« 「反・幸福」=「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る):『反・幸福論』(佐伯啓思=著) | トップページ | 四季の風呂: 六月は無花果湯 »

2013/05/29

和菓子には愛でる楽しさがある:亀屋良永の青梅

Dscn3770
寺町御池角というよりは、本能寺前そして京都市や市役所前にある和菓子店「亀屋良永」のウインドウに飾られていた「青梅」。

梅雨入りしてジメジメした感もありますが、新緑をも思わせる青梅の色味は、どこか清々しさというか、さわやかさを感じさせてくれました。

« 「反・幸福」=「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る):『反・幸福論』(佐伯啓思=著) | トップページ | 四季の風呂: 六月は無花果湯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/57483898

この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子には愛でる楽しさがある:亀屋良永の青梅:

« 「反・幸福」=「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る):『反・幸福論』(佐伯啓思=著) | トップページ | 四季の風呂: 六月は無花果湯 »