« カワイイ足袋(笑) | トップページ | 身近な春の花の香り。 »

2007/04/22

本物の清酒(日本酒):不老泉の山廃仕込み。

Dscf0310☆「不老泉 山廃純米 生原酒」(上原酒造)

日本のあらゆる清酒の中でも「一番純天然素材の酒」。

目の前に,「十四代」や「磯自慢」といったプレミアが付く酒や,
今をときめく「獺祭」や「鳳凰美田」といった香り系の酒を出されても,

もし「不老泉 山廃純米 生原酒」が置いてあったら,
迷わず,こちらを選ぶ。
自分にとっては「香り系」から「味わい系」への扉を開いてくれた,
本当に,清酒(日本酒)らしい味わいの名作。

原材料の米作り(たかね錦という米)から,蔵での仕込みまで,
杜氏さんの手による酒ですから,
いつ飲んでも,作り手の心が伝わってきます。

素人が余計な説明をするよりも・・・

http://www.ex.biwa.ne.jp/~furo-sen/index.html

↑蔵元のサイトで,「山廃仕込み」や「木槽天秤しぼり」とは何か?を
 読んでみてください。

さて・・・最近,この上原酒造の酒は,
現代の時流に合わせてか?!香りがスッキリしつつある気がするけど,
この「不老泉 山廃純米 生原酒」は,
あの独特な土壁っぽい香りがあるし,
山廃の生の熟成は・・・鼻で感じるフルーティーさも,
ラムレーズンをはじめ,ドライフルーツのような落ち着きがあります。
また,鼻腔を抜ける香りは,
甘さを極限まで殺した,高級和菓子のような「和」を感じます。

軟水なので,穏やかな喉越しですが・・・
「人肌燗」にすると・・・
「嗚呼,この酒って辛いなあ」
と・・・生原酒とはいえ,キレの良さに脱帽。

個人的には,
「香り系」の酒は,一度,火入れして,香りを落ち着かせたもの。
「山廃し込み」は,もちろん火入れ酒もいいですが,
意外に「生」の「熟成」物で味わえる,熟したドライフルーツのようなフルーティーさが,
とても魅力的です。

「生酒」しかも「原酒」で二年は低温熟成させた「不老泉 山廃純米 生原酒」ですが,
火入れの山廃ほど「老ね香」や「熟成香」は感じられません。

それと,化学調味料未使用のラーメンスープと同様に,
最初の一杯目は,味が太くて腰のある味わいでも,
意外に,おとなしく喉を通り過ぎていきます。
が,二杯,三杯,四杯・・・と重ねるごとに,
この蔵のインパクトのある味わいが,押し寄せてきます。

蔵内に居着いた酵母を杜氏さんの熟練の技で「天然の優良酵母を純粋に育て」(山廃仕込み),
三日もかけて「木槽天秤しぼり」でゆっくり,酒を搾る。

正直言って,手間を考えれば,一升瓶3150円(税込)は,安いと思わずにはいられません。

« カワイイ足袋(笑) | トップページ | 身近な春の花の香り。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/14806706

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の清酒(日本酒):不老泉の山廃仕込み。:

« カワイイ足袋(笑) | トップページ | 身近な春の花の香り。 »