« いよいよ小便禁止の鳥居に「紙バージョン」が。 | トップページ | 四季の風呂: 十一月は松葉湯 »

2013/10/31

錦鯉:日本へ来た海外の観光客に見せてほしい日本の文化

1425703_10201308126998446_142158014

とある庭園の池で、錦鯉や野鯉を見ていました。金魚や熱帯魚もキュートでいいですが、大きな池で優雅に戯れる鯉……なぜヨーロッパ人が恋い(鯉)こがれるのか納得です。あくせくしていない泳ぎを水面(みなも)が物語ってます。

579251_10201308129478508_168155123_

下手な観光地を案内するより、大きな池で錦鯉を鑑賞したほうが「思い出深い日本の文化体験」かもしれません。

古来、中国では、滝を登りきった鯉が龍になる「登龍門」の伝説がありますけど、「登龍門」→「成功へといたる難しい関門を突破」→「鯉のぼり」と、日本の端午の節句でも空を優雅に泳ぐ鯉。

935990_10201308130358530_584775684_

いろいろ調べてみると、スラヴ系民族にとっては聖なる食とされているようで、ウクライナ、ポーランド、チェコ、スロバキア、ドイツ、ベラルーシなどの國では、クリスマスイヴの食卓に欠かせないようです。

それと驚くことに、鯉は人間並みに長寿。40年ぐらいは生きるみたいで、なかには60年なんてものもいるようで。

996067_10201308131678563_1396998986

そういえば、日本でも産後に鯉を食べると乳の出がよくなるなんて話を聞いたことがありますけど……ちょっと癖のある味わいなので、特別な場でしか調理されない料理になってしまうかもしれません。

1395833_10201308136358680_869546511



« いよいよ小便禁止の鳥居に「紙バージョン」が。 | トップページ | 四季の風呂: 十一月は松葉湯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/58488057

この記事へのトラックバック一覧です: 錦鯉:日本へ来た海外の観光客に見せてほしい日本の文化:

« いよいよ小便禁止の鳥居に「紙バージョン」が。 | トップページ | 四季の風呂: 十一月は松葉湯 »