« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/27

脱力は「ご縁」をひろげる力:『ネンドノカンド 脱力デザイン論』佐藤ナオキ著・2012年

Dscn4177

「ネンドノカンド 脱力デザイン論」佐藤ナオキ著・2012年

昨日、気軽に「脱力」して読了した一冊。

情報誌に連載されたテキストを集めたもので、一見するとライトエッセイ風の展開。
でも「仕事としてのデザイン(企画)とは何か?」という点での持論は読んでいて実にスキがない。

「アーティスト」的な思わせぶりを出さず「デザイナー」としてのスタンスがしっかりしているから、
多くのクライアントから引く手あまたであることも納得。

たとえば……

自己のフィルターに引っかかるわすかな差異がそのままデザインの素になる、と。

その微細なものを丁寧に集めることでデザインが形作られていくことから、

著者にとっては「フィルター掃除=デザイン」にあるという。

しかもフィルターを定期的に掃除することで別のアイデアが引っかかりやすくなることから、

では、何をすればフィルターに引っかかりやすくなるかと言えば……

「脱力」することが一番。

とおっしゃるわけです。

そして「脱力」して「当たり前のこと」を遮断してしまわないようにすることで、
いいアイデアが生まれる。

つまりは「脱力」することで「既成概念」がなくなり脳が「素っ裸」になって、
自己のフィルターに多くの新しい発見が引っかかってくる、と。

では、どんな人が佐藤氏がいうところの「脱力」に向いているかというと、
「当たり前のこと」が素直に受け止められる「フツーの人」。

いっぽうで、どんな人が「脱力」に向いてないかというと、
「アーティスティックな人」や「個性的な人」。

言い方を変えれば、さまざまな「縁」に恵まれながらも、
ものづくりを介して人とモノ、人と人、モノとモノ、そして世界との「縁」を育むのがデザイナーといったところでしょうか。

そして極論的にいえば「己のはからいを捨てる」ことこそが、「脱力」と言えるのではないでしょうか?!


この本、あまりデザインやデザイナーに興味がない人でも、
身の回りにあるモノがどのような「フィルター」を介して生まれてくるのかを知るうえで、
気軽だけど、しっかりと知る事ができる一冊でありました。

2013/06/26

真空管アンプの製作道中記:その5/使用したハンダ(オヤイデSS-47)とハンダごて(goot 即熱はんだこて TQ-77)の使用感

Dscn3979_2

音楽鑑賞用の真空管アンプ(KT66シングル)を製作するにあたり、
今まで使ったことのなかったハンダとハンダごてを使ってみました。

★ハンダ(オヤイデ電機 SS-47)

久しぶりの電子工作ということで、
かつてなら鉛が40%ほど入ったハンダを当たり前のように使っていたものの、
このところ環境問題を配慮した鉛フリー(0%)のハンダがホームセンターでも主流になりつつあります。

鉛が体内に残留すると健康被害をもたらすことは以前から知っていましたが、
思い起こせば、
幼少時から釣りへ行ってはネガカリで数多くの鉛を使ったオモリを環境(水中)に残留させた経験が。そんな釣り用のオモリも鉛フリーのものがあったりするので、
ここは将来のメンテナンスを考慮して、鉛フリーを物色しました。

まずは何げなくホームセンターで買える鉛フリーハンダを買って試してみたものの、
ハンダの溶け出す融点が、自分の想像よりも高い。
そして、手早くハンダ付けを終わらせないと、
どうしても固まったハンダが白くなってしまいます。

いっぽう鉛40%のハンダ(ケスター44)だと、
手と頭が知っている「濡れ」で、いとも簡単にイメージするハンダ付けができてしまいます。

でも、鉛フリーハンダを使って完成させたいと思いは募ります。
そこでインターネットで調べてみたところ、
ケーブルといえば即思い浮かぶ「オヤイデ電機」オリジナルの無鉛ハンダがあることを知り、
Amazon経由で購入してみました。

高純度の錫(スズ)のほか、銀が4.7%、銅が1.7%。
ハンダそのものの広がり率は83%とのこと。
試しに使ってみると、鉛入りのハンダよりも融点は高いものの、
想像よりもキレイに濡れて広がるし、
何よりピカッと固まったハンダが光ります。
というわけで、完成までSS-47だけを使いました。
終始使いやすさが印象的だったSS-47ですが、

鉛入りハンダのほうが楽な部分があるとすれば、
一度ハンダ付けした部品や配線を外すときぐらいでしょうか。
融点が低いので手早く外せる感覚があるのは確かです。

ハンダによる音の違いについては、
オーディオの場合、
トランスや真空管のほうが音の要素として重要かと思いますので、
いつか手持ちのエレキギターを改造したときにでも比較してみたいと思っています。

★ハンダごて(goot TQ-77)

ごくごくオーソドックスな40Wのはんだごては持っていたのですが、
たまたま手にした本のなかで、
真空管アンプ製作のベテランライターさんが「ピストル型でトリガーを押せば電力がアップして使いやすい」
と書いておられたのを発見。
これにかんしては、現物を確認して購入しました。

ちなみに、ピストル型のハンダごては初めて。
最初は違和感があったものの、このトリガーのおかげで、
「ちょっと熱が足りない」と思ったシーンでは、
あっと言う間に欲しい熱が得られ、とても便利です。

また、真空管アンプの場合、トランスの端子などへの配線でハンダを多めに流し込む必要性があり、
多くの先達が2種類のハンダごてを用意するとよいといった記述をされてます。
その点、この即熱はんだごてなら、
2段階切り替え式なので一台で十分という点が使っていても大いに助かりました。

さて肝心の「ピストル型」そのものへの感想です。
これ、プリント基板がメインだったり、
抵抗やコンデンサーをターミナルボードにまとめた場合のハンダ付けなら、
疲れにくくて最高だと思いますが……

ラグ板を使った手配線で、しかも入り組んだ部分にもハンダ付けする場合には、
同じ2段階切り替え式でも、
ストレート型のほうがコテ先を奥のほうまで突っ込みやすいのではないかと思いました。

とまれ、ピストル型でも問題なく作業が終わり、無事に音だしできています。

いずれにしましても、細かな温度管理や調節ができる高価なハンダごてまでは必要としない人にとっては、
とても便利な2段階切り替え式ハンダごてであることは確かです。

以上はあくまで主観による使用感ということで、参考になれば幸いです。

2013/06/22

「雨の名前」:雨の姿も一期一会。

Dscn4083

「空梅雨」と思われていた2013年ですが、一年で一番日照時間が長いはずの「夏至」では青空すら見えず、突然、台風まで上陸か?と思わせるような激しい雨に覆われました。

四季を通してさまざまな表情の雨が降る、ここ日本。六月といえば雨が多い季節ですが、砂漠のある国へ行けば、おおよそ日本語ではありえない「砂」にまつわる表現があることでしょう。なんて余談はさておき、この季節に降る「雨の名前」をふと知りたくなり、手に取ったのが……

「雨の名前」

という一冊の本。

そもそも「つゆ」に「梅雨」という漢字が当てられているのは、梅の実が黄色く熟すことに由来するそうで、梅雨そのものにも、さまざまな表情があります。例えば……

「青梅雨」……初夏に瑞々しく輝く青葉をシットリと色濃く魅せる雨。

この季節なら一日おきでもいいぐらいの風情かな。

梅雨の後期(6月下旬〜7月初旬)になると、やはり災害をもたらす集中豪雨が多く……「暴れ梅雨」「荒梅雨」と表現します。

そして梅雨の表情にも、性別があるようで……

「男梅雨」……激しく降ってはサッと止むメリハリのきいた梅雨。
「女梅雨」……シトシト降り続く梅雨。

なんて言われても、それは一昔前なら通じた表現かもしれません。

さてさて、傘をもっていないときに困るのが「にわか雨」ですが、この本をパラパラめくっていたら、なんとも光景が目に浮かぶ風流な雨の名前に出逢いました。

「肘笠雨」(ひじがさあめ)

傘の準備がないところへ急に雨が降りだし、袖(腕)を傘(笠)の代わりにすること、だそうです。とまれ、最近は、そんなことをかまわずにズブ濡れのまま歩いている人を多く見かけるのは私だけでしょうか?


