« 自作真空管アンプ(KT66シングル)の真空管を茶ベースに統一 | トップページ | 『TPP 黒い条約』(集英社新書・中野剛志編):開国というよりは、日本からアメリカへの新たなる参勤交代のはじまり?! »

2013/07/30

日本文化を意識したラベルのワイン: Bordeaux Origami(ボルドー・オリガミ )

Dscn4388

折り紙のラベルに惹かれて手に取り飲んだ「 Bordeaux Origami(ボルドー・オリガミ )」。

ラベルのイラストはボルドーにあるデザイン会社(フランス人)によるもので、日仏文化の深遠さに敬意を込めているとのこと。本来は日本のバーを意識しているワインだそうですが、折り紙に慣れている日本でもエキゾチックなラベルです。

2009年は当たり年なんて言われていますが、減農薬で栽培されたブドウを使っている。酸が少なめなせいか、尖った感じや複雑な味わいではなく、なめらか。日本酒でもそうなんですが、減農薬や自然農法のお酒って、インパクトは薄めでも変な癖がなくて疲れない味わいですね。

ふと、イギリス・ロンドンの古本屋で見つけた折り紙の本を思い出し、一緒に撮ってみました。こうして日本の文化を眺めてみるのも、楽しいものです。ここ3、4年は世界的な不景気でヨーロッパ方面から友達が日本を訪ねてくることがないんですが、日本の文化について質問攻めにあうと、だんだん使わなくなっている英会話が拙くなる反面、伝えたいことがより多くなって、自分のなかでのジレンマになっています。苦笑。


« 自作真空管アンプ(KT66シングル)の真空管を茶ベースに統一 | トップページ | 『TPP 黒い条約』(集英社新書・中野剛志編):開国というよりは、日本からアメリカへの新たなる参勤交代のはじまり?! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/57890940

この記事へのトラックバック一覧です: 日本文化を意識したラベルのワイン: Bordeaux Origami(ボルドー・オリガミ ):

« 自作真空管アンプ(KT66シングル)の真空管を茶ベースに統一 | トップページ | 『TPP 黒い条約』(集英社新書・中野剛志編):開国というよりは、日本からアメリカへの新たなる参勤交代のはじまり?! »