« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/18

日本のゴシック的美学:『マダム・エドワルダ』の挿画:金子國義の日本手ぬぐい

Madam★カゼが続き・・・思ったように文章が綴れませんが・・・
 ちょっと本を整理していたら,

 ジョルジュ・バタイユ(Georges Bataille)の『マダム・エドワルダ』が出てきた(●写真)。
 
 この本のことを最初に知ったのは・・・
 私の文学的な趣味というよりは・・・高校生の時・・・
 たんにデカダンス(Decadence)趣味というか,退廃美への憧れから・・・
 じつは「雰囲気に憧れて」読んでみたまでです。

 ジョルジュ・バタイユについては,彼の独特な経済学書『呪われた部分(La Part Maudite)』の

 「過剰と蕩尽」理論については,妙に共感する部分もあったが・・・

 『マダム・エドワルダ』については,今日,久々に読んでみても,私の中で「震える何か」は,無い。
 生田耕作の翻訳と,金子國義の挿画と表紙絵が「バタイユという空気を読んでいる」から,
 作品として,手もとに持ち続けているといったところ。

 こういう官能的な小説としては・・・作者の思想や執筆意図の違いがあるとはいえ・・・
 文学的な変態性の高さでは,谷崎潤一郎の「痴人の愛」のほうが,よりグイグイと読み進めたくなってしまいます。

 ちなみに,金子國義画伯は・・・かなりゴシック性の強い浴衣や日本手ぬぐいもデザインされていて・・・

 (●写真)にある蝙蝠(こうもり)の絵の日本手ぬぐいは,日頃,着物の脇に入れて使っています。

2008/11/06

日本の料理/菊を食べる:秋の懐石料理や天ぷらじゃないけど。

P1030125(●写真)写真にある菊は一人ですべて食べました。


☆菊といえば・・・

 天皇家の家紋や天台宗の宗紋,
 着物などに見られる菊水等の柄,
 死者に捧げる花,
 枚方パークの大菊人形・・・。

 私にとっては・・・

 菊は,香りが高く,美味しい「食べ物」。

 http://www.shokoren-toyama.or.jp/~f-kanko/syokukiku/

 ↑ もともと「薬用」として中国から入ってきたみたいですね。

 おひたし,酢の物,天ぷら・・・

 京都の高級料亭では秋の風物詩のようですが・・・
 なぜか・・・幼少時から,秋の夕食で多く食べていた「花」です。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »