« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009/10/27

お客さんも劇団を育てる大衆演劇の世界:1024鳳凰座@オーエス劇場

:: 不覚にもギックリ腰を患い2週間経っても完治せず・・・
 大衆演劇の観劇も,ほとんどできない状態でした。

 ただ,ここ2、3日で,ようやく椅子に2時間ぐらい
 連続して座っても腰にシビレが来なくなったので・・・
 土曜日は中野加津也座長の「鳳凰座」へ。

39725727_854660557 土曜日の昼の部とはいえ場内は満員。
 連日,大入りが続いているようです。
 そこでオーエス劇場では発の「桟敷」へ。
 座椅子がない分・・・壁にもたれたり・・・足を投げ出したり・・・
 ここの桟敷は・・・意外にグッドです

:: この日の芝居は・・・5月の満座劇場での公演でも見た・・・
 イカサマ博打をめぐる人情劇でした。
 16日から劇団天華座長の澤村千夜がゲスト参加ということでしたが・・・
 これまでのゲストの中でも,私が見た中では・・・
 鳳凰座の芝居にうまくフィットしている印象を持ちました。

 芝居そのものも・・・
 中野加津也座長のスマートなセリフ回しやキッパリに
 5月の時よりも座長の風格を感じたり・・・

 5月の時は,この芝居の時,確か芝居を休んでいた・・・
 中野翼も芝居のカギを握る女性の役で・・・
 メリハリのきいた意気の良いセリフ回しが耳に残って印象的でした。

:: 芝居の途中で,座長のお茶目な笑いのアドリブもあり・・・
 この劇団の公演はとても和やかな雰囲気に包まれています。

:: さて・・・芝居が終わり・・・口上の後・・・
 大阪の劇場では特に「お待ちかね」の舞踊ショーです。 

39725727_2549265182中野加津也座長の凛々しい「立ち」。
 姿勢のいい,割と重心が高めの舞踊ですが・・・
 手先の細かい表現と,扇子を高い位置で軽やかに扱う姿は・・・
 この座長独自の世界です。

39725727_3366763497 中野翼。
 芝居も舞踊も.今や劇団内で女優さんとしての大事なポジションがそうさせるのか・・・
 年齢以上の大人っぽい落ち着きも感じさせてくれます。


39725727_1875201561 この日の舞踊では一番拍手が多かったか?!
 見るたびに力強い洋舞になっている中野貴之介。
 曲名は知りませんが,南條隆とスーパー兄弟の龍美麗が同じ曲で踊るのを見てますが・・・
 決して見劣りしません。
 スマートや華やかさは美麗かもしれませんが・・・
 情熱っぽさをいっぱいに表現する中野貴之介といったところでしょうか。

39725727_75359171背も高めで華奢なので・・・
 とてもステージ映えする加津也座長の女形。
 正直言って・・・20代座長の女形よりも・・・
 30代座長の女形のほうが・・・
 人間としての幅が出る分・・・見応えがあるし・・・
 じつは「キレイ」に化けてます。

:: 個人的には30代半ば〜40代中盤ぐらいの座長が・・・
 一番見ていて大衆演劇を楽しめるんじゃないかと思っています。

:: この鳳凰座についても・・・旗揚げしたばかりで座員が少なく・・・
 劇場公演ではゲストが脇を固めているので・・・
 今はまだ,どうしてもそのときのゲストで芝居のカラーに変化が出がちですが・・・
 もう少し座員が増えて落ち着いてくれば・・・
 実年齢より芝居もショーも若々しい座長が,
 まだまだ座長で先々引っ張れる劇団でしょうし・・・
 いろんな可能性はありそうです。

  ←表紙は中野加津也座長

2009/10/05

クライマックスで巻き直しも渾身の演技:鳳凰座(中野加津也座長)/1001大衆演劇・オーエス劇場

38712983_2669090358余談ですが,飛田・オーエス劇場近くにある薬局で,これでもかと「足がつる!」というコピーを発見。 昨今の不況下,釜ヶ崎の日雇い労働者の辛さが,このコピーで感じとれます。

:: 5月の満座では大入りが月間37枚と・・・
 今年旗揚げの劇団としては頑張りもいいところの「鳳凰座」。

 元劇団蝶々の副座長・中野加津也が2月に旗揚げした劇団で・・・
 5ヶ月ぶりに大阪へ戻ってきました。

:: まずはオープニングのミニショーより。

38712983_649049481 今や鳳凰座のなかでは中心的女優の中野翼。
 男性にスポットが当たりがちですが,女優さんも頑張っています。
 小柄ながらも堂々とした踊りっぷり。

38712983_3415246877 のぼる會たつみ演劇BOXの小泉ダイヤばりに洋舞もダイナミックになった中野貴之介。
 確実にスケールアップしてます。

38712983_2346284573 お待ちかね,中野加津也座長!
 この長い棒を持った舞踊は・・・スマートさも手伝って・・・
 大衆演劇界ではトップクラスのキレの良さです。
 一回,生で見て下さい。かなり良いですよ。

38712983_3033090251 こちらは5月の満座での一コマ。

:: この日の芝居は「人生劇場」でした。
 そういえば・・・大学生の頃,芝居をしている友人から・・・
 「人生劇場をやるから一緒に芝居をしてほしい」と言われつつ・・・
 そのときはバンドのほうがずっと楽しいと思って・・・
 結局,拒否していました。

 そんな余談はさておき・・・
 大衆演劇のそれは,ストーリーもかなりアレンジしてあり・・・
 それはそれで新鮮でした。

 ただ,クライマックスともいえる場面で・・・
 中野翼が舞台のセットに足を引っ掛けてしまい・・・
 こけてカヅラが取れてしまうトラブル。

 でも,ここは大衆演劇。
 座長が女優さんのカヅラを隠すようにフォローし
 「もう一回巻き直し」ということで・・・
 クライマックスが再開され・・・
 最後は座長渾身の演技で幕を下ろしました。

 座員が少ないため,ゲストによって芝居のカラーが変化してしまいがちですが・・・
 ネチネチとしていない,この劇団のスマートなキッパリやヤマ上げは・・・
 私の好みです。
 シンプルなスタイルは美しいといったところでしょうか?!

:: 芝居が終わり,口上も終わって・・・第三部のショーです。
 この劇団・・・5月もそうでしたが・・・
 お客さん(ファン)のハンチョが「やさしさ」の熱気に包まれています。

 いや,それ以上に注目すべきは・・・

38712983_3200318998 座長の歌!!!
 気になる方はオーエス劇場に行って下さい!
 でも,毎回,歌の時間でお客さん全員と握手する姿勢は立派なものです。


38712983_4234372159 座長の女形は・・・いつも姿勢がキレイで・・・
 特に指先の繊細な動きは・・・
 大衆演劇界でもかなりのものではないでしょうか?

:: 旗揚げして間がない劇団なので,まだまだこれからの部分もありますが・・・
 安定期に入った人気劇団にはない,発展途上のおもしろさがある鳳凰座です。

  ←表紙は中野加津也座長

2009/10/01

白旗の少女:何回も再放送してほしいドラマ。

06030524:: このところ,テレビ番組がつまらなくて・・・
 同じドラマというか物語を観るならと大衆演劇へ行ったりしてますが・・・

 「テレビ東京開局45周年ドラマスペシャル」として放映された・・・
 「白旗の少女」は・・・
 「感動の」や「涙の」なんて形容詞が陳腐に感じる・・・
 とても内容のあるドラマでした。

 ある意味,ナチスの強制収容所での体験を綴った,
 ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」に匹敵する,というか,
 「戦争の無意味さ」を語り継くための実録です。

 私の感想よりも・・・テレビ東京のウェブサイトで・・・
 このドラマを見られなかった方は,じっくり知って下さい。

 http://www.tv-tokyo.co.jp/shirahata/

 ↑こちらがウェブサイト。

 
:: 「お笑い」も生活する上で大事だけど・・・
 「戦争の悲劇」というのは・・・
 最近の日本では・・・もう実感のない世界ですね。
 そういえば,今日,「核密約」の話題で持ち切りでしたが。

:: この番組,テレビ東京だったので話題性が低かったかもしれませんが,
 テレビ東京だからこそ制作できたドラマかもしれません。

 このドラマ,たぶんDVD化あるいは,どこかの劇場で公開されるかもしれません。
 それを期待します。


« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »