« 日本語と英語の練習用絵本:「Ai ジョンレノンが見た日本」 | トップページ | 劇団花吹雪:花魁五人衆。 »

2009/03/17

着物(羽織)の裏地のおもしろさ:裏勝りの美学

P1050171日本では,特に男の着物は・・・
「裏勝りの美学」なんて言われ・・・
表の生地よりも裏で遊ぶのが「粋」とされていますが・・・
見ていても楽しいので・・・
着物を仕立ててもらうとき・・・
着物の材料を探す時に,一番,気になるのが・・・
羽織の裏です。


今,日本では着物が売れないので・・・
うまく探せば,手描きでもお手頃な値段で買えます。

P1050169以上はさておき,私のところにある羽織の裏の紹介です。


(●写真上)
白の大島に「おかめとひょっとこ」の羽裏。
男のほうは日本の内閣総理大臣とそっくりです。笑。

(●写真中)
緑のひげ紬に「鯉のぼりの乗った金太郎と凧」の羽裏。
羽織を長くするため,裏地をいっぱいにとってありますが,
それが,むしろ裏地を見て楽しむのにプラスとなってます。

(●写真下)
男着物の額裏には・・・
手描き,型染め・・・いろんな絵の額裏があります。
もうすぐ仕立てができる着物の裏は・・・
写真の左側にある手描きの松と鷹の額裏です。

P1040740


« 日本語と英語の練習用絵本:「Ai ジョンレノンが見た日本」 | トップページ | 劇団花吹雪:花魁五人衆。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/44376029

この記事へのトラックバック一覧です: 着物(羽織)の裏地のおもしろさ:裏勝りの美学:

« 日本語と英語の練習用絵本:「Ai ジョンレノンが見た日本」 | トップページ | 劇団花吹雪:花魁五人衆。 »