« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月

2009/06/29

「イケメンと涙と笑いと」0611大衆演劇:たつみ演劇BOX@朝日劇場

1194209575_147※6月11日に観劇した分です。

☆仕事の打ち合わせや下調べを済ませた後・・・
 一昔前みたいに「前狂言」「切狂言」と2つ芝居をするということで・・・
 朝日劇場の「たつみ演劇BOX」へ。

 「ミニショー」「芝居」「歌と踊りのグランドショー」の3部構成よりは・・・
 「通し狂言(1/2部は芝居)」「歌と踊りのグランドショー」か
 「前狂言」「切狂言」「歌と踊りのグランドショー」の組み合わせのほうが・・・やっぱり大衆演劇らしくていいです。

1194209575_139 「前狂言」の「月」は人情劇で,顔にアザを負った男が目の見えない女を目が見えるように救ったのに・・・
 という,ちょっと切ないストーリーでした。
 「切狂言」の「駕籠屋の助太刀」は,芝居の最後で,「健ちゃんパウダー」みたいな魔法の紙吹雪で,
 登場人物が固まって幕が降りるのですが・・・座長も三枚目メイクの喜劇でした。

 この劇団・・・最近,座員の数が増えてますけど・・・
 比較的に,できるだけ座員にチャンスを与えようとする姿勢が見えます。

 そして,大衆演劇の劇団の中では,ヤンキーっぽさが,とても薄い劇団ではないでしょうか?
 いろんな意味で「俗っぽさ」や「ヤンキーっぽさ」がウリの劇団が多いなか・・・
 こざっぱりした雰囲気もある「たつみ演劇BOX」 ですが・・・
 まだまだ伸びていく姿勢が見える,好青年座長率いる劇団です。

1194209575_183(●写真上)
ショーのフィナーレ。
「たつみ座長(兄)×ダイヤ(弟)」の相舞踊もいいが・・・
「たつみ座長(弟)×辰巳小龍(姉)」も渋い。
座長のブログによれば昼の部では迫力不足と本人反省だったようだが・・・
夜の部はキッパリも美しく決まっていたような気がする。

(●写真中)
「立ち」も「女形」も調子良さげでキレも良かった,
花形・小泉ダイヤ。

(●写真下)
ショーでお客さんをなじる愛飢男(あい うえお)。
この日は,私がカメラを向けてなじっていただきました。笑。
愛さんアップをインターネットで公開するのはレアでしょう。

2009/06/16

もう夏着物のシーズン:紫の半襟(麻)。

1197407282_245(●写真上)紫色の半襟(麻)を買ってみた。
(●写真下)黒っぽいアンティークの能登上布には薄い水色の半襟で。

☆最近は地球温暖化の影響もあり・・・
 6月中旬なのに,もう浴衣を着ている人を見かけます。

 とまれ,自分自身は,夏に和服といっても,1シーズンに2、3回着ればいいほうで・・・
 それだったら,祖父をはじめ先祖?!関係が残した夏着物を,今に生かせばいいと思って着てます。
 が,時代の流れを感じるのは否めなく・・・
 それをカバーするために,半襟等は,現代物で,色もキレイなものにしています。

 ちなみに,着物については・・・ある種,文化の紹介を兼ねて,
 身につけるものをブログで紹介するのもどうかな?とも思いますが,あえて記してます。

1197407282_167☆(●写真左)は,色はグレーで地味ですが・・・
 今では滅多に見かけない夏着物の素材(羅のような織)なので・・・
 今年は着てやろうと,昨日,着物の小物類専門店で,
 麻でできた小千谷縮の半襟を購入。
 さっそく自分で襦袢に縫って合わせてみました。

☆(●写真右)は,もう100年は経過しているであろう能登上布。
 昨年,和裁士さんの懸命な仕立て直しにより,
 何とか着られるレベルにまで復活しました(腰のあたりで同じ絣の布をみつけ継いであります)。
 色がほぼ黒の藍染めなので,
 半襟は薄い水色(麻)にして,少しでも夏らしくしています。

2009/06/10

美しいマンガ「失われた時を求めて (まんがで読破) 」/Marcel Proust

1193005466_165
(●写真)
久しぶりにマンガで熱中した(^^)「失われた時を求めて (まんがで読破) 」
最近,この「まんがで読破」シリーズは,よく見かける。
頭の良くなる?!マンガなので,楽しんでお勉強しましょう。藁

最近,インテリテイストを醸し出すグラビアアイドルは,
眞鍋かをりから,この優木まおみという女性に変わりつつあるのか?!
調べてみると,眞鍋かをりと同じ国立大出身のようだが・・・


☆小説で読破しようとして棚上げになっていた,マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」。
 地元の本屋で,大きくはないチェーン店の本屋なのに・・・
 哲学や歴史,心理学系のわかりやすい本を・・・
 女性雑誌のコーナー並みに充実させているところがあり・・・
 そこで,これを発見。

 というわけで,小説の内容を,ここで偉そうに解説できるわけではありませんが・・・
 とりあえず!マンガで読了して・・・
 そのマンガがどうだったかというと・・・
 それは・・・

 もし,あなた自身が・・・
 「私の生きている,この一瞬一瞬に不感症?」
 「ワーキングプアじゃないけど虚無感の毎日」
 ...etc
 という気分が支配しているなら,
 このマンガはオススメです。

 ちょっと自分のジェンダーに揺らぎを感じている方にも・・・
 このマンガは何かを<感じる>ところがあるかもしれません。
 このテの揺らぎは「有閑階級(高等じゃなくても中等遊民)なら感じやすい揺らぎ」ではないかとも,改めて考えさせられます。

 ひとまずマンガを読んで浮かんできた言葉は・・・
 「生老病死」「永劫回帰」「諸行無常」「クオリア」「愛別離苦」...etc。

 軽く読んでしまうと,ちょっとスケベなレディースコミックみたく誤解する可能性もあるのでご注意を。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »