« 中川翔子が左手でペンを持ちイラストを描いている写真を発見。 | トップページ | おてんば娘的味わい:土佐しらぎく あらばしり 辛口吟醸生 »

2007/07/23

新しい特注の着物用足袋をはく

Dscf0176☆久々に着物姿で京都市内を歩いてみましたが・・・
 やはり大阪と比べれば,
 違和感なく歩くことができます。

 今月中は祇園祭ということもあり
 この季節は浴衣姿の人を多くみかけますが・・・
 やっぱり足袋や半襟というアイテムがある方がいいので・・・
 祖父が残した夏着物(羅)を着ました。

 (●写真)は新しく出来た松葉柄の足袋です。

 http://www.simaya.net/mitikusa/15-matuba.htm
 ↑「縁起物」の松葉柄の説明

 ちなみに下駄の鼻緒は海老茶色(濃い赤)にしたかったのですが・・・
 在庫がなく写真のような色にしたものの・・・
 新しい足袋の色と優しい色合わせになったので,
 むしろ良かったかなとも思っています。

 足の形状もあって,やむなく特注の足袋にしていますが・・・
 店の主人から・・・

 「あなた用の足の型がありますから・・・
 もう名前だけ言ってもらえれば,
 いつでも誂(あつら)えられます」

 との言葉が。

少々出費が高くつきますが・・・
身体への負担が小さいので,
むしろ安く感じているぐらいです。


« 中川翔子が左手でペンを持ちイラストを描いている写真を発見。 | トップページ | おてんば娘的味わい:土佐しらぎく あらばしり 辛口吟醸生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/15852097

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい特注の着物用足袋をはく:

« 中川翔子が左手でペンを持ちイラストを描いている写真を発見。 | トップページ | おてんば娘的味わい:土佐しらぎく あらばしり 辛口吟醸生 »