« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/28

ちょっとした中川翔子の左利き発言。

もう余計な紹介の必要性なんてありませんが・・・中川翔子のブログ「しょこたんブログ」で・・・

「ああ、左利きで、よかったッッ」

という一文を発見しましたあ。

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/15725

↑興味のある方はチェック!

2007/06/26

Lily Allen(リリー・アレン) :: Alright, Still/今が聴き時の季節?!

Lily☆すでに昨年にリリースされたアルバムで,
 時折,ラジオ等で耳にしていたLily Allen(リリー・アレン)ですが・・・
 何気なく1stアルバム『Alright, Still / オーライ・スティル』(●写真左)を聴いてみると,
 最初の想像より,出来の良い作品に驚いてます。


Slits リリー・アレン自身,SkaやPunkやReggaeを聴きながら育ったと発言してますが・・・
 な,なんと・・・母上は,かの女性三人組のPunk / New Waveバンド
 スリッツ(The Slits)のメンバーだったなんて!
 最近みたいに女性のバンドが多くなかった中学生の頃,
 スリッツの「Cut」というアルバムのジャケットを見て,
 衝撃を受けたことを,今でも覚えています。
 裸体に泥まみれ。(●写真中)

 「カリブ系の移民が多いウエストロンドンで長年暮らした」とあり・・・
 その中にShepherd's Bushなんて地名も。
 自分自身,そこにあるジャマイカ系の黒人のところで,
 一ヶ月間借りしたことがあったので,懐かしい。

 というわけで,スカ/レゲエ/パンク/ドラムンベースといった
 リリー・アレン自身が聴いてきたという音楽のフレーバーはもちろんのこと,
 どことなくCalypso(カリプソ)やLovers Rockあたりを想起させる,
 カリビアンっぽい軽快なサウンド。そして辛辣な歌詞。

 親子ともミュージシャンという点でいえば,
 英国版「宇多田ヒカル」っぽくもありますが(笑),
 今の季節,車のBGMや,部屋で清涼感をアップさせるサウンドとしても
 十分,いいのではないかと思いました。

 ジャケットのイメージとやや異なる印象。
 アヴリル・ラヴィーンよりは,音楽に幅を感じます。

 http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0610lily/
 ↑さらに詳しい紹介。視聴もできます。

2007/06/23

初夏の緑に映える白い紫陽花

Dscf0893☆あまり見かけない「白い紫陽花」を発見(●写真左)。
 白い紫陽花にも花言葉があるようでして・・・
 「気の迷い」「高慢」
 日本では,どことなくネガティブな花言葉が多い紫陽花です。
 でも,フランスでは「忍耐強い愛情」と逆のイメージ。

 参考までに,花の色は「土が酸性だと寒色系」「アルカリ性だと暖色系」になるとのこと。

2007/06/22

ドライな青空を感じる酒:「英君 吟醸 袋吊り雫」

Dscf0896☆「左利き」という言葉には・・・
 利き手が「左」という意味と,「酒飲み」という意味の二つがあります。
 今,ふと思い出したわけですが・・・
 左利きにかんする自著と物々交換でいただいたのが・・・
 
 「英君 吟醸 袋吊り雫」(●写真左の左側)

 静岡県由比町の酒です。
 あまり酒に興味の無い人でもわかり易く言えば.
 テレビのCMで東大出身の俳優・矢崎滋が
 「まる〜」なんていってた白鶴のパック酒で「静岡県由比漁港」バージョンがありましたが
 まさしく「そこ」の酒です。
 
 東名高速道路にあるパーキングエリアの中でも,
 楽しみなのが,由比の「桜えびのかき揚げ」。
 理想は桜えびのかき揚げを食べながらの「英君」と言ったところでしょうか。

 ちなみに・・・由比町の酒といえば「正雪」という酒もあり,
 今年の3月に平成4年度醸造「正雪」の純米大吟醸の「生!」を飲んでます。
 15年程の熟成期間を経た酒で,味わいは完全にチョコレートでした。

 さて,本題の「英君」へ。
 精米歩合は50%ですが・・・鑑評会出品酒と同じ「袋吊り」。
 モロミを入れた袋から滴(したた)り落ちた雫(しずく)を集めた,
 とても贅沢な造りの酒です。
 精米歩合が50%なので「大吟醸」を名乗れますが・・・
 良心的な蔵ほど「精米歩合50%」なら「吟醸」ですね。

 昨晩に開封したばかりなのですが・・・飲んでみての印象は・・・

 平成17年度醸造ですがヘタりは全くなく,背筋の通った味わい。
 「立ち香」は,思ったよりもおとなしい。
 「含み香」は,鼻から抜けていく瞬間「あっ静岡の酒!」と一発でわかります。
 栓を開けたばかりのときは,ほのかにマスカットっぽい香りもありますが,
 静岡酵母独特の青リンゴやメロンっぽい香りがしますね。
 静岡酵母系の新酒は,メロン喰いに喩えれば
 ,かなりスプーンで果実をすくっていってから感じる若い味わいが独占したりしますが,
 1年の熟成期間があるためか,熟(う)れてる部分のトロ味も前に出てきてます。

 原料米が五百万石だからでしょうね・・・袋吊りの雫酒でも,スマートな味わいです。
 後半のシャープな苦みも,たぶん,この五百万石からの由来かもしれません。

 春に,同じ「英君」の「大吟醸 いろは」を二度味わう機会がありましたけど・・・
 「大吟醸 いろは」は酵母が「明利酵母」とあり,出品酒系の味がしますが,
 こちらは「静岡酵母」なので,より静岡の酒を実感できるタイプかなと思いました。

 昨晩でかなり減りましたが・・・一度,人肌燗も試してみたいです。

(アルコ−ル度数:17.5゜/日本酒度: +6/酸度: 1.2/原料米:五百万石/精米歩合:50%/酵母:静岡酵母HD-1)



2007/06/19

初夏の葉桜&紫陽花 in 高瀬川

464283452_185☆ツツジの花びらが通りに散らばりはじめると・・・

 雨にしっとり濡れた紫陽花・・・といいたいところですが,

 今年は雨量が少ないですね。

 とまれ(●写真)のような高瀬川沿いに咲く紫陽花は,

 川の湿気が潤いを与えるためか,

 色が鮮やかであります。


464283452_209 青い紫陽花の花言葉ですが・・・フランスでは

 「忍耐強い愛」

 という花言葉があるようです。


2007/06/17

旨味炸裂「大治郎 うすにごり 純米 生原酒」

Dscf0843☆2月末頃,某立ち飲み屋で一杯だけ飲んだ,
 「大治郎 うすにごり 純米 生原酒」(●写真)。
 「うすにごり」と書いてありますが,オリは,ほんの少しで透明感があります。
 4ヶ月前に飲んだ時も・・・「すでに味が濃いなあ」と思ったのですが・・・
 今,飲んでいると・・・最初の一口目は・・・フルーツの蜜の寄せ集め!みたいな味わい。
 熟れたメロンやリンゴっぽさもあるか?!(純米吟醸だとライチ様の香りもある)
 
 最近の大治郎は,以前に比べてスマートになりつつありますが・・・
 これは久々に「パワフル」な大治郎です。
 綺麗な酒とは対極にある「濃厚」な味わいで「酸味」が主張します。

 しかし,濃いなあ。苦笑。
 一升瓶2310円ですが,ある意味,詰まってる内容からいけば安い酒かも。
 ただ,濃過ぎる感もあるので,これからの季節は・・・
 氷を浮かべてロックや,ソーダで割ったり,
 酢橘(スダチ)や柚子,レモンあたりを軽く搾っても,酒が負けません。

 醸造アルコールが添加してある原酒で18.2%なら有りがちですが,
 これは純米の原酒。
 口当たりは優しいが,パンチ力満点の旨口系です。
 ちなみに,ふつうの生は17.6度と,割り水してあります。

(日本酒度±0/使用米:吟吹雪/精米:60%/酸度:2.0/使用酵母:9号/アルコール度:18.2%)

2007/06/16

左利きの職人さんから夏着物用の下駄を購入。

Dscf0833(左写真)は,左利きの下駄職人さんが鼻緒を挿(す)げる準備をしているところです。

☆昨日は京都での所用ついでに,
 夏用の着物に合わせる下駄を入手するため京都市北部の新大宮商店街にある専門店へ。
 
 http://www6.plala.or.jp/sin-oomiya/
 ↑京都に「下町情緒」という言葉は似つかわしくありませんが,
 小さな個人商店が並ぶ様は,とても風情があります。

 さて,5月に足袋を別注した時,足袋屋のおばあさんが,

 「うちの前にある,あの店(cafe)に
 その筋の人(つまりヤクザ)が来はまりますけど,
 あの人らは,足下はいつも綺麗にしてはりますわ」

 と,暗に「うちの足袋には,良い履物で合わせてや」

 と言われていたので,ちゃんと別注の足袋まで持参。

 じつは,最初から・・・

http://kyoto-getaya.com/shohin/geta/sinsi1/sinsi1.htm

 ↑にある,上から三番目の赤い鼻緒で下駄を作ってもらう予定でしたが・・・
 残念ながら,肝心の赤い鼻緒は在庫無し。

 しかしながら,専門店なので,下駄台と鼻緒を自由に選び,
 鼻緒を挿(す)げてもらえるので,いろんな鼻緒の在庫を見せてもらった。
 黒地に白のピンストライプ/黒地に白の市松格子・・・etcいろいろ見たけど,
 結局,ここの店が別注した太い鼻緒が一番楽ということで,
 唯一残っていた渋めの薄茶色に決定。
 ちなみに下駄台は「むさし」というタイプで,
 底にゴムが貼ってあるのでホテルやデパートでも履けます。
 
 生まれて初めて,自分の下駄を準別注し,
 昔ながらの鼻緒を挿(す)げる作業を見ました。

 すると・・・なんと職人の中辻さんは左利き! 日本の職人さんに何と左利きが多いこと。
 完成まで約20分。自分の足にピッタリ合った下駄ができました!
Dscf0840
(●写真)は,完成した下駄を持った職人で店の主人の中辻さん。


2007/06/13

無農薬山田錦の水田に鯉を放流:湖面を彩る「燕子花」

Dscf0732☆日曜日は,早朝5時から起床し・・・
 酒屋からのお迎えの車に乗って,
 先月,「琵琶の長寿」池本酒造の山田錦を田植えした高島市今津町酒波へ。
 今回の目的は,田んぼに小さな鯉を放すこと。
 その鯉達が,外敵である鳥から身を守るため,
 水田をあちこち動き回ると水が濁り,雑草が生えにくくなる,
 という,自然の摂理を利用した農法です。

 水田を見たところ・・・ 「無農薬山田錦」 は順調に生育しておりました(●写真)。


Dscf0746ところが・・・集合時刻の午前7時に現地へ到着したものの・・・
 来ているのは,酒屋と私と,もう一組(酒屋の客である家族連れ3名)のみ!
 どうやら,午前7時では集まりが悪いので,蔵元が午前10時へと全体集合を変更したらしい。
 酒屋が蔵元の専務に電話をかけたら,そんな調子だったので,
 酒屋とその一行は,先に指導してくれる農家の家に待機している鯉を網ですくい,
 大半の鯉を水田に放流(●写真/鯉を持つ手は池本酒造専務)。

 じつは,水温が低い時間帯に放流して,鯉が,その水温に慣れておかないと,
 水温が高い時に放流すると,死んでしまうらしい。

 その後,午前10時に30〜40名近くの参加者が集まりましたが,
 残った十数匹を子供達が放流しただけ。^^; ところが・・・集合時刻の午前7時に現地へ到着したものの・・・
 来ているのは,酒屋と私と,もう一組(酒屋の客である家族連れ3名)のみ!
 どうやら,午前7時では集まりが悪いので,蔵元が午前10時へと全体集合を変更したらしい。
 酒屋が蔵元の専務に電話をかけたら,そんな調子だったので,
 酒屋とその一行は,先に指導してくれる農家の家に待機している鯉を網ですくい,
 大半の鯉を水田に放流(●写真/鯉を持つ手は池本酒造専務)。

 じつは,水温が低い時間帯に放流して,鯉が,その水温に慣れておかないと,
 水温が高い時に放流すると,死んでしまうらしい。

 その後,午前10時に30〜40名近くの参加者が集まりましたが,
 残った十数匹を子供達が放流しただけ。^^;


Dscf0787 その後は蔵に戻って「利き酒」をしたり・・・
 昼食後は希望者が,マイクロバスに乗って
 処女湖という場所に群生する燕子花(かきつばた・写真)を見学し解散しました。

☆その燕子花(かきつばた)。
 アヤメ科の多年草。
 花言葉は・・・
 「懐かしい追憶」
 「信じる者に幸運」 
 「よき便り」
 「神秘的な人」
 などがあります。

2007/06/12

戦争したくなかったら読むべき漫画:「はだしのゲン」

京都/広島/小倉/新潟・・・これらの街は,何の候補地だったか,知ってますか?

《原子爆弾》の投下予定地だった都市の名前です。

ちなみに・・・京都の街も,少しではありますが・・・アメリカ軍から爆撃を受けています。
市内でも今熊野あたりに投下されているということなので・・・三十三間堂からも比較的近い。

そして・・・ふと思い出したのが・・・
イギリスにある戦争博物館で見た日本のロケット特攻機「桜花」でした。
その「桜花」の横には,原爆を投下したアメリカの爆撃機「B29」も展示されていました。
見た瞬間・・・何とも馬鹿(バカ)げた人間爆弾だ!と素直に思いましたが・・・
驚いた事に・・・アメリカ軍は「桜花」のコードネームを「BAKA」としていたようです。

http://www.geocities.jp/bane2161/ouka.htm
↑ここに「桜花」の説明あり。

若き戦士の死を「桜の花びら」に喩えることが多いですが・・・
「桜花」で出撃する特攻隊員に桜の花の枝を手渡す写真まで有るというのですから・・・
なんだか・・・桜を見ると・・・寂しささえ感じてしまうわけであります。

---------------------------------------------------------

そんな余談はさておき・・・小学生の頃,母親に初めて連れて行かれた映画が,
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」ならば・・・
寺の坊主の息子に誘われていったアニメ映画の次に見たのが・・・「はだしのゲン」。
「釣バカ日誌」のスーさん役・三国連太郎氏は,この映画で初めて知りました。
その映画の原作ともいえる漫画の「はだしのゲン」ですが・・・映画を見た後,
漫画を買って,何度も何度も読み返しました。

そして,ふと,また読みたくなって,先日,購入。
ストーリー展開はわかっているものの・・・年齢がかわると・・・読み方もかわってきますね。

反戦思想を持つ立派な父親の家庭で・・・
周囲の人からは「非国民!」とバカにされたり,差別されながらも・・・
家族が助け合って,貧困と屈辱に耐え抜く。

ただ.そんな家族愛も・・・一発の原子爆弾で粉々に引き裂かれてしまう・・・。
全編を通して・・・読む人によって「左翼思想」と取られるストーリーと台詞の展開が多いものの,
原子爆弾が投下されて・・・皮膚がドロドロになって死んでいく人たちや,
家の下敷きになって,父親や姉,弟が,火に巻かれて死んでいくシーンは,
それを現実に体験した作者がリアルに映し出した描写でもあるだけに・・・
初めて読む人にとっては・・・かなりグロテスクかつ汚く見える描写かもしれません。

でも,それは・・・過去にあった人間の現実です。
「核武装とは何か」を知るためには・・・一番,身近でわかりやすい漫画だと思います。

ちなみに,英語等・・・いろんな言語で翻訳されていますが・・・中国語版はないようです。
その理由は・・・「核武装にとって都合が悪いから」とか・・・。

とまれ,この「はだしのゲン」,
小学生でありながらも,生きるための知恵を駆使して生きていく主人公のゲンの姿は,
読んでいて・・・重い内容ながらも,現代人に勇気を与えてくれる。
そんな漫画です。

以前,ロンドンで,イギリス人の友人のアパートに居候していた時,
「はだしのゲン」の英語版を,偶然に書店で見つけ,友人に渡しました。
すると翌日・・・
「一晩中読んで・・・涙が止まらなかった」と言っていました。
やはり思う/感じる事は,国籍を問わないようです。

そして・・・徴兵制のある国では・・・男が凛々しくなるという主張をする有名漫画家がいますけど・・・
本当にそうなのか? 確かめたいところです。
世の中,「男性的」すぎても・・・結局は争いごとばかりじゃないですか?!

2007/06/11

「クラブレフティ」のリニューアル:左利き・中川翔子のホットビューラーは「左利き仕様」なのか?

☆コンテンツをわかりやすくしたほうがいいかなと思い,
 拙サイト「クラブレフティ」をリニューアルしました。

 http://homepage3.nifty.com/club-lefty/
 ↑ぜひ一度,お立ち寄りください。

 一部,編集中のページがありますけど,
 急ピッチで充実させていきます。
 左利きの方・・・ご要望があれば,お知らせ下さい!


☆左利きといえば・・・このところ中川翔子の
 「しょこさんブログ」はずっとチェックしてませんでしたが・・・
 まつ毛にマスカラを塗った後に使うホットビューラーを
 左手に持っているシーンを発見!

 http://yaplog.jp/strawberry2/9
 ↑これは左利き用のなのでしょうか?
 気になるところです。

2007/06/10

夢二の原画をモチーフにした浴衣

070608_165801☆ふと立ち寄ったショッピングセンターのユニクロで,
 浴衣を売っているのは知っていましたが・・・
 今年のコンセプトは(●写真中)のように「竹久夢二のゆかた」だそうです!
 竹久夢二というのは,良いところに目をつけたなあ,と。
 絵の世界を忠実に再現してるのかな?と期待してみましたが・・・
 う〜ん,何か違う。
 どことなく色合いが,浴衣としては重い雰囲気。
 あるいは,柄の染めが,今ひとつ鮮やかでない。
 
 やっぱり,大正ロマンっぽく見せようと思ったら,
 夏の浴衣ではなく,
 絹の銘仙で再現してほしかったですね。

 とまれ,浴衣と帯のセットで,なんと3990円!
 浴衣は綿で,帯はポリエステル。
 帯締めの説明書もついてました。
 
 同じコーナーで売っていた下駄を買っても,プラス1000円で,
 全部で4990円!
 これなら気軽に好奇心で購入できる価格ですね。
 
 ただ,ユニクロ製って・・・どこかで誰か同じ物を着ている人と出会うだろうし・・・
「どうかなあ?」と思うところ。

 個人的には,女性も男性も・・・夏といっても・・・浴衣より,
 半襟を見せる着物姿が,やっぱり良いです。
 
 でも,今年は浴衣を販売している店をいっぱい見かけるし,
 何事も「きっかけ」が大事ですからね。
 それにしても・・・どうして男物は「浴衣」じゃなくて「甚平」なのか?!(●写真右)
 男物のほうが帯結びも簡単なので,
 中途半端なチンピラみたいに見える甚平ファッションより,
 渋めの浴衣を着た凛々しい若い衆を,いっぱい見たいものです。

 ちなみに,同じフロアーの別の店で,
 男向けの浴衣と帯のセットが9800円で売ってました。
 帯結び必要ナシのワンタッチ帯なので,簡単に着られますよ。

2007/06/09

男に「買わせる」雑誌発見!

Dscf0719☆滅多に雑誌を買わないのに,一目惚れしてかった「サライ」。
 「【全82ページ大特集】人生の幸福は厨房にあり 男の料理 基本の「き」」
 ということです!

 この特集の中で,ある料理の大家が・・・

 「失敗しても発見があり、楽しいのが、料理の醍醐味」

 と言っておられます。
 付録等も充実しておりまして・・・
 (●写真左)のように,スーパー等で使う「エコバッグ」や
 切り取って使う「料理カード」まで!
 自動車を運転するなんてことが男女「当たり前」になってきた昨今,
 次に男女共通する「当たり前」は「料理」でしょうか?
 まあ,料理なんて,本当は・・・育った家庭には「家庭の味」があって,
 それを親から習えばいいわけですが・・・
 こうして雑誌で「プロが直伝」すれば・・・
 例えば,一昔前のドラマみたいに,

 「これは,うちの家の味噌汁の味じゃない」

 と,嫁をイジめる姑の嫌味もなくて安心かもしれません。
 とまれ・・・この特集号は・・・
 男性のみならず,女性が男性に買い与えておくのも良いかも?!
 いや! 女性が自分用に買えばいいですよ。エコバッグが付いてますから。
 肉ジャガや親子丼等・・・基本的な料理は一通り掲載されています。

2007/06/07

新「男らしさ」の基準

☆日本に生きる,すべての殿方に朗報か?!

 http://news.livedoor.com/article/detail/3183561/
 ↑フランス人女性が力説!「日本人男性ってステキじゃない?」

 まずは一読してください。
 日本のビジュアル系バンドの追っかけをしていたフランス人女性です。
 だから,この記事は,少数派の意見であるかもしれません。^^;

 が,パリでコスプレやアニメを中心にした日本のサブカル関係のイベントに,
 のべ6万人の人が参加する昨今です。^^

 とまれ,どういう日本人男性が好みかというと・・・
 
 「日本人って、華奢だし体臭もないし、
 両性的な魅力を持っている人が多いと思う。
 もちろんフランス人がみんな日本人やアジア人に魅力を感じているわけじゃない。
 でもフランス人の男性の過剰な男らしさに辟易して、
 その反動で両性的な雰囲気を持つ日本人男性に惹かれる
 私みたいな少数派も確実にいる」

 というわけで「電車男」というよりは,
 「ビジュアル系バンド男」とか・・・あるいは,
 「メトロセクシャル」と呼ばれる男子が,
 一部のフランス人女性にモテるようです。
 もしかすると,歌舞伎の女形もモテるかもしれない?!

 「中性的」「清潔」そして・・・
 長所でも短所でもある・・・「シャイなところ」が,
 フランス人男性にはない魅力なのだそうです。
 でも,これには日本の男性には,かなりの自助努力が必要ですね。

 まあ,そもそも日本の男性ほど,
 その趣味がなくとも「女装」を受け入れられる男性は,
 他の国には,あまりいないかもしれない。

 http://www.geocities.jp/ntfujioka/sagicho.html
 ↑旧正月の15日に催される「左義長(さぎちょう)」と呼ばれる火祭りでも,
 多くの地域で女装した男が山車(だし・左義長)を担ぐ。
 「ハレの日」には性転換して,五穀豊穣を祈願するのであります!

 
☆ついでに<「男らしさ」チェック>というテストも・・・

 http://www.e-kotoba.net/e-top/e-mind/mind58.html
 ↑こういう項目だと・・・一気に「男らしさ度」が上昇する。^^;
 チェックの結果・・・新しい男らしさ度では75%でした。

2007/06/06

派手さはないが・・・見返り美人な酒「池月」

Ike石川県の「池月 みなもにうかぶ月 吟醸 ふな掛あらばしり」です。
派手さはありませんが,「生」の「あらばしり」なので,フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!という味わいです。
香りは・・・爽やかな「メロン香」の後に,お米の旨味が広がる印象。
槽(ふね)で搾っているので,味わいも優しい。

さすがに35%精米あたりの大吟醸ほど「喉ごしの滑り」はありませんが・・・ 綺麗な酒。
後で調べてみたら・・・

なんと麹米は「40%精米」(掛米は50%)!! 
これで四合瓶1575円は安い。

http://www.m-ken.net/maiikai/toriya/
↑蔵の説明のとおり・・・「鳥屋の水は、軟水で、出来る酒もどちらかと言えば、線の細い、女酒です。しかし、米の旨味を十分に引き出した、飲み飽きしない、シャープな辛口酒」ですね。


まだまだ,日本には無名でも良い酒をつくる蔵があると実感した一品です。


(使用米:山田錦<40%精米>・五百万石<50%精米>/日本酒度:+4.0/酸度:1.2/アミノ酸度:0.8/アルコール度数:16.2) 

2007/06/05

アブリル・ラヴィーン:Girl Friendの訳詞

たぶん・・・Japanese Versionの訳詞は/

「hey heyあの娘(コ)はイマイチ・・(ねっねっ)
 新しい娘が必要(hey hey)
 私なんていいじゃない・・・<(guitar)D- F#-G-G>(hey hey)
 私にはわかってる(no way no way)
 秘密じゃない (hey hey)
 私がなってあげる・・・<(guitar)D- F#-G-G>」


 という展開ではいでしょうか?!

 メッチャ積極的な女性が主人公の歌です。
 覚えておけば・・・世界中で歌えますね?

2007/06/04

早慶戦:野球&ラーメン。

☆この週末は・・・日頃,滅多に見ない「東京六大学野球・早慶戦」
 を何と2戦,テレビで見てしまいました。
 何とも世間的でありますが・・・「ハンカチ王子」斉藤佑樹選手を見てみたかったためです。
 そのために,2戦目(日曜日)も見るハメに。^^;

 ちなみに,慶應義塾大学関係者から見れば,
 「早慶戦」ではなく「慶早戦」と呼ぶそうです。
 2つの「广」の中に「K」と「O」を入れて「慶應」と書く人がいたら・・・
 それは間違いなく早稲田の関係者と思って間違いないです。

 それにしても・・・早稲田は,出身高校が「野球学校」だらけじゃないか!
 むしろ,地方の公立校出身者が多い慶應のほうが,頑張っている。
 自分は早稲田出身なのに,一戦目は「慶應勝て〜」と思った。爆。
 いや,学生時代,1勝1敗だと三戦目があって,
 たいてい月曜日の講義が休講になるから,それを思い出しただけかもしれない。

 まあ,早稲田のスポーツ大学ぶりは,今にはじまったわけではなく・・・
 大学の卒業に必要な単位取得のための「体育」の講義なんて,
 100種類はあるかと思われるスポーツから,自由選択してコンピューターで決定するというもの。
 中には,ボクシングや自動車(ラリー),ヨット,相撲,アーチェリー,ゴルフ・・・何でもアリだった。
 
☆また,ラーメンに話題を戻せば・・・

 ラーメンも,早稲田と慶應・・・それぞれ大学の近くに学生に愛された店があって・・・

 早稲田は・・・

 http://ramentheater.com/walk/merushi-_waseda.html

 ↑煮干し系の和ダシ路線の「メルシー」。かの大女優・吉永小百合が早稲田の学生だった頃,食べに行ってたらしい。
  今,食べたら・・・あらためて美味い!と思うかもしれない。

 http://www.hobidas.com/blog/daytona/yoshi/archives/2006/12/post_121.html

 ↑東京で最初に,本格的な味噌ラーメンを紹介したと言われる「えぞ菊」もあったな。

 BUT!!!! ラーメンで言えば・・・慶應の方がインパクト強大!

 http://paulhofner.blog.ocn.ne.jp/mikisama/2006/05/804_124f.html

 ↑これは慶應出身の方のブログだが・・・今や,弟子が各地に暖簾分けを展開している「ラーメン二郎」。
  学生時代,他流試合と思って三田にある本店に行ったが・・・注文の仕方がわからず,躊躇。^^;
  「大ダブル野菜」(麺大盛り/豚肉2倍/野菜多め)と言った符牒めいた言葉を,
  店の人と目が合った瞬間に言わねばならなかったのです。

 久しぶりに大学生の頃を思い出しました。^^  

2007/06/03

Tuck & Patti / Fried Pride(歌伴ギタリスト礼賛)

Joy☆Tuck & Patti:Tears of Joy

 白人のタック・アンドレス(guitar)と
 黒人のパトリシア・キャスカート(vocal)の夫婦Duoの。
 1stアルバム。
 大学生の頃,六本木ヒルズとなる敷地のアマンド交差点側に,かつて,
 「六本木WAVE」なる,ビル全部が音楽の空間だったスペースがありました。
 
 そこで,ジャケットを見て「一目惚れ」で買った一枚。
 しかも,CDではなく,敢えてAnalog Discで買いました。
 部屋に持ち帰り・・・レコード盤に針を落として驚愕。
 今まで聴いたこともないような,ギター演奏。
 パンパンと打楽器を打つように弾くかと思えば,
 とてもタッチの優しいアルペジオが聴けたりと・・・
 「静かな衝撃」を覚えました。
 そのレコード盤も,聴き過ぎて,今では雑音が酷いです。
 自分の中で「癒される音」を選べと言われたら,
 このアルバムは五本の指に入るでしょう。

 以上はさておき・・・

http://www.youtube.com/watch?v=nW09gNfLyPc

↑Cyndi Lauperの名曲「Time After Time」のカバー。
 「Tears of Joy」に収録されています。

Pride☆Fried Pride:Heat Wave

 しかしながら・・・
 日本にだって,Tuck & Pattiに全くひけを取らないDuoはいます。

http://www.youtube.com/watch?v=uiTx75OwXmE

↑You Tubeでも動画がありました?!

