« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/21

『アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人』:大野 左紀子著

『アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人』:大野 左紀子著(2008.02/明治書院)

東京藝術大学の彫刻科を卒業し長らく創作活動をしていた,元「アーティスト」による,いってみれば「世の中に蔓延するイケてそうなアートっぽい空気」を皮肉っぽくKYする一冊。

この本のことを語る前に,というか,この本の中でも登場するTV東京系の番組「誰でもピカソ」を見ていたら,日本の若手アーティストの作品を,海外の画商が買い漁っているシーンが放映されていた。中には,完成作品ではなく,一歩間違えば美大か高校の美術室で仲間どうしが気ままに書き散らかしたみたいな作業中の作品に買い手がついていた。おまけに海外の画商から言わせれば,日本で購入する現代アートの作品は,相場的に安いらしい。

また,いっぽうで,村上隆の作品が2億円で落札されるシーンもあり,あまりの高値に,本人が一番驚く様子だった。それら日本の現代アートを買うのはアメリカの金持ちだったりするが,様々な問題も金さえあれば,たいてい解決できるアメリカの社会を「金次第で単純」と揶揄する村上隆の苦笑いが印象的だった。

少し昔の「バブル経済」の時は世界のアートを日本の「成金」が買い漁っていたのに,今では「日本の貧乏人アーティスト」(全員貧乏ではないと思うけど)の作品を海外の画商が買っていく時代にシフトした。世界的に「日本の文化」が,ちょっと敏感な人達から注目されることは,「Jap」や「Nip」と蔑視されるよりは悪い話じゃない。

一頃,日本の文化は没個性で横並びなんて言われていたが,裏をかえせば「赤信号みんなで渡れば怖くない」的な気分にもなれる。そんなファナティックな感情が,攻撃方面に作用した結果が太平洋戦争だったのかもしれないし,現代のような平和ボケ?した世の中なので「自称アーティスト&クリエイター増殖中」なのかもしれない。

いずれにせよ,かつて西洋から輸入したような「現代アート=気難しいコンセプトの解読」という趣は,ゼロとはいわなくても,煙たがる傾向であることは間違いない。貸ギャラリーに足を運んで「インスタレーション」とカテゴライズされた作品を制作した作家にコンセプトを訊ねても,「見てくださった人が各々で何かを感じてくださったら嬉しいです」なんて返事が多かったり・・・。

さて,『アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人』の中で,著者が声高に主張している事。それは・・・

<「アート」というものは、既成概念をうちやぶって、つねに先端をゆくもの>らしい。

その一文を,テキストとして額面どおりに受け取れば,その中味がどうであれ,日本のアートが世界の画商にとって,これまでの藝術的<既成概念をうちやぶって、つねに先端をゆくもの>であるとも言える。

著者が言いたかった事は,アートの再定義の必要性云々ではなく,端的に言えば「存在の耐えられない日本国内<現代アート>の軽さ」ということではないでしょうか? あるいは,「カワイイ」という言葉がもてはやされがちな精神的ネオテニー化著しい日本社会へのいらだち?! 

そうはいっても,アーティストの需要は職人以上に少なく,とまれ職人になるには,辛い修行がある。じゃあアーティストでもなければ職人でもない,第三のモノ作り願望所持者が目指すものは「クリエイター」ということで・・・ここまでくると,名乗ったもの勝ちのところもある。いや,それだけでなく,短時間で「クリエイター気分」になる文明の利器(PCソフト,デジカメ,プリンター...etc)は日々誕生している。田中康夫の「なんとなくクリスタル」ではないけど「なんとなくクリエイター」気分なら,気軽に味わえる現代。

それを真っ先に実践したのが藤井フミヤの「フミヤート」でしょう。当時は,Macというパソコンでしか使えないグラフィックソフトが大半でした。なので,そのソフトの使い方やエフェクトを知らない,大半の藤井フミヤの名前や存在なら知っている人からすれば「すごーいアート」だったでしょう。けれども,作品そのもののオリジナリティーというよりは,画像ソフトのエフェクトを披露した世界だったと感じた点では,著者と私と意見が一致したことだけは,最後に記しておきます。



2008/04/18

東山和紙:生成り純楮の名刺

Dscf0358 仕事でつながりを持った関係で・・・
 岩手県の東山製紙から送ってもらった,
 手すき和紙の名刺(50枚入り)。
 趣のある箱に入って1575円(税込)。
 色は生成りで,厚手で,かなり素朴な手触り。
 あまり名刺を交換したりしませんが・・・
 どうアレンジするかは,乞うご期待!

2008/04/15

The Writing Shop@京都:活版の美。

Dscf0342☆仕事の用事で京都市内を徘徊中・・・
 以前から気になっていた「洋紙」の専門店に闖入(ちんにゅう)。

 このところ,仕事で「和紙」にかかわることが多いのですが・・・
 ここはイタリアやスペイン...etcヨーロッパの「手すき洋紙」だけを扱っています。

 しかも,独自に小さな紙工房から輸入しているとのこと。

 店主と話をしていて・・・

「今の日本は,何でも若い子に合わせて物を作るから,
 だんだん質が悪くなっている。
 ヨーロッパは,その点,文化的に大人ですから。」

 なんて発言があり。

 このところ日本の文化が海外で注目を浴びていますが・・・
 どことなく「子どもっぽい」(childish)な雰囲気が・・・
 海外では新鮮なのかもしれない。
 どことなく,Pop Divaに陶酔するノリに近いような気もしております。
 だから,世界から飽きられるのも早そう。

 そんなことはさておき,
 せっかくなのでレターセット(●写真)を購入。
 封筒とはがき1セットが1000円なので高い!と思うかもしれませんが,
 和紙のレターセットを買っても,同じような値段です。
 手づくりはコストがかかるのです。
 
 絵柄も活版。
 懐古趣味の部分もありますが・・・
 日本で手づくり洋紙専門店は,ここしかないようで・・・
 東京からのお客さんが多いとのことです。
 
 http://www.writingshop.net/index.html

2008/04/07

春の着物(袴)地:colour sample

(●写真上)明るい紫色の生地なので「紫黒色(14531)」に変更予定が・・・Dscf0214

☆男の着物は需要が少なく,
 売っている商品も「高い」か「安い」か極端。
 というわけで,私は「dead stock」をねらって買います。
 
 先日,思ってもみない「安さ」で,しかも「絹100%」の袴地を発見。
 しかし・・・ハデな紫。ふつうには着られません。
 
 ここは「染め」よう。
 ということで,買おうとすると・・・毎度,慎重な発言をする・・・着物屋の若旦那。

 「うまく染まらないですよ」

 と悲観的な見解をされると・・・私は,ますます買って,着物職人の腕を見たくなる。

 というわけで,業者価格で仕事をしてくれる呉服調整(悉皆)屋に,袴地を持参。

 「このタイプの生地を染めるのは初めてやなあ」

 といいつつも,本物の職人は困難な仕事でも「できません」とは言わないので・・・

 「できるだけのことはします」

 という返事。

 私も・・・

 「ダメならダメでいいです。トライしてください」

 と言って,袴地を置いていきました。

 色のチェンジですが・・・写真の説明のとおりです。

 呉服調整(悉皆)屋のオジサンが・・・

 「これから,だんだんトシをとっていくのだから,渋めの色にしておいたほうがええで」

 と。苦笑。

(●写真下)呉服調整の職人さんと色見本を見たら「14686」の色が良いと全員一致。

Dscf0210

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »