« 食べるのが惜しい造形美:「雛の宴」@長久堂・京都 | トップページ | 四季湯:3月は「レモン湯」 »

2013/02/28

お茶にもジュースにも合う和洋折衷菓子:「書写 千年杉」

A9b0cc02s「西の比叡山」と称され天台宗三大道場の一つに数えらるだけでなく、西国三十三カ所の第27番札所でもある書写山圓教寺。その巨刹がある姫路市といえば誰もが連想する姫路城から程近い、老舗和菓子屋「杵屋」が作る和風バームクーヘン「書写 千年杉」。

仕事の打ち合わせでお茶請けとしていただいたものですが。苦笑。

和菓子屋さんらしく中心に流してある柚子風味の餡(あん)がほんのりとやさしいアクセント。不思議なほど外側のナッツの香ばしさと相まって、緑茶やコーヒーはじめ様々な飲み物とマッチする創作和洋折衷菓子に仕上がっています。

「千年杉」という名称は、開創以来、千年以上の時を人々と共有してきた境内にある大杉に由来するようです。さらに、このお菓子の表装紙には、圓教寺を創建した性空上人の誕生から入寂までが描かれた「播州書写山縁起絵巻」のハイライトが印刷されていて、古刹と名城のある姫路の和菓子風情を醸し出しているそうです。

杵屋ネットショップのウェブサイトで購入できるようです。
http://kineya.net/index.html


« 食べるのが惜しい造形美:「雛の宴」@長久堂・京都 | トップページ | 四季湯:3月は「レモン湯」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/56855153

この記事へのトラックバック一覧です: お茶にもジュースにも合う和洋折衷菓子:「書写 千年杉」:

« 食べるのが惜しい造形美:「雛の宴」@長久堂・京都 | トップページ | 四季湯:3月は「レモン湯」 »