« 0623大衆演劇:劇団むらさき@梅南座 | トップページ | 京都で大衆演劇:都若丸@和順会館 »

2008/06/29

アンティーク夏着物の仕立て直し

Dscf0377☆100年以上も昔の着物(●写真左)。
 これは「アンティーク」という定義ができます。
 曾祖父(great-grandfather!!)のものが・・・
 形見として祖母の女性用にリメイクされ・・・
 一度,実母が,洋服のジャケットにしようと,袖や襟をほどいていました。

 が,これは正真正銘の「能登上布」であることがわかり・・・
 しかも,こういった絣はレアなので・・・
 「仕立て直し」や「修繕」は難しい状態ながらも・・・
 探究心旺盛な和裁士さんにお願いしてみました。

 あとは・・・和裁士さんの「気持ち」を信頼するのみ。

 というわけで・・・やっぱり予想以上の仕上がりでした。
 腹部に・・・偶然みつけた同じような絣の生地を足していますが・・・
 その部分は・・・兵児帯なら,なんとかカバーできそう。

 ちなみに,最近では,ドクロやゴシック調の柄が染められた浴衣が多いものの・・・
 古典的な絣のアンティーク着物を今の時代に生かすべく・・・
 半襟や帯や足袋は爽やかな色調で遊ぶ予定です。


« 0623大衆演劇:劇団むらさき@梅南座 | トップページ | 京都で大衆演劇:都若丸@和順会館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/41687155

この記事へのトラックバック一覧です: アンティーク夏着物の仕立て直し:

« 0623大衆演劇:劇団むらさき@梅南座 | トップページ | 京都で大衆演劇:都若丸@和順会館 »