« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/22

「男の粋」。

ここ近年,「和柄」をペイントしたジーンズや,着物柄のシャツを展開するboutiqueがけっこうありますが・・・

じつは,自分自身,ハワイアンが有る生地を工夫して仕立てたアロハシャツを除いて,あまり着たいと思いません。

理由は・・・わざとらしい「見せかけ」を感じるからです。それと,よほど品良く着こなさないと,昔のツッパリ(ヤンキー)連中の学生服や暴走族の特攻服になってしまいます。いや・・・ツッパリ(ヤンキー)連中の学生服には,表向きだけじゃない粋(風流)があった。笑。


その原型ともいえるのが,男性着物の裏地。女性と違って,着物や帯の柄に凝ることはできない。派手な装いもできない。特に,町人は,高級感を表に出すと咎められるから,表地は一見すると地味な紬(つむぎ)を着たり・・・表向きな遊べない分,見えない裏地に,「粋(風流)」を求めたという訳ですね。

1写真は・・・私の曾祖父が着ていた羽織についていたという裏地。

嗚呼・・・素晴らしいの一言。

明治〜大正時代あたりのものなので80から100年以上前のものです。

さかが裏地。されど裏地。
これ,プリントではありません。ちゃんと織ってあります。

2四枚の写真みたいになっていますが・・・「京の四季」ですね。

春:保津川下りと桜
夏:宇治川の鵜飼
秋:清水寺と紅葉(●写真上)
冬:雪景色の金閣寺(●写真中)

それにしても・・・このレイアウトの美しさ。(●写真下)

全体的に,色味は褪(あ)せてきていますが・・・見えない場所で「一番遊ぶ」風流。

でも,決して,それを,よほどの仲間でない限り,他人には見せなかったと思われるところに,奥ゆかしさを感じてします。

そう思うと・・・今の洋服に多い「ブランドロゴの見せびらかし」は,一番ダサイなあ。苦笑。

3

2007/02/18

藤原&陣内挙式:雛人形:左右差。

昨日,藤原紀香&陣内智則の挙式がありましたけど・・・

写真のような色の衣装でしたね。

さて・・・バレンタインデーなんて,どこ吹く風。

これから先は・・・
3月3日が「雛祭り」(女性向け),
4月4日が「同性愛者の日」,
5月5日が「端午の節句」と続いていきます。

070217_183501さて・・・このところ,「和」を感じさせる空間では,
「雛人形」が飾られていますが・・・,
よーく人形の目を見てください(●写真)。

関西の人形は,目が細長く,切れ長です。
いっぽう,関東の人形は,目が今っぽいくっくりした,大きい瞳をしています。
というわけで,藤原紀香は,関西出身とはいえ,目鼻立ちはクッキリなので,
人形に喩えれば関東系といったところでしょうか。


人形の相貌だけで,これだけ差がありますが・・・もっと違うのが,男女の配置。

関東と関西では,お内裏様(だいりさま)とお雛様(ひなさま)の位置が,
全く逆になります。

070217_183502ちなみに<写真>は,関西の配置です。

こういった左右差は・・・たとえば,地下鉄のエスカレーターに乗る時,
どちら側に立つかでも,関西と関東で差があります。

閑話休題。
雛人形の話題をしていたら・・・
突然,girls groupのサウンドを聴きたくなりました。


Ronettesということで・・・久々に,The Ronettesをターンテーブルに置きました。
誰もが知ってる「Be My Baby」ではなく,いつも真っ先に聴く「Baby I Love You」を聴いて終了。

2007/02/15

資生堂「花椿」。

ここ最近,日本では,メンズエステだとか,メンズのフェイスケアだとか・・・男性の美容が話題になること,多し。

ちなみに,自分自身は,そんなこと全くしていません。^^

Dscf0054でも,折を見ては,訪れるデパートの化粧品コーナーで,資生堂が,毎月,発行している「花椿」をゲットすることは,ままあります。

以前なら,どこの資生堂へ行っても,何気なくショーケースの上...etcに置いてあったのですが・・・最近は,美容部員に訊ねないと,もらえません。しかも,在庫切れのペースは年々早くなっているので,今月号は諦めています。

じつは,この「花椿」,一部書店では100円で売られていますが・・・扱っている書店を探す方が大変なので,さすがに買ってまで読む気力はナシ。

さすがに,化粧品のお客さんは女性がメインですから,「花椿」の誌面構成も,前半は,女性のfashion trendがメインだったりします。が,書評やアート情報,音楽の話題...etcは,十分に男女が共有できる話題です。一度,自分の本も紹介してもらったことがあって,それが縁で,時折,見て/読んでいるわけです。

