« Hermes BirkinじゃなくてJane Birkin:着物用のバックをアレンジ。 | トップページ | 『曾根崎心中』:日本の美文と無常観。 »

2008/01/31

究極の本醸造「大黒正宗」

Dscf0206
19BYの「大黒正宗 しぼりたて(生)」は,2回目です。
ボジョレーヌーヴォーじゃないですけど,
解禁日に飲んだ時は若すぎた味わいも・・・
一ヶ月経って・・・少し落ち着きだしてきました。

でも,これ一升瓶で2415円(四合だと1050円)!
今年の大黒正宗は,とても端正な酒です。
規格的には「本醸造」ですが,酒屋でスペックを聞いたら・・・
れっきとした「吟醸」と同じです。
それも,ふつうの大吟醸クラスよりも,ずっと味わいが深いです。

また「純米信仰」の頑なマニアにこそ,この酒を飲んでもらいたい。
「醸造アルコール」といっても、ちゃんと自醸の米アルコールを使えば・・・
「アル添」とは,お酒の味わいに「喉越しを良くする背筋を作る工夫」ということを。

この酒,最初の口当たりは原酒特有の米の甘みを感じますが・・・
喉を通るときには,ビシッとした辛みで胃袋に落ちて行きます。

「男酒」とは・・・こういう酒のことを言います。


« Hermes BirkinじゃなくてJane Birkin:着物用のバックをアレンジ。 | トップページ | 『曾根崎心中』:日本の美文と無常観。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/17912466

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の本醸造「大黒正宗」:

« Hermes BirkinじゃなくてJane Birkin:着物用のバックをアレンジ。 | トップページ | 『曾根崎心中』:日本の美文と無常観。 »