« 夏の燗酒:正規価格なら燗酒の味わいに納得。 | トップページ | 北海道産の米で仕込まれた酒:「篠峯 純米生原酒 うすにごり」 »

2007/08/02

The Koln Concert :: Keith Jarrett:CD盤とAD盤

Dscf0203以前にも,このブログでキース・ジャレットの「ケルン・コンサート」について書きましたが・・・

http://lefty.air-nifty.com/kaleidoscope/2005/03/_etc.html

↑どういう経緯でアナログ盤(レコード)を入手したのかは,
 こちらで確認していただくとして・・・

 たまたま立ち寄った中古CDショップで同じライブ盤を見つけ購入。

 ちなみに,キース・ジャレットの作品は,
 この「ケルン・コンサート」しか持っていません。
 とりたててファンというわけでもなく,
 ひたすら「この作品は凄い」と思って,全く飽きずに聴いているだけです。

 一昔前だったら,多くのジャズマニアが

 「キース・ジャレットなんてジャズじゃない!」

 と口角泡を飛ばして議論していたみたいですが・・・

 ある雑誌で,キース・ジャレットの大ファンである,ジャズ喫茶の女性経営者のインタビューを読んだとき.
 キース・ジャレットをジャズと認めない客には帰ってもらうと書いてあって・・・
 そういう潔い女性店主のジャズ喫茶に,是非とも一度行ってみたいと思ったものです。

 ちなみに,キース・ジャレットについては・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=HPqK1JJOFxw

 ↑YouTubeで「1984年,日本でのソロライブ」を発見。
 一人でノリノリで演奏して,一人で「ア〜ア〜っ」と恍惚の世界へ逝ってらっしゃいます。笑。
 演奏そのものもさることながら,こういうエクスタシー表出が,キース・ジャレットの凄さと思っております。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZW8xSJ5xrbU

 ↑イタリア人の金持ちのボンボン?!の演奏による「Koln Concert - part I」
 こういう動画は,演奏はコピーだけど一番興味があります。
 このイタリア人,いろんな所でピアノ弾いたらモテるだろうなあ。^^;

http://jp.youtube.com/watch?v=Jb9DKzmBTtY&mode=related&search=

 ↑こちらは中華系?の女性による,D面(4曲目)の解釈。
 この曲が一番「女性がハマる曲」と言われてますが。^^;


 さて,AD盤(アナログ)とCD盤の違いですが・・・

 CD盤は,こちらで操作しなくても,最後まで流れて行きます。
 これまでAD盤では気づかなかった音にも出逢えました。
 もし仕事中のBGMだったら,CD盤のほうが気を使わなくていいから楽でしょう。

 でも,こと,この熱演に聴く側がハマるのだったら,
 まずはレコード盤に針を落としたほうが,
 各面1曲の演奏に集中できます。

 多くのクラブDJが,どうしてCD盤ではなくAD盤にこだわるのか,それが理由だと思います。
 ただ単に,スクラッチ...etcテクニックを披露するための道具ではないはずです。

 また,音質うんぬんはさておき,
 AD盤のほうが耳あたりが優しいので,
 音量を上げても聴き疲れしません。

 というわけで,AD盤とCD盤で同じ曲を流し,
 カチャカチャ切り替えてみての感想でした。
 

« 夏の燗酒:正規価格なら燗酒の味わいに納得。 | トップページ | 北海道産の米で仕込まれた酒:「篠峯 純米生原酒 うすにごり」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/15981730

この記事へのトラックバック一覧です: The Koln Concert :: Keith Jarrett:CD盤とAD盤:

« 夏の燗酒:正規価格なら燗酒の味わいに納得。 | トップページ | 北海道産の米で仕込まれた酒:「篠峯 純米生原酒 うすにごり」 »