 個人的には・・・パトリシア・キャスカートのホノボノ感も良いけど,
 Fried PrideのShihoの力感のある歌いっぷりのほうが良かったりする。
 目を閉じて聴いたら・・・「えっ,これで日本のDuoっ?!」って,
 きっと目を疑う事でしょう。

 もはや,Tuck & Pattiとは別の世界を築いている,
 とってもセンスの良い日本のJazz Duo。

 もっと世界で羽ばたいて欲しいと思っています。


 Tuck & Pattiにしても・・・Fried Prideにしても・・・
 歌の後ろでの伴奏にキラキラと煌めくようなテクニックを披露するギター。
 ロックでもジャズでも・・・こういうタイプのギタリストが一番いいですね。

2007/06/02

「昭和モダンキモノ—叙情画に学ぶ着こなし術」

Kimono 図書館で見つけて,「読む」というよりは「見て」楽しんだ一冊。
 竹久夢二や高畠華宵...etcといった人気挿絵画家が,
 アンティーク着物の魅力というか・・・
 じつは・・・一番,現代的ともいえる着物の着こなし術を.
 今の時代に残してくれたことを感じられる一冊ですね。
 正直言うと・・・大正〜昭和初めの男の着物姿って,
 なかなか一冊の本として出版されないだけに,
 男性の絵も,正直いって見たい。^^;

 でも,この本,生前の高畠華宵と交流のあった女性が,
 描かれた女性の着物姿をもとにコメントされていて,
 時代考証はしっかりしてます。

 また,絵の世界にある着物を実物で再現していたりして,
 これは,とても,内容の良い本です。

 それにしても・・・この本で知った事。
 大正時代初めあたりまでは,女着物も柄が地味で,
 そのかわり,半襟に凄く凝ったということ。
 刺繍入りの半襟は大正3年あたりから流行ったというし.
 中にはダイヤや翡翠などを半襟につけて,着物よりも高価なものもあったらしい。

 ときどき,長襦袢の柄などで見かける「蜘蛛の巣」。
 じつはこれ,大正〜昭和の初め頃は,
 「いい男が引っかかりますように」
 という思いをこめて,
 水商売の女性が好んで着ていたということ。

 模様には,いろいろな思いが込められていて,見ていて楽しいです。

 とまれ・・・真の「大正ロマン」とは・・・

http://www.gallerysugie.com/mtdocs/artlog/archives/000034.html

↑甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと)の名作・『島原の女』(京の女)かもしれない。
 大正9年(画家26歳)の作品。
 これを見た時の衝撃は,スペインで見たピカソの「ゲルニカ」とは違った,
 強烈なインパクトがあったことを,いまだ憶えています。

2007/06/01

半額食料品の有効利用(^^)

Dscf0647自分自身は主婦(主夫)ではない独身なので,
 スーパーでの買物は,もっぱら遅い時間。
 というわけで,否応なく目にするのが,「半額」のシール。
 でも,買ってきて食べたはいいものの,ちょっと鮮度が・・・
 なんて誰でも思う事ですよね。
 というわけで・・・「半額」シールの代表格ともいえる「鶏の唐揚げ」に,ちょっとアレンジ。
 
 どことなく食後の「油っぽさ」を忘れさせてくれるような「レモンソースがけ」。

○材料
・鶏の唐揚げ(こういうのは半額になってから買ってください。笑)

・レモン果汁/大さじ4(焼酎などで使われる100%果汁でも十分)
・ケチャップ/大さじ2
・酒/大さじ2
・塩/小さじ2/3
・砂糖/小さじ2〜3
・胡椒/少々
・胡麻油/香り付け程度

・レモンの果肉/1/2個
 (グレープフルーツを食べる時のようにスプーンで取れば楽)

 1.買ってきた唐揚げは,電子レンジで温めておけばいいでしょう。
 2.上記のものを小さな鍋かフライパンで混ぜ合わせる程度に火を入れる。
 3.最後に胡麻油を香り付けに入れたら,唐揚げの上にかけて完成!

簡単だし,これからの季節,レモンの酸っぱさと爽やかな香りが,
嫌な湿気と暑さを,吹っ飛ばしてくれそうです。

本当に簡単なので,ぜひ試してみてください!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »