« MISSING:鳥を探しています | トップページ | 不思議な旨さのあるドライシュリンプ「ナムプリックパッポン」に思いを馳せる安井秀一さん »

2013/01/27

酒場の隠語的な当て字:「女乳」

201301019

時おり訪れる酒屋直営の立ち飲み屋で,
店の人に尋ねようとしながらも棚上げしていた疑問がありました。
写真のとおり,お酒の瓶が並べられた棚の上段に「その疑問」が掲げられていたからかもしれませんが。

「つき出し 女乳(立呑用)」

と書かれた「女乳」の意味です。

どうやら「女乳」とは「メニュー」の当て字というか,
ロンドンを「倫敦」と書くようなものかもしれませんが……

ただそれだけで納得していてはおもしろくないなあと思ってしまうのです。

江戸期の花街で作られた「隠語」かもしれないと。

たとえば吉原で一番位の高い遊女は「おいらん」と呼ばれましたが,漢字では「花魁」と書きます。これは一節によると,梅毒の症状が現れてやって一人前の「おいらん」と認められたそうです(妊娠もしにくくなるなどの理由もあり)。

いっぽう遊郭で遊ぶ男性も遊女を買って梅毒が発症することもありました。この梅毒,症状によっては鼻の先が欠けることから,「鼻(花)」の「先がかけ(魁)」るから「花魁」と書くというのが語られたりしますね。

そういう意味合いが歓楽街につきものの酒場で使われる「女乳」にもあるのではないか?
と思っているのですが……

ちょっと考え過ぎでしょうか?

まずは,次回,このボードが掲げられた立ち飲み屋の人に質問してみます。

« MISSING:鳥を探しています | トップページ | 不思議な旨さのあるドライシュリンプ「ナムプリックパッポン」に思いを馳せる安井秀一さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/56633174

この記事へのトラックバック一覧です: 酒場の隠語的な当て字:「女乳」:

« MISSING:鳥を探しています | トップページ | 不思議な旨さのあるドライシュリンプ「ナムプリックパッポン」に思いを馳せる安井秀一さん »