸された高知産。
飯米で馴染みのある地元産ヒノヒカリということもあってか、
サッパリした辛口の印象が強い高知の酒とは思えない芳醇な辛口です。
そこにきて香りも高めなので、
やっぱりニンニクを利かせた鰹のたたきや肉料理あたりに合わせる一本でしょうか?!

« TPPと味覚と社会階層の関係。 | トップページ | 安物買いの銭失いの裏側:『ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱 』(エリザベス・L・クライン著/春秋社) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/59788780

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手と高知の地酒を2本紹介:

« TPPと味覚と社会階層の関係。 | トップページ | 安物買いの銭失いの裏側:『ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱 』(エリザベス・L・クライン著/春秋社) »