« ペットにも左利きと右利きがある?! | トップページ | ロマンチックウイルス(romantic virus):集英社新書/島村麻里著 »

2010/07/13

日本人男性らしさ(海外から見た):織田信長の意外な趣味

:: ところで,日本に生きる多くの殿方に朗報か?!

:: 少し前のインターネット記事で見つけた話題ですが,
 日本のビジュアル系バンドの追っかけをしていたフランス人女性が,
 日本人男性を賞賛していました。

 http://news.livedoor.com/article/detail/3183561/
 ↑フランス人女性が力説!「日本人男性ってステキじゃない?」
 
:: もしかすると少数派の意見であるかもしれませんが,
 パリでコスプレやアニメを中心にした日本のサブカル関係のイベントに,
 のべ6万人の人が参加する昨今です。^^

 さてさて,どういう日本人男性が好みかというと……
 
 「日本人って、華奢だし体臭もないし、
 両性的な魅力を持っている人が多いと思う。
 もちろんフランス人がみんな日本人やアジア人に魅力を感じているわけじゃない。
 でもフランス人の男性の過剰な男らしさに辟易して、
 その反動で両性的な雰囲気を持つ日本人男性に惹かれる
 私みたいな少数派も確実にいる」

:: というわけで「肉食系」というよりは,
 「ビジュアル系バンド男」とか・・・あるいは,
 「メトロセクシャル」な「草食系」男子が,
 一部のフランス人女性のアンテナに引っかかるようです。

 「中性的」「清潔」そして長所でも短所でもある「シャイなところ」が,
 フランス人男性にはない魅力なのだそうです。

 でも,これにあてはまる日本の男性って,
 どのくらいいるのでしょうか?

:: というか,どちらかといえば「従来の男女の基準を壊したい」タイプの女性なら,
 国籍を問わず,上記のような日本人男性がいいのかもしれません?!

:: 余談ですが,あの「男臭い」イメージを抱きがちな織田信長って,
 じつは女装好きだったって知ってますか?
 (↑この記事の最後のほうで紹介する左義長祭りでの伝説)

:: ちなみに,日本では「メガネ」や「スーツ姿」に萌える女性が,とても多いようで。
 知的なイメージが何と言っても決め手のようですが,
 自分自身は,一時期視力が落ちたとき,
 視力回復訓練までしてメガネやコンタクトレンズに頼りたくないと思っていたし,
 また,早くから視力が悪い友人達は,メガネやコンタクトレンズのない生活に憧れると言っていたし……。

:: とまれ,人間の様々な出逢いのなかで
 「外見」が印象づける部分は大きいことは否定できないことですが,
 ちなみに外国人から見た,かつての日本人のイメージというと,
 「メガネをかけてカメラをいつも持っている」
 なんて言われていたのを思い出すと,
 日本のメガネ男子は何も特別なイメージではないようです。^^


:: 追伸 

:: まあ,そもそも日本の男性ほど,
 その趣味がなくとも「女装」を受け入れられる男性は,
 他の国には,あまりいないかもしれない。

 http://www.geocities.jp/ntfujioka/sagicho.html
 ↑旧正月の15日に催される「左義長(さぎちょう)」と呼ばれる火祭りでも,
 多くの地域で女装した男が山車(だし・左義長)を担ぐ。
 「ハレの日」には性転換して,五穀豊穣を祈願するのであります!
 あの織田信長が女装をして,この祭りを盛り上げたという伝説があります。



« ペットにも左利きと右利きがある?! | トップページ | ロマンチックウイルス(romantic virus):集英社新書/島村麻里著 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/48969268

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人男性らしさ(海外から見た):織田信長の意外な趣味:

« ペットにも左利きと右利きがある?! | トップページ | ロマンチックウイルス(romantic virus):集英社新書/島村麻里著 »