« 春の着物(袴)地:colour sample | トップページ | 東山和紙:生成り純楮の名刺 »

2008/04/15

The Writing Shop@京都:活版の美。

Dscf0342☆仕事の用事で京都市内を徘徊中・・・
 以前から気になっていた「洋紙」の専門店に闖入(ちんにゅう)。

 このところ,仕事で「和紙」にかかわることが多いのですが・・・
 ここはイタリアやスペイン...etcヨーロッパの「手すき洋紙」だけを扱っています。

 しかも,独自に小さな紙工房から輸入しているとのこと。

 店主と話をしていて・・・

「今の日本は,何でも若い子に合わせて物を作るから,
 だんだん質が悪くなっている。
 ヨーロッパは,その点,文化的に大人ですから。」

 なんて発言があり。

 このところ日本の文化が海外で注目を浴びていますが・・・
 どことなく「子どもっぽい」(childish)な雰囲気が・・・
 海外では新鮮なのかもしれない。
 どことなく,Pop Divaに陶酔するノリに近いような気もしております。
 だから,世界から飽きられるのも早そう。

 そんなことはさておき,
 せっかくなのでレターセット(●写真)を購入。
 封筒とはがき1セットが1000円なので高い!と思うかもしれませんが,
 和紙のレターセットを買っても,同じような値段です。
 手づくりはコストがかかるのです。
 
 絵柄も活版。
 懐古趣味の部分もありますが・・・
 日本で手づくり洋紙専門店は,ここしかないようで・・・
 東京からのお客さんが多いとのことです。
 
 http://www.writingshop.net/index.html

« 春の着物(袴)地:colour sample | トップページ | 東山和紙:生成り純楮の名刺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/40885637

この記事へのトラックバック一覧です: The Writing Shop@京都:活版の美。:

« 春の着物(袴)地:colour sample | トップページ | 東山和紙:生成り純楮の名刺 »