« 「電車の中で化粧する女たち」 | トップページ | 一番好きな人は誰なのか。 »

2007/05/17

オール4の美学「開運 純米吟醸」

070515_184601「入手容易」という基準で美味い酒を選べば「開運 純米吟醸」でしょうか。

今さら説明なんて必要のない,静岡の銘酒。
しかも,デパートでも比較的よく見かける標準的な「純米吟醸」。
「火入れ」で「加水(割り水)」してあります。

「五味」がバランス良く,しかも突出したところがないので,
どこかしら,東京・荻窪の老舗ラーメン店「春木屋」や「丸福」を思い出してしまいます。
五味を五段階で喩えれば「オール4」。
でも,これが一番美味いバランス。

食べていて,凄いインパクトを感じるわけではない。
でも,食べていて,全く味わいに抵抗感がない。
とてもスタンダードで王道な味。

その酒バージョンがこの「開運」でしょう。
料理人だけでなく,杜氏さんも「名」が付く領域に入った人になると,
「匙加減」が抜群で,食べた後/飲んだ後で,
「もう一杯」が欲しくなる,そんな余韻のいい,
しかし入手容易な一本です。

ちなみに,標準的?!ともいえる,アルコール15度台ではなく,
少し高めの16度台に設定されているけど,軟水(たぶん)ゆえか,
口中の広がりは優しいです。

« 「電車の中で化粧する女たち」 | トップページ | 一番好きな人は誰なのか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/15100420

この記事へのトラックバック一覧です: オール4の美学「開運 純米吟醸」:

« 「電車の中で化粧する女たち」 | トップページ | 一番好きな人は誰なのか。 »