« 日本のゴシック的美学:『マダム・エドワルダ』の挿画:金子國義の日本手ぬぐい | トップページ | 太平洋戦争と東條英機と左利き »

2008/12/08

2008年11月南條光貴劇団@オーエス劇場

Nanjyo01先月(2008年11月)のことですが・・・
劇場でよく見かけた小学生が役者になったことを知って・・・
今までノーマーク(失礼!)だった南條光貴劇団に
一ヶ月で四回,オーエス劇場へ通いました。

11月16日の2回目の観劇では・・・前回,お花のかわりに前売り券を3枚買ったので・・・
風邪をおして観劇。

Oiranしんどくて途中で帰ろうかと思いましたが・・・
座長も風邪で声があまりでないし・・・
それでも花魁をするというので,最後まで見ました。

この劇団,先週にも観劇したのですが・・・

南條光貴座長,立ち役も女形も・・・スッキリと品がいいです(●写真上)(●写真中)。

また南條欣也(●写真下)の剣舞も刀が美しく見えました。


Kinyaこの劇団,お出迎えも若手が元気いいし・・・
座長の口上挨拶あとの前売り券販売でも・・・
座長さんが笑顔でお客さんに挨拶されてました。


« 日本のゴシック的美学:『マダム・エドワルダ』の挿画:金子國義の日本手ぬぐい | トップページ | 太平洋戦争と東條英機と左利き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/43356904

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年11月南條光貴劇団@オーエス劇場:

« 日本のゴシック的美学:『マダム・エドワルダ』の挿画:金子國義の日本手ぬぐい | トップページ | 太平洋戦争と東條英機と左利き »