2013/06/18

KT66シングルアンプ(3結)が完成/真空管アンプの製作道中記:その4

Dscn4027

:: 今宵のBGM :: Waltz for Debby / Bill Evans

あらためて製作記的なことは綴っていくことにしまして……

塗装、穴あけ加工、配線、ハンダ付け……
すべて完全自作でのぞんだ音楽鑑賞用の真空管アンプづくり。

先週末に完成し、無事に音出しすることができました。

真空管のほのかな灯りを見ながら、夜にエージングを兼ねて聴き流しています。

Dscn4023

消費電力の観点から、
日本では白熱灯が昨年末に生産終了となってしまいましたけど、
一つ二つと世の中から味わい深いものが去っていくなあと思った次第。

とまれ、ふと我にかえると……こういった真空管アンプづくりは、
宮澤賢治みたく羅須地人協会的な活動でもしない限り、
ややもすると単なる趣味で「内向き」。

ここから先は、もっと「外向き」にいろんなことを多くの人と共有できるフィールドへと
気持ちをシフトチェンジしよう。

そう思った今宵です。


2013/06/13

真空管アンプの製作道中記:その3……アースライン、電源まわりの配線が終了。

Dscn3977

もし無事に音が出た暁には、これまでの製作過程等をまとめて紹介しようと思っていますが……

空いた時間を使って少しずつ真空管アンプの製作を進めています。

真空管アンプは初めての製作なので配線のレイアウト等も考えながらではあるものの、
アースライン、電源まわりの配線まで完了。

テスターについている導通テストの機能を使ってチェックしたら、
今のところは「ピー」と導通しているサイン音が出ているので、
これから先も慌てずに完成へと向かっていきます。


雲の上の虹。

Dscn3972

雨が降った後でもないのに……雲の上に虹。

夕暮れ時にレアな光景だったのでデジカメに収めたものです。

なんとも幻想的でした。


2013/06/10

路地裏の近松門左衛門:西成区太子「松乃木大明神」にて。

Suicidetop02

飛田新地や釜ヶ崎から程近い路地裏にある「近松門左衛門の碑」と「猫塚」。

猫塚は三味線と大いに関係があり、三味線は芸妓や遊女と関係があり、芸妓や遊女をの世界を描いた近松門左衛門の碑ということで……自分自身のライフワークの一つでもある「曽根崎心中」にからめて「近松門左衛門の碑」と「猫塚」を訪ねるため松乃木大明神へと足を運びました。

http://doublesuicide.jp/

↑私が主宰しているサイトで詳細を掲載してます。ご興味のある方はご覧ください。

Neko

2013/06/03

真空管アンプの製作道中記:その2

Photo

完全自作で真空管アンプを作ろうと思い立ち……そこそこ時間が経ってしまったものの……あとはハンダ付けして内部配線する前までこぎつけました。

もともと塗装済シャーシーだったのですが、カラーリングは天板のシャンパンゴールドにフレームの黒とコントラストが強く、どうも私には「ベタ」過ぎました。なので、フレームのみ自分でブロンズメタリックに塗装し、日頃は好みのマット仕上げではなく、コンパウンドでツヤを出てみました。

そんなことはさておき、外観よりも、丁寧に配線して、動作チェック時には感電!しないよう気をつけてフィニッシュにこぎつけます!


2013/06/01

四季の風呂: 六月は無花果湯

0600


イチジクの葉を細く刻み袋に詰めて湯船に浮かべる。血行促進や痔、神経痛などに効能が。

お肌にもよいようです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »