« 自然派最高級ポテトチップスの味「グッドヘルス オリーブオイル・ポテトチップス」。 | トップページ | 大阪の風情今昔/大坂三十三観音巡礼記その3:南森町〜天満橋編 »

2013/01/10

身近な日本文化体験「私は日本人になる」:Kelly Osbourne / Turning to Japanese

2909688_1228196544_136large_3とある日,ふと目に入って購入した「私は日本人になる:Turning to Japanese」というDVD。 vol.1とvol.2があって,今日は一つ目のDVDを紹介します。

元Black Sabbathのボーカリストであるオジー・オブボーンの娘が,イギリスのテレビ番組の企画で来日し,メイド喫茶,ラブホテル従業員,コスプレイヤーとしてイベント参加,尼僧,人形供養,芸者 ...etc, 短期間で日本人ですらほとんど体験できない「日本の文化」にチャレンジしていました。

批評めいたことは極力へらしつつ, コンテンツに従って紹介してみましょう。
著作権上の関係で,映像は掲載できませんので,ケリーらのコメントを一部抜粋してみます。

●まず初日は「メイド喫茶」でメイドに挑戦!

「かの女は一言も話せないからつまらない」(客)
「大きな言葉の壁があるから楽しめないし…ワタシにはなんだか性的な行為に感じた。妙にエロっぽいというか」(ケリー)

いくら父上が奇行で有名なミュージシャンとはいえ,意外にもマジメな発言が続きます。

ケリーの推論の正否はさておき,醒めた目で現代の日本の風景を見ると,本当に「過剰に性的」というか「エロっぽい」と,海外から来た人から思われてもムリはありません。

たとえばプリクラのブース。

2909688_1228196736_70large_2
2909688_1228196741_12large_2

これ,日本に住んでる人が見たら普通の光景かもしれませんが,海外から来て突然これを見たら売春の部屋と勘違いする人は少なくないと思われます。実際,そんな発言をした西洋人系の女性もいました。
そのぐらい日本の大衆文化は「目に見えて性的なものに寛容」です。

ちなみにオズボーン一家は,税金の滞納のため家等の財産を差し押さえられましたけど,その後はどうなったのでしょうか?

●そんな余談はさておき,私とケリーの共通点ならではの印象深かった体験(剣術の儀式)。

「ワタシは左利きだけど右利き文化だし」(ケリー)

左利きであるために,右利き中心の作法に苦しむケリー! いやはや!右利き社会というのは,日本もケリーの母国であるイギリスも一緒だけど。

ある意味,文明化や高度な産業社会化が右利きであることを加速化させた部分も多いが… ここでの議論は割愛します。

●驚く事にラブホテルの受付と掃除も体験。

彼女がどう思ったのか想像がつくと思われますが…

「もう二度とラブホには行きたくない」

●さらにはコスプレイヤーとしてイベントに参加するものの…

「上目づかいで無邪気な顔は変だわ」
「ひざをついて足を開いた姿を撮るって……漫画を題材にしたポルノ映画で役を演じている気分」

男性のカメラオタクにセクシーなポーズを要求されて,とてもナーバスになった,奇行ミュージシャンの娘!

とまれ,今,こういうのが「cool japan」とか「japan cool」の中核ですね。 こういうと語弊があるかもしれませんが,日本って,善かれ悪しかれ,じつは性的な表現に寛容な国なのかもしれません。

:: このあと,ゲーセンや尼僧体験もありましたが割愛して…

●一巻目の最後は「人形供養」体験。

ケリー・オズボーンも,安物の人形(笑)をむりやりクシャクシャにして供養します。 ちなみに,日本における人形供養では,古くは安産や子授け,子のすこやかな成長を子の身代わりとして奉納し供養することが多かったですが,他にも,家族の健康や幸福,大事に(反対に要らなくなった)人形への感謝やご恩を感じながら供養するという意味合いもあります。

「この国は変なことが多いけどだから面白い」(ケリー)
「人形を焼くなんて邪悪でいいわ」
「日本には性的に行き過ぎた変態チックな面もある……でもこの供養で気づいたの。献身的で情け深く親切な人達でもある」(ケリー)

ようやく日本人ですら忘れてしまいそうな,庶民の「愛でる(愛でた)事や物へ慈しむ心」をイギリスITVが紹介してくれました。 要らなきゃ粗大ゴミに出したり,リサイクルやネットオークションに出すのとも,また意味が違いますからね。

思うに,欧米系の人たちって, こういう日本の厳かで「静寂さ」のある文化に感激してくれますね。

今時の日本のメディアは,こういったことを若い世代に伝えようとはしないので,イギリス人女性にイギリスのメディアがコンテンツに組み込んでいたのは,ある意味,日本の見えざる文化的な側面を再認識する,イメージとしてはポップな企画だけど,良い機会でもありました。


« 自然派最高級ポテトチップスの味「グッドヘルス オリーブオイル・ポテトチップス」。 | トップページ | 大阪の風情今昔/大坂三十三観音巡礼記その3:南森町〜天満橋編 »

コメント

>ryokoさん

はじめまして。こちらこそコメントいただきありがとうございます。

コウモリやハトをバンドのライブ中に食いちぎるようなパフォーマンスをしていた父親の娘なので,敢えてこの言葉を使いますが「変態性」が高い性格なのかと思いきや,想像以上に繊細な性格の持ち主だったので,意外とまともなサブカル日本文化案内DVD(イギリスではTV番組)だなというのが,見ての感想です。

しかしながら,昨今,日本は女性が強くて男性が弱いなんて言われますが,こうしてコアに日本文化にハマっていなかったイギリス人女性の意見を聞くと,けっこう日本の女性って「他者からの視線圧力が高い」んだなと,あらためて知らされました。

日めくりカレンダーについては,最初レトロすぎるかな?と思ったりしたのですが,これがこれが,インターネットが日常化して時間の感覚が麻痺しつつある今,いろんな意味で区切りと,ことわざもシンプルに自戒するにもってこいかなと思って,できるかぎり掲載を続けていきます。

はじめまして。
数年前に書いたこの映画にTBを頂きありがとうございました。数年の沈黙を破って頂いた初のTBでした。
レンタルビデオ屋さんで見つけて見てみましたが、外国人の目から見た日本ってこんなもんなの?日本を体験でこのチョイスはすごいなぁ~っと、感心するやら呆れるやら。
日本人でも知らないような所が垣間見れ、なかなか面白かったですよね。

日めくりの格言、「志有る者は事(こと)竟(つい)に成る」。今年一年、志を持って頑張ろうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/56512410

この記事へのトラックバック一覧です: 身近な日本文化体験「私は日本人になる」:Kelly Osbourne / Turning to Japanese:

« 自然派最高級ポテトチップスの味「グッドヘルス オリーブオイル・ポテトチップス」。 | トップページ | 大阪の風情今昔/大坂三十三観音巡礼記その3:南森町〜天満橋編 »