« 裁断紙幣を再利用して地場産業の活性化とNHKのニュース「おはよう日本」で放映されていた | トップページ | 酸が高いのに,とてもスマートな逸品:「東北泉 純米しぼりたて生 仕込み3号」。 »

2008/01/25

着物の帯(秋冬):源氏香。

Dscf0175☆このところ・・・
 着物姿といえば「袴」ばかりはいていますが,
 「袴」をはけばはくほど,
 「帯」がしっかりしてると,着崩れの心配が全くないことを実感。

 でも,残念なのは・・・
 「袴」をはくと「帯」が少ししか見えない。涙。
 というわけで,(●写真)はこの秋冬に,よく締めている帯です。


★(左上)
 博多帯でテディベアみたいな「ぬいぐるみ」の柄が入ってます。
 博多帯は結び目がキレイで,締まりも良く,
 「帯」のなかでは一番好きです。

★(中)
 上のものと同じ博多帯で,
 こちらの柄は「源氏香」

 http://www.ahiroya.jp/kouzu-name.htm

 ↑源氏香の説明。
 ようするに「源氏名」が「お香」を置く形で表現されているってわけです。
 それにしても深い「香り」の遊びです。

★(右下)
 この「帯」は,米沢の「宝来織(ほうらいおり)」。
 無地ですが,色がキレイなので買ったものです。
 宝来織はキレイな色が多いです。

 ヒゲが出て,凄く紬っぽい織。
 ちょっと柔らかめですが,意外にシッカリ締まってくれます。

« 裁断紙幣を再利用して地場産業の活性化とNHKのニュース「おはよう日本」で放映されていた | トップページ | 酸が高いのに,とてもスマートな逸品:「東北泉 純米しぼりたて生 仕込み3号」。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/17826734

この記事へのトラックバック一覧です: 着物の帯(秋冬):源氏香。:

« 裁断紙幣を再利用して地場産業の活性化とNHKのニュース「おはよう日本」で放映されていた | トップページ | 酸が高いのに,とてもスマートな逸品:「東北泉 純米しぼりたて生 仕込み3号」。 »