それと,化粧品の広告は,ほんの少しです。

化粧品の賛否はさておき,下手な雑誌よりも内容が良いと素直に思える「花椿」。女性の方は知ってると思うので,むしろ,男性にオススメしたいです。


Nao8110761199849閑話休題。

今年の冬は・・・本当に雪が降らない。
暖冬って,ちょっと怖いです。

二年前の今頃には,左の写真みたいな,雪に埋もれた花を携帯電話のカメラで撮ったのに・・・今年は・・・雪景色らしい雪景色を一度も見ません。

それが,どことなく寂しい気もする今日この頃です。

2007/02/10

「AERA(アエラ)」2月12日号にて,左利きの話題でコメントが掲載されました。

妻夫木聡が表紙写真ということもあり,購買者が多く売れ切れ続出だったかと思われますが・・・「AERA(アエラ)」2月12日号にて,「右利き女は左利き男に惹かれる?」という記事があります。(P60-61)

その記事では・・・さまざまなアンケート結果から,左利きの話題が展開されていますが・・・僭越ながら,私のコメントも紹介されていますので,もし,お手元にあるか,どこかで目にされましたら,ご一読ください。

2007/02/04

新年最初に飲んだ清酒。

もう一ヶ月も前の話ですが・・・,正月ということで,何本かの清酒を飲む機会がありました。

でも,正直言って,どれも高レベルなので,あんまり並べて飲むものじゃないですね。苦笑。


153898007_171●「開運 遠州の四季 初蔵出し しぼりたて原酒生酒 18BY」(静岡)

地酒ファンなら誰でも知ってる「開運」ですが,これは静岡県内限定バージョン。全国流通の同スペックのものと比較すると,値段はほぼ同じでも,使用米や味わいに格段の差あり。これで一升瓶2310円(税込)は,かなり安い。
これは今回の中でも唯一,醸造アルコールが添加された「本醸造」タイプ。よって,アルコール度数が20度近くありますが,刺々しいアルコール感はなし。いかにも生酒!といった「麹の華」が咲き,ほのかに発泡感もあります。

(使用米:兵庫産特A地区山田錦/精米歩合: 60%/アルコール度数:19-20度/日本酒度:+4/酸度:1.5/酵母:静岡酵母HD-1)

●「琵琶の長寿 純米吟醸 生酒 かすみ酒 18BY」(滋賀)

大学生の頃,散々安酒で頭を痛めていた自分を,ある時,日本酒に目覚めさせてくれた「琵琶の長寿」。近年は,スッキリ感が強いですが・・・今回の清酒の中では,一番ライトな感覚です。酸も高くて,想像よりも後口はキリッとした辛口に仕上がってます。
冷蔵庫から出したばかりの段階ではマスカットっぽい麹香がただよいますが,温度が上がるとマスクメロンや瓜系の香り。この酒のみ燗をつけましたが,このメロンっぽい味わいが全く崩れませんでした。燗もイケる生酒です。

(使用米:玉栄/精米歩合: 50%(麹米):55%(掛米)/アルコール度数:15.5度/日本酒度:+4/酸度:1.6/酵母:9号酵母1)

153898007_143●「國香 純米吟醸 伝一郎 斗瓶囲い無濾過生原酒 18BY」(静岡)

出ました! 小さな蔵だけど,これぞ静岡の酒と思わずにはいられない・・・個人的には独特な個性を感じる一本。去年は「特別純米 中取り」を買いましたが,今年は,ほんの少し贅沢な「純米吟醸 斗瓶囲い」にしてみました。
こちらは・・・斗瓶囲いだけに濃厚な味わいで,澱(おり)が絡んでほんのり白く濁っていますが,ベタつきは微塵も感じません。日本酒度が+7だけに後口がキリッと辛口です。
「特別純米 中取り」とは若干違った,この蔵独特なメロンっぽい香りが,やっぱり,この國香にもありました。立香はかすかなれど,口に含んだ時の香りは,今回の酒のなかでは,一番新鮮で個性的なフルーティーさがありました。

(使用米:山田錦/精米歩合: 60%/アルコール度数:16-17度/日本酒度:+7/酸度:1.3/酵母:静岡酵母HD-1)


●「白露垂珠 純米吟醸 出羽燦々 生詰 17BY」(山形)

これだけは,新酒ではなく,一回瓶火入れ。平成17酒造年度に鑑評会で金賞を受賞したお酒の75%がこの純米吟醸を使用しているそうです。
よって,瓶には「金賞受賞酒」というシールが貼ってありました。
米の旨みと甘味は,この酒が一番感じます。しかも精米歩合が40%なので,喉ごしがとてもスムーズです。鑑評会に出品されていたときは,より香りが高かったと思いますが・・・今の段階では,熟れたラフランス(梨)や,桃っぽい香りか?!
口に含んでから鼻腔を抜けるときの香りが上品で,しかも税込3675円! 「金賞受賞酒」というと,一升瓶で1万円もする酒が多いですが,これは,とても良心的な価格ですね。「大吟醸」にせず「純米吟醸」として出荷しているのが心憎いです。

(使用米:山形県羽黒産出羽燦々/精米歩合: 40%/アルコール度数:16-17度/日本酒度:+-0/酸度:1.2/酵母:山形酵母)


とまれ・・・正月だから,それなりのグレードの酒が揃いましたが・・・今年は,さらに「安くて美味い酒」を追い求めます。笑。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »