« 四季の風呂:四月は桜湯 | トップページ | かわいいスパークリング感「土佐しらぎく 特別純米 特等八反錦」 »

2013/04/09

調味料対決:「とうがらし味のフライドにんにく」vs「ナムプリックパッポン」

Dscn3205

あまり人には公言してませんが,調味料を集めるのが趣味だったりします。そのなかでも,これまで苦手としていたのは「辛い」調味料でした。そんな苦手分野を克服するきっかけとなったのが……

★「ナムプリックパッポン」との出会い!(○写真右側)

もうすっかり味わいの虜になってしまい毎日のように試行錯誤しながら使ってますが,そんな矢先,ショッピングセンターの食料品売場で発見したのが……

★「とうがらし味のフライドにんにく」(○写真左側)

こちらは大手の「桃屋」による新商品です。

というわけで,両者の味わい...etcを比較してみます。

Dscn3207

★「とうがらし味のフライドにんにく」(○写真左側)

原材料はフライドオニオンやフライドにんにく,いりごま,砂糖,食塩,にんにくパウダー,チキンエキス,すりごま,チキンブイヨン,おろしにんにく,唐辛子,なたね油,パブリカ色素…etcといったところです。

フライドオニオンやフライドにんにく,いりごまが食感にアクセントを与えています。味わいは,粉やペースト状のものでコーティングされた印象があり,口に含んだ瞬間,パッと広がるタイプです。

最初の想像以上にゴマの風味が広がり,カリッというよりはシットリしています。

★「ナムプリックパッポン」(○写真右側)

原材料は干しえび,生エビ(加熱処理後フライド状態に),タマネギ,にんにく,唐辛子,砂糖,食塩,大豆油…etc。

こちらは原材料を砂糖や食塩,唐辛子等で味付けし,人間の手でカリカリに油で揚げていく手法がとられています。素材の旨味を全面に押すだけでなく,エビも大量につかわれていて,ぱりぱりとした食感が楽しめます。

http://patpong.biz/
↑ナムプリックパッポンのウェブサイト。無料お試しパックも提供されています。

-----------------------------------------------------------------------------

さてさて,個人的な雑感は以下のとおりです。

★★「とうがらし味のフライドにんにく」は辛いけど日本の味覚をしっかり研究してあるせいか,わりとすぐに馴染めるタイプかなと思います。パウダーやペースト系の含有量が多いせいか,旨味はパッと広がります。

ただ動物系の原材料はチキンパウダーだけのためか,旨味としてゴマの風味が全面に出てきます。味わいにまとまりはありますが,香水のようなトップノートからラストノートまで余韻が続くというタイプではありません。

守備範囲は広く,日本人受けするタイプかなというのが「とうがらし味のフライドにんにく」を試した雑感です。

★★「ナムプリックパッポン」は,桃屋の新商品と比べれば,ずいぶんと素朴な味です。色素も使っていません。写真はマイルドタイプですが,タイで製造されているので,けっこうな辛さです。

こちらは,動物系の旨味が干しえびと生エビ(加熱調理後カリカリに)で構成されていて,エビの旨味がほとばしります。人間による少量生産のためロットごとに微妙な違いがあるものの,素直な味わいの広がりがあります。

日本人受けは桃屋のものに比べると劣るかもしれませんが,使いだすとクセになる奥行き感と素材の
旨味を最大限にいかしたタイプという雑感です。

-----------------------------------------------------------------------------------

最後に,かなり個人的な意見になりますが……

桃屋の新商品はよく日本の好みを研究されていて,万人受けする味わいに仕上がってます。調味料としても使いやすいと思います。入手しやすいのも魅力です。でも,動物系の旨味がチキンパウダーというところが,どうも味わいの奥深さを感じさせてくれません。

コストパフォーマンスを含め,味わいの満足感は,ナムプリックパッポンのほうがあります。エビもふんだんに使われていて,味わうごとに旨味が増してくる印象です。ただし辛さが桃屋のものより上回るので,辛いものが苦手な方は慣れるのに時間がかかるかもしれません(事実,私がそうでした)。

いろいろ書き連ねてみましたが「論より証拠」。これを読んでくださり気になるようでしたら,まずは味わってみてはいかがでしょうか?

http://patpong.biz/
↑ナムプリックパッポンのウェブサイト。無料お試しパックも提供されています。

http://www.momoya.co.jp/products/detail/togarashininniku.php
↑桃屋のウェブサイト

« 四季の風呂:四月は桜湯 | トップページ | かわいいスパークリング感「土佐しらぎく 特別純米 特等八反錦」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/57137175

この記事へのトラックバック一覧です: 調味料対決:「とうがらし味のフライドにんにく」vs「ナムプリックパッポン」:

« 四季の風呂:四月は桜湯 | トップページ | かわいいスパークリング感「土佐しらぎく 特別純米 特等八反錦」 »