« | トップページ | 「鳳凰座(中野加津也):2月に生まれた新しい劇団」0510大衆演劇@満座劇場 »

2009/04/30

大川良太郎の「瞼の母」:劇団九州男@篠原演芸場

Okawa現在,大衆演劇の役者の中では「色気とセクシーさのあるイケメン優男度No.1」であることは間違いない,大川良太郎。

先週末,所用で,急遽,東京へ行くことになったことと・・・
わざわざ東京で見なくても関西の劇場で見られる「劇団九州男」だけど・・・
インターネットで調べると土曜日の夜の部は特選狂言「瞼の母」であることを知りました。
 
「瞼の母」は私の大好きな戯曲(芝居)ですが,大川良太郎がどう演じるか,とても興味津々。

席は電話予約していたので確保していましたが・・・大雨で,しかも北区十条という,やや都心から離れたところにもかかわらず,劇場内は超満員。4月の公演は「大入り」が一度も途切れていないという。

お客さんも,若い女性が多く・・・私の右側には,ライブハウスやクラブに行くかのような,白と金髪に染めた女性がiPhoneに夢中になっていました。
余談ですが・・・iPhoneの購入を考えているので,突然,質問をしたのですが・・・まるで旧知の知り合いのように「iPhoneを使い始めるとおもしろくてやめられませんよ〜」といった会話。

Okawa02いやはや,東京へ行っても,劇場内では寂しさ知らずです。
というか,多くの若い女性も大衆演劇の好きな友達が少ないのでしょう。苦笑。

そんな余談はさておき・・・大川良太郎の「瞼の母」ですが,どうしてもヤマを上げすぎるきらいのある大川良太郎のセリフ回しと・・・ちょっとキッパリやライティングにこだわりすぎた演出のためか,

肝心の名セリフ・・・

「上の瞼と下の瞼を合わせジイっと考えりゃあ,逢わねえオッカサンの俤(おもかげ)が出てくるんだ」

も「下」のほうが抜けていたり・・・
ゆっくり落ち着いて言葉を聞かせたほうが「瞼の母」らしいのではと思ったりしました。

Okawa03そのあたりは本人が一番自覚していたようで,口上の時には「これはしばらくやらないね」なんて言ってました。

とまれ,今の大川良太郎は自信にあふれているし,私のような男が見ても,大川良太郎は「色気とセクシーさのある優男」です。
 
送り出しでの「ありがとうございましたっ!」という力強い一言の向こうには目力にあふれた大川良太郎がいました。

« | トップページ | 「鳳凰座(中野加津也):2月に生まれた新しい劇団」0510大衆演劇@満座劇場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/44839394

この記事へのトラックバック一覧です: 大川良太郎の「瞼の母」:劇団九州男@篠原演芸場:

« | トップページ | 「鳳凰座(中野加津也):2月に生まれた新しい劇団」0510大衆演劇@満座劇場 »