« 名古屋市長選挙のポスター:河村たかし・男の背中 | トップページ | 曽根崎心中の道行を私なりに現代語訳してみました :: 「初音ミク+鏡音リンの百合ジナル曲4 曾根崎心中」にも敬意を込めて »

2013/04/24

個性派ラーメン?すき焼き風or豚丼テイスト? :: 夢現の力@京都・一乗寺

2909688_1925837984_5large

関東以北の方だと「これってラーメン?」といったルックス!

京都でもラーメン屋がひしめく激戦区といえば一乗寺。
そこには「けいぶん社一乗寺店」なる有名な書店がありますが,
その書店前を通る曼殊院道をラーメン激戦区から外れるようにして,
白川通りとぶつかる手前のラーメン屋で食べました。

ちなみに,このラーメン屋さん,
昼間は「天下ご麺」という某テレビ番組から誕生したラーメン屋,
そして夜になると「夢現の力」というラーメン屋となる,
今風にいえば「ハイブリッド」な店。

で,写真のラーメンは「夢現の力」のメインメニューともいえる「中華そば」です。
じつは昼間も,こっそり「夢現の力」バージョンの「中華そば」が食べられます。
しかもライスがついていますが,
私はラーメンをおかずに白米は食べたくないので拒否。

2909688_1925837983_107large

それにしても大量のタマネギと豚肉を煮込んだものの上に,
さらに大量の青ネギがのっかっています。
スープは豚骨ベースの模様ですが,
もはや具材の存在感が強過ぎて,
ラーメンスープのテイストが影を潜めています。

ところが具材とスープがいい具合に混ざり合って意外と箸が進みます。
見た目は豚丼風ですが,
食べている感覚は,
すき焼きの後半,
コッテリ煮詰まった肉や野菜に,
そば玉を突っ込んで「〆る!」あの感覚でしょうか?

とにかく肉のボリューム感が想像以上で,
正統派のラーメンから逸脱していますが,
味わいのタイプとしては,
どこか徳島の有名店「いのたに」を思い起こすものです。

ちょっと自分のなかではマイブームになりそうなラーメンです。

http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260303/26019303/
↑店舗情報


« 名古屋市長選挙のポスター:河村たかし・男の背中 | トップページ | 曽根崎心中の道行を私なりに現代語訳してみました :: 「初音ミク+鏡音リンの百合ジナル曲4 曾根崎心中」にも敬意を込めて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/57236456

この記事へのトラックバック一覧です: 個性派ラーメン?すき焼き風or豚丼テイスト? :: 夢現の力@京都・一乗寺:

« 名古屋市長選挙のポスター:河村たかし・男の背中 | トップページ | 曽根崎心中の道行を私なりに現代語訳してみました :: 「初音ミク+鏡音リンの百合ジナル曲4 曾根崎心中」にも敬意を込めて »