« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/27

NOVA破産で英語を考えてみた。

★私が「英語」について思うこと。


☆まず私自身の英語

・大学へ入るために必要な英語の成績は良かったかもしれない。
 (後後は使い物にならない偏差値という点で)
・しかし「発音」にコンプレックスがあるため,
 「会話」としての英語は全く苦手である。
・イギリスに少し滞在していた頃
 かなり多くの人に「あなたの英語の発音はBad」と言われた経験を持ってしまった。^^;
・とまれ,頭が「英語受け入れモード」になると,
 英語でのメールのやりとりは全く苦にならない。
・日本国内では,日本で仕事や生活をしている英語圏の人に対して英語を使う事は,
 ほとんどない。相手が,私の話した日本語を知らない(理解できない)場合は,
 それに相当する英単語を話す程度。
・英語を話すのは,日本語ができない外国人の友人が日本に来る時ぐらい。
 ただし1、2年に一度は,一日中,英語だけの会話という日がある。
 そのため「年々英語力が低下」していることを如実に感じる。

 といっても,最近の関心は・・・英語以上に

 「自分自身の日本語の貧困さ」

 にあります。^^;

☆本当に英語は世界の共通語なのか?
 それは「世界で一番戦争が強い国の言語」だから?!
 以前,イラクを攻撃したアメリカについて,
 日本に来ていたイギリス人の友人が意見を求めてきたとき・・・
 私は,こう言いました。

「人を殺す爆弾を落とさなくても,
 英語という有益な言葉の爆弾で
 世界中の人の心を支配できるんじゃないの?!」

 気まずそうな顔ながらも
「それは当たっている」と言ってました。

 それと・・・よく
「自分の国の言語は,英語より難しい」
 と誇らしげにいう輩が・・・日本人に限らずいますけど・・・
 残念ながら「簡単で合理的な言語」のほうが,
 より世界中の人がトライしやすい道具(ツール)であるはずです。

 昔,日本でも
 「表記はローマ字で」「表記はカタカナで」
 と国際的言語としての日本語を考える人々は提唱していましたけど・・・
 世界共通語の一翼を担うことを主眼とすれば,
 かなり日本語も合理化しないと・・・
 一部の「日本文化オタク」および「日本は仕事相手」的な人が學ぶ言語であり続けるでしょう。

 ちなみに,私は,ローマ字やカタカナだけにするのがいいとは全く思っていませんが・・・

 例えば,カタカナ表記の外来語で「L」や「R」を区別できるような,
 発音記号的なマークをカタカナに採用してほしいと思っています。
 

☆もしかすると「ルー語」がうまく話せれば,
 とりあえず「道具(ツール)としての英語」としては十分ではないか!
 もし英語が全く苦手な人なら,まずはルー大柴のセンスを見習えばいいのではないか。

 とりあえず,日本語を話せない人とコミュニケーションをするための手段として
 英語を使うという発送に立てば・・・

 どんなヘタでも,多少,文法が悪かろうが,
 「思い」が通じればいい。
 そういう発想に立ってもいいのではないか。

 「心」と「心」の通じ合いは・・・
 流暢な言葉使いだけじゃないはず。
 いくらサービス業とはいえ,
 空港やホテルで職員が話す英語って事務的に聞こえませんか?
 
 そして・・・中学校からの外国語教育を「英語」に一元化させず,
 何カ国か選択の自由を与えて・・・
 自分で興味が持てそうな文化圏の言語を學べばいいと思う。

 アルファベットが全くダメでも
 漢字なら得意!
 カンフー映画マニアや韓流オタクなら・・・
 けっこう楽しんで


※なんだか長くなってきたので・・・気が向けば続きを書きます。
 (つづく。たぶん。苦笑)


2007/11/22

2008年の備忘録(agenda)

Dscf0268☆早速,2008年用のagenda(備忘録)を買いました(●写真左側)。
 チェック柄です。
 右側は2007年仕様のものですが・・・
 昨日に買った方が,格段に気に入っています。
 それと・・・こういう類いの物は・・・
 小さくてレイアウトが綺麗であってほしいと思っています。

 とまれ,私にとっては,商品名であるdiary(日記)よりも
 agenda(備忘録)的な使い方でしょうか。
 
 というよりは・・・
 そもそも予定が少ないので(苦笑)・・・
 何日・何時・何の予定があるかは・・・
 たいてい頭にインプットしています。

 よって・・・
 事後の記録帳といったところでしょうか。

 ちなみに・・・こういったagenda(備忘録)は
 どちらかといえば女性客が多い雑貨店で買います。
 今年は・・・毎年買っている店とは違う所で買いました。
 後で例年買っている店に行きましたが・・・

 やはり直感どおり・・・でした。


2007/11/15

Heart-warming Japan:紅葉と和菓子

Dscf0078


Dscf0080(●写真上)(●写真中)

☆徐々に赤みを帯びてきたモミジ。
 水辺は特に色の変化が激しいというか・・・
 瑞々しいですね。


(●写真下)

☆赤福餅...etc消費期限の偽装が多々報道されますが・・・
 この和菓子屋は・・・
 夏になっても,
 電気系を一切使わず・・・
 陳列ケースの中に氷を入れて冷却しています。
 子どもの頃から・・・
 マクドナルドよりも,
 こういう手作り菓子を選択していました。
 

Dscf0081

2007/11/12

超傑作:PAT METHENY & BRAD MEHLDAU / QUARTET

621456304_180 これは文句なく傑作です。
 クールに爽やかに・・・一見するとゆったり聴けるタッチなのですが・・・
 これが・・・かなりの次元で狂気じみた展開あり。
 とても心地よい緊張感なので・・・
 どんどんハマりこんでしまいます。

 ジャズにもプレグレにもラウンジ(チルアウト)系にも聴こえる
 「今」を感じることができる一枚です。

2007/11/10

Skull羽織紐の完成

071110_111502☆なにかと男着物は地味ですが・・・
 だったら自分で羽織紐をつくろう!
 というわけで・・・
 先日,テレビを見ていたら・・・
 かの宮沢りえがガイコツ柄の帯を粋に結んでいたので・・・
 女性客ばかりのビーズ&アクセサリーパーツ店で
 ガイコツのメタルパーツを中心に・・・
 あれこれ購入(●写真下)。

 ガイコツを中心にして,
 紐の部分は「四葉のクローバー」(Clover of four leaves)で
 まとめてみました(●写真上)。

 ちょっと紐の部分が長いかもしれないですが・・・
 自分で作ったものなので簡単に調整できます。

071109_215101

2007/11/07

着物(羽織)の裄を足す作業でお裁縫に熱中。

071107_001501☆ここ最近,どうも朝に目が霞むのですが・・・

 原因は・・・いつも寝る前に毎晩熱中している
 着物(羽織)の裄(ゆき/手の部分が短いので)を足す為に,
 手で着物を縫っているためです。^^;

 ちなみに,足している生地は・・・

http://lefty.air-nifty.com/kaleidoscope/2007/10/post_fcc0.html

 ↑袖なし羽織についていた袖の部分について紹介しています。

 色や厚みは違いますが,織り方が似た同じ「お召」なので
 ちょっと落ち着いた雰囲気をめざしています。

 かつて家にいた女性は,毎晩,こういう縫い物に明け暮れていたかと思いますと・・・
 
 大変と思ういっぽうで,物を大事に扱う気持ちが増して・・・
 むしろ良い部分もあったのではないかと思われます。

 それと・・・アンティーク着物をほどいてみると・・・
 昔の人にとって絹の着物が,いかに大切なものであったのかがわかります。

 外からは全然わかりませんが・・・すごく上手に,いっぱい「継ぎ」がしてあったりします。

 これも,自分で着物を分解し,確認してみないとわからない作業です。

 いろんなマーケットや店へ行って着物を買うのは楽しいかもしれませんが・・・
 自分で手を加える楽しみのほうが勝っている今日この頃です。

2007/11/03

ほぶらきん「ランニングホームラン」:日本インディーズ界の大名盤!

Hov☆昨日は某雑誌の取材を受けた後,
 久々にほぶらきんのCD「ランニングホームラン」(●写真)を聴く。
 もう26年も27年も前のライブですが・・・
 2001年にの再発されたCD。
 
 大衆演劇にも似たアットホームさ,
 小学生も参加して絶叫!
 今や日本の生活の中でなくなりつつある音頭調。

 しかしながら・・・
 テクノゴッドの石野卓球も音楽をはじめるきっかけになったという,
 このDIY感覚は,ロンドンやニューヨークのパンクにはない「日本臭さ」と
 滋賀の人達のバンドだけあって,関西のバンドにありがちな「ドタバタ感」が最高です。

 いわゆるビジュアル的なカッコ良さは皆無かもしれないが・・・
 とても心温まる,でも超クレージーな名盤!


« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »