« アブリル・ラヴィーン:Girl Friendの訳詞 | トップページ | 新「男らしさ」の基準 »

2007/06/06

派手さはないが・・・見返り美人な酒「池月」

Ike石川県の「池月 みなもにうかぶ月 吟醸 ふな掛あらばしり」です。
派手さはありませんが,「生」の「あらばしり」なので,フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!という味わいです。
香りは・・・爽やかな「メロン香」の後に,お米の旨味が広がる印象。
槽(ふね)で搾っているので,味わいも優しい。

さすがに35%精米あたりの大吟醸ほど「喉ごしの滑り」はありませんが・・・ 綺麗な酒。
後で調べてみたら・・・

なんと麹米は「40%精米」(掛米は50%)!! 
これで四合瓶1575円は安い。

http://www.m-ken.net/maiikai/toriya/
↑蔵の説明のとおり・・・「鳥屋の水は、軟水で、出来る酒もどちらかと言えば、線の細い、女酒です。しかし、米の旨味を十分に引き出した、飲み飽きしない、シャープな辛口酒」ですね。


まだまだ,日本には無名でも良い酒をつくる蔵があると実感した一品です。


(使用米:山田錦<40%精米>・五百万石<50%精米>/日本酒度:+4.0/酸度:1.2/アミノ酸度:0.8/アルコール度数:16.2) 

« アブリル・ラヴィーン:Girl Friendの訳詞 | トップページ | 新「男らしさ」の基準 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/15347058

この記事へのトラックバック一覧です: 派手さはないが・・・見返り美人な酒「池月」:

« アブリル・ラヴィーン:Girl Friendの訳詞 | トップページ | 新「男らしさ」の基準 »