« 四月を告げる花:reversible半襟。 | トップページ | 左利きに関するAERAの記事 »

2007/04/14

日本の祭り:的屋(テキヤ):妖艶な夜桜

001_1この時期,どことなく夜桜と祭りの的屋で賑やかだったりします。

もう桜が吹雪いていますが・・・少しずつ葉桜になっていく途中の夜桜も妖艶なものです<●写真>。
この後,急に強い雨が降り,あたり一面は,まさしく桜吹雪となっていました。

それにしても,祭りって,やっぱり的屋(テキヤ/露店商)がいないと,雰囲気が盛り上がりません。

002<●写真>
子供の頃・・・食べたくても「あんな身体に悪い色を使った食べ物は,買ってはいけない」と親に怒られた逸品?!
なんと,初めて口にしたのは,二十歳を過ぎてから,奇遇にも東ロンドンの露店商から買ったものでした。
味は一言・・・「まずい」。^^;
非日常の祭りだから・・・こんなにセンスの悪い色の食べ物でも,どこか美味しそうに思えたのかもしれません。
それにしても,私の子供の頃は,そこかしこに林檎飴の食べさしが捨ててありましたけど・・・最近は,あまり見かけません。

003<●写真>
やっぱり,水面に対して,平行に金魚はすくわないといけせんね。笑。
一時期,「ゴムボールすくい」なんてものも見かけましたが・・・
残酷かもしれませんが,やっぱり,祭りは「生き物」がらみこそ猥雑な雰囲気が出ます。
子供の頃には・・・「鯉釣り」(エラに針を引っかける)「ヒヨコ釣り」(ウドンを食べさせて釣る)なんてものもありましたが・・・ヒヨコを釣ったところで,鶏まで成長させた人は・・・ほぼ皆無です。知り合いでは一人だけでした。いろんな所をたらい回しにされて,生き物も疲れきってましたね。

« 四月を告げる花:reversible半襟。 | トップページ | 左利きに関するAERAの記事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/14673574

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の祭り:的屋(テキヤ):妖艶な夜桜:

« 四月を告げる花:reversible半襟。 | トップページ | 左利きに関するAERAの記事 »