« 信楽焼で西洋と東洋の好みの違いを実感。 | トップページ | 無農薬・無化学肥料の山田錦を稲刈り・・・しかし・・・ »

2007/10/05

秋になって夏着物(来年用)を発見/購入。

Dscf0488

(●写真上)袖の袂(たもと)には仕付け糸がついているのでクリーニング済み
(●写真下)ダイソーで見つけた100円の消臭/滅菌スプレー。

☆いつもは入ることもないアメリカ輸入物の古着屋で,
 海外からの観光客向けに置いてある着物の中から・・・
 黒いようで,どこか濃紺っぽい縞。

 「おっ能登上布!」

 という調子で,麻の夏着物を発見(●写真上)。

 少し以前にも曾祖父の能登上布が出てきましたが・・・
 それプラス,祖父が着ていた羅(絽紗?)を少しでも長く着られるようにしたいので,
 はじめて誰が着ていたかわからないアンティーク物を購入。

 こういう古着屋で10000円の値札は・・・
 正直言って高いですが・・・
 
 「夏も過ぎたので,あと30%は安くします」

 と店員。

 とまれ,昔の着物は短いので縫い上げてある部分がどこまで出せるかチェックして・・・
 帰宅して,直せば,持っている着物の長さになることがわかり・・・
 翌日・・・

 「あともう少し安くなりませんか?」

 と訊ねたら・・・

 「40%OFFまでならなんとかします」

 ということで,交渉成立。
 結局6000円で買いました。

 アンティークの着物屋だったら,同程度で18000円あたりの値段がついていたりするので,
 これはラッキーな買物でした。
 まあ,古い物なので,それなりに小さな穴があいている所があったりしますけどね。
 
 http://www8.ocn.ne.jp/~notojofu/

 ↑能登上布の紹介。


Dscf0491

« 信楽焼で西洋と東洋の好みの違いを実感。 | トップページ | 無農薬・無化学肥料の山田錦を稲刈り・・・しかし・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/16665591

この記事へのトラックバック一覧です: 秋になって夏着物(来年用)を発見/購入。:

« 信楽焼で西洋と東洋の好みの違いを実感。 | トップページ | 無農薬・無化学肥料の山田錦を稲刈り・・・しかし・・・ »