« 楽天「英語がダメならクビ」って?/会社で英語を強要する前に日本語が危ない日本人 | トップページ | 安くて良質なアルゼンチンのワイン。 »

2010/07/26

『最後の恋は草食系男子が持ってくる』:新しいジェンダーの世界

1427498415_244

(●写真)『最後の恋は草食系男子が持ってくる』森岡正博/2009年

:: 春先のことですが,売れ線の本でも読んでみようかと『筆談ホステス』を手にし,
 その隣にあった本のタイトルに惹かれて購入したのが,これ。

:: 著者が生命学を提唱している,
 これまで何冊も著作を読ませてもらった哲学者の森岡正博ということで,
 目次等チェックせずにレジへ持っていきました。

 それにしても,この本,じつは,

:: 女性向けの恋愛指南本でありました。

:: なんと「草食系男子と恋愛するにはどうすればいいのか教えてほしい」
 という声を受けての執筆であったようです。

:: 著者が森岡正博ということで,展開は,読む前から予想がつきました。

 「男と女の心のかけひき」という点においては,

:: 『筆談ホステス』は夜の商売ということで積極的に語られていますが,
 『最後の恋は草食系男子が持ってくる』においては,
 「じらしたり,逃げてみたりという駆け引きをしないこと」

 と,草食系男子には,これまでの女性向け恋愛指南書のテクニックは通用しないとしています。

:: その理由については,この本を読めば鮮明に見えてきますが,

 著者によれば草食系男子へのアプローチのまとめは,こうなってました。

・自分の気持ちを言葉ではっきり伝えて,まずは心の次元で親密になる。
・草食系男子の遅いペースに合わせて,じっと待つこと。
・思わせぶりな態度や,駆け引きは通用しない。
・女性がリードしてもかまわない。
・追ってきてほしいときは,直前まで環境を整えて,待つ。
 (43ページ)

:: また著者が草食系男子と言われる人達にインタビューしていますが,
  男の友達として見れば感性が良さそうな人がほとんどだなあ。

 って,そのじつ,自分の回りの男友達を見ても,
 「肉食系」よりも「草食系」タイプのほうが圧倒的かもしれない?!
 でも,その大半は結婚しているし,
 話題の引き出しが豊富だったり,
 人への気遣いがキレイだったり,

 それと男女関係では「狼」でないかもしれないけど,
 その他のことでは実にポジティブな人も多々います。

:: そういえば,作家の橋本治が,
 あれは中央公論か何かの雑誌だったと思いますが,こんなことを書いてました。

 江戸時代の,本当のモテ男は,決してガツガツと女性にアプローチしなかった。
 今で言うナンパに走るのはモテない男の証左。
 女性に「ねえ」と言わせるのが,本当の優男。

:: 富国強兵だの,植民地支配だのなかった江戸時代って,
 意外に男は「草食系」だったかもしれません。
 まあ女性に「ねえ」と言わせる男には
 「肉食」と「草食」どちらもいたでしょうけど。

:: そんな余談はさておき草食系男子の多くは,

:: 女性の外見よりも内面重視

 としています。
 ファッションも肌の露出が少なめで女っぽさを強調しすぎないほうが好み。
 やりすぎは,草食系男子が引いてしまいます。

:: 草食系男子と付き合えば,言葉でのコミュニケーションも楽しめる

 ともありますが・・・いかがなものでしょうか?!

:: いろいろと書き出すと長くなりそうなので続きは次回にしますが・・・
 今までの草食系男子のカテゴライズよりは幅があるし・・・

 読んでいると,全てではないとはいえ,この草食系男子に共感できることは多く・・・
 
:: 女性が「女性らしさ」という固定観念?!を疑う意味でも・・・

:: 草食系男子って,ある意味,ジェンダーの進化系なんて思ったりもしました。
 その意味では,旧来の「モテる女性像」に縛られてきた女性の常識を・・・
 くつがえす存在かもしれません?!

(たぶん,つづく)

« 楽天「英語がダメならクビ」って?/会社で英語を強要する前に日本語が危ない日本人 | トップページ | 安くて良質なアルゼンチンのワイン。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/48977838

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後の恋は草食系男子が持ってくる』:新しいジェンダーの世界:

« 楽天「英語がダメならクビ」って?/会社で英語を強要する前に日本語が危ない日本人 | トップページ | 安くて良質なアルゼンチンのワイン。 »