« ストーリー性も味わいのうち?! :: フェウドアランチョ カントドーロ | トップページ | お茶にもジュースにも合う和洋折衷菓子:「書写 千年杉」 »

2013/02/24

食べるのが惜しい造形美:「雛の宴」@長久堂・京都

022403_2

「雛の宴」…京都市北部・北山にある長久堂の季節生菓子です。

仕事の途中で立ち寄り、和菓子店に併設されたお茶席でいただきました。

022402

お抹茶と生菓子のセットが750円で楽しめます。

生菓子の場合、鮮度や形崩れしないことが命だったりしますので、
静かな店内でいただけることはありがたいかぎりです。
バタバタした気分をリセットするには、
書店のカフェコーナーや和菓子屋のお茶席はオススメです。

022401

お菓子の着物の中?!は、
アッサリした味わいの桜の餡が入っていて、
もうすぐ春本番を感じさせてくれています。
生地は「こなし・小麦粉・餅粉」を蒸した京菓子のスタイルです。
けっこうしっかりした歯ごたえでした。


« ストーリー性も味わいのうち?! :: フェウドアランチョ カントドーロ | トップページ | お茶にもジュースにも合う和洋折衷菓子:「書写 千年杉」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/56829570

この記事へのトラックバック一覧です: 食べるのが惜しい造形美:「雛の宴」@長久堂・京都:

« ストーリー性も味わいのうち?! :: フェウドアランチョ カントドーロ | トップページ | お茶にもジュースにも合う和洋折衷菓子:「書写 千年杉」 »