« 『映画主義者 深作欣二』 ( 立松 和平 (著) ) | トップページ | 「京都は,資産」超芸術トマソン »

2007/08/29

やっぱり着物は長羽織がいい...but

Dscf0309☆まだまだ残暑続きですが・・・
 まだ一度も着たことのない祖父の着物をどうしようか思案中。
 
 (●写真左)の長着(着物)は,夏着物ですが・・・
 (●写真左)の長い羽織と,写真には写っていない長着のアンサンブル(対/セット)があります。

 このアンサンブルは「お召」なので正式な外出着になるわけですが・・・ 
 着たことがない理由は単純で・・・
 裄(ゆき/首の中央から手首のあたりまでの長さ)が,
 お直ししても1cm程度しか出せない。^^;
 
 アンティークの場合は,裄が少し短くても我慢できるのですが・・・
 さすがに短すぎると,成長過程の子ども服みたいで。苦笑。

 でも,大正〜昭和初めあたりに作られたと思われる長羽織。
 長さが膝下まであります。

 戦国時代の軍装に由来する羽織なので,
 女性の場合は,黒紋付羽織以外は正装にはならないみたいですが・・・

 http://www.eonet.ne.jp/~haoru/haoru11.htm
 ↑現代女性の長羽織。
 
 http://www.arata.jp/oldalbum/album8/oa8.html
 ↑これは昔の写真。
  一枚だけ,昭和30年代の写真があり・・・
  当時,流行した,すごく短い羽織が見られます。

 というわけで・・・祖父の長羽織は他にも一つありますが・・・

 (●写真左)の長羽織は・・・
 袖の部分にパッチワークっぽく似たような絹を足して,
 裄を出してみようかと検討中です。

« 『映画主義者 深作欣二』 ( 立松 和平 (著) ) | トップページ | 「京都は,資産」超芸術トマソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/16271604

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり着物は長羽織がいい...but:

« 『映画主義者 深作欣二』 ( 立松 和平 (著) ) | トップページ | 「京都は,資産」超芸術トマソン »