« the Pope(ローマ法王)に着物をプレゼント?! | トップページ | 源氏物語と夕顔の花:花言葉 »

2007/08/25

X回目の「源氏物語」

Dscf0291「新々訳 源氏物語」(谷崎潤一郎=訳)

先日,本を入れた箱を整理していたら・・・
探していた谷崎訳「新々訳 源氏物語」が出てきた。

これまで,何度も源氏物語を読もうと思いつつ・・・
あまりにも「間接的」な表現が多すぎて・・・

読むのが,めんどうになることX回。

http://www.angel-zaidan.org/genjiforum2004/Genji.pdf
↑ちなみに,これは現代日本語訳と英語訳の比較

そこに,どこにあるのか,わからなかった谷崎訳「新々訳 源氏物語」を発見し,
今なら,シットリした谷崎の現代日本語を十分に味わえると思い・・・
ここに,勝手ながら「新々訳 源氏物語」の読破を宣言します。笑。

スペイン人の友人が読破して,その内容にすごく感激したというのに・・・
自分は・・・高校の国語の授業でも・・・

「ああ,天皇家は暇な連中だ」
とか
「「この子は先々すばらしい女性になる」と垣根から少女を垣間みる光源氏のムッツリスケベ」
なんてことばかり思ってばかりいましたが。^^;

ちなみに,この本,大学生のとき,
浅草・千束通りにある古本屋で買いました。
谷崎の名作「痴人の愛」でも,文章中によく出てくる「千束通り」。

こだわって買ったのだから,今度こそ,全部よみます!


« the Pope(ローマ法王)に着物をプレゼント?! | トップページ | 源氏物語と夕顔の花:花言葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/16231531

この記事へのトラックバック一覧です: X回目の「源氏物語」:

« the Pope(ローマ法王)に着物をプレゼント?! | トップページ | 源氏物語と夕顔の花:花言葉 »