« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/30

大人の絵本:『かもめ』挿画に想う。

319459375_24『かもめ』(2005年/アートン)は大人の絵本。

文は寺山修司。絵は下谷二助。これを見て・・・図書館で借り,絵本なので短時間で,何度も読み返した。もちろん,この本は,後日,あらためて書店で購入します。

原作のテキストだけで,いろんな情景を想像するのも楽しいですが,挿画があって,もし描いた人の思い入れが半端じゃなかったら,より原作が活き活きしてくるから,新しい発見があります。この本は,まさしく「それ」でした。

「海で死んだひとは、みんな かもめになってしまうのです」という,フランスのシャンソン歌手・ダミアの歌の一節から,この絵本ははじまります。人生って,なかなか上手くいかないなぁと振り返る老人が,初恋の女性を想う気持ちこそ,ささやかな幸せだと・・・甘くない現実生活の裏側で持ち続ける男のロマンスといった内容でしょうか。ストーリー展開は,女性が読んだほうが切なくなると思います。

といったストーリーに興味を持った方は,手にとって,どこかで読んでいただくとして・・・絵を描かれた下谷二助さん,じつは,生まれて初めて出版した自著(Mixiでは書名や名前は伏せさせてください)の表紙の絵を描いてくださった人です。

とても個性の強い,いわゆる「ヘタウマ」っぽいタッチの絵。ずっと以前から目にすることはあったのですが・・・最初に見た時は・・・

「自分の本のイメージと違う!」

と,自分自身,不満でした。が,月日が経つごとに,他の本にはない独自性があるなあって,印象がかわってきました。
しかも・・・ミリオンセラーになった『買ってはいけない!』の表紙の絵も,下谷二助さん。今を思うと・・・本の装幀者といい,イラストといい,編集者といい・・・ずいぶんと有能な人達に支えてもらった。無かったのは,自分の文才と人間性だったと猛省。^^;

http://www.artone.co.jp/books/107.html

↑に挿画を描き終えられるまでの苦悩が綴られています。


それにしても・・・物語の中で,船乗りだった老人が少年時代,初恋の人との別れ際に言った台詞・・・

<「きみの髪の毛をすこしおくれ」と少年は言った。
 「それをたばねて、ぼくの船の帆柱にくくっていこう。
 それがお護りになって、いつもぼくと
 いっしょにいてくれると、きっと安心だよ」>

ロマンチストだなあ寺山修司は,と思ってしまう一文です。


2007/01/22

「萌える」とか「モテる」とか言うけど・・・。

Ai「ひきこもり」等をテーマにした著作の多い精神科医・斎藤環氏と,『負け犬の遠吠え』の著者・酒井順子さんの対談本(新書版)を見つけ・・・何となく,あっという間に読み終えました。

タイトルは『「性愛」格差論 萌えとモテの間で』。

じつは・・・『負け犬の遠吠え』って読んだことがありません。もう「負け犬」という言葉そのものが古臭いですね。苦笑。

ただし,書いているあることは,いろんな所で紹介されているので,想像がつきます。ここで細かいことを書かなくても「負け犬」の意味は知っていると思いますので,割愛します。

そもそも「負け犬の遠吠え」で書かれた「負け犬」に相当する女性は,それなりに「美味しい思い」もしてきた人です。でも,本当の意味での「負け犬」なら,本を読む以前に,大いなる人生の絶望感を味わっているはずです。

まあ,出版社が本を売りたいので,何かと刺激の強いタイトルを付けたいという意向があるとはいえ,34万部も売れてるとは・・・驚いた。しかも,酒井さん自身の事でもあるから・・・やっぱり女性は強い。

この本で語られている酒井さんの意見も,さほど引っかかるような事はない。むしろ・・・酒井さんが,斎藤氏から「専業主婦への憧れを持ったことはありますか。」という質問に対して,それを否定しつつ・・・

<結婚しても,仕事は続けていくと思います。ただ,十分養ってくれるだけのお給料をもらっている旦那さんがいて,私は本当に書きたいものを時間をかけて書くだけでいい,という生活には憧れます。今は,親の面倒を見ないといけないというプレッシャーや将来への不安も多少持ちつつ,なので>

と,本のなかで話していますが・・・,「十分養ってくれるだけのお給料をもらっている旦那さんがいて,私は本当に書きたいものを時間をかけて書くだけでいい」という理想のいっぽうで,「親の面倒を見ないといけないというプレッシャー」という現実との板挟みを吐露しつつ・・・うまく本心から逃げてるな。笑。凄く普通の感覚(世間体的発想)をお持ちだから,たくさん本が売れるのだと,あらためて感じた次第です。もし上記のような文章を,男性の著者が書いたら,完全にバカにされて終わります。

その点で,近い未来には,古臭い一キーワードとなりうる可能性大です。


しか〜し,日本で生きる人たちは,どうしてここまで,自虐的に自分を弱者の側に置いて,そのじつ,ある種の快感を得ることもあるのでしょう?! ある程度,他人は他人,自分は自分と,割り切って読めれば問題はないのですが・・・またまた「日本人論」みたいに集団催眠にかかるから,余計な悩みも増えまくりだわ。苦笑。

むしろ,あとがきで,酒井さんが書かれている一文に注目。ここだけで,この本は十分,事足りるのではと・・・独身男性の側から思いました。^^;


<男女の違いこそ,上下とか勝ち負けとか幸不幸といった基準で計ることができない「差」であるのに,そこに上下関係を持ち込みたくなるのは,紅白歌合戦が人気番組として放送され続ける国における伝統のようなものなのかもしれません。が,その手の感覚を弱めていかない限り,晩婚化とか少子化は止まらないかもしれないとも,思うのです。>

それにしても,「少子化」はさておき・・・「晩婚化」って,そんなに悪いことか?! この複雑化・多様化する時代を生きるためのスキルとも思えるけど。否定的な評価をする必要ってあるの? とまれ,非常に常識的な話題でありました。 


2007/01/21

人類の右利き主流は二足歩行から?:中川翔子の左箸。

いやはや・・・左利きといえば,今や一ヶ月でのべ1000万アクセスもあるという「しょこたん☆ぶろぐ」の中川翔子さんが有名人として挙げられると思いますが・・・久々に左利きのシーンを見てみたら・・・ありました。

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/11484

↑ご興味のある方は,チェックを。


それより何より・・・拙サイト「クラブレフティ」を更新しました。人類の右利き主流は二足歩行が原因か?という,興味深い仮説を紹介しています。

是非,一度,お立ち寄りください。↓

http://homepage3.nifty.com/club-lefty/

2007/01/19

Bob Dylan:浦沢直樹 ::.. Going, Going, Gone ::..

ここ最近,どうも気分が routine workっぽくて,良くないなあと思ってたのですが,たまたまNHKで脳科学者の茂木健一郎氏が司会をつとめる番組で,漫画家の浦沢直樹氏が出ていた。

彼の描くマンガは有名なので,タイトルやちょっとした内容は知っていたものの・・・Bob Dylanの大ファンであったことは初耳でした。

手塚治虫とBob Dylanが創作の原点ということで・・・Dylanの「Going, Going, Gone」には,とくに熱い想いを持っておられるようで・・・自分も好きな曲なので,つい画面に向かって嬉しくなった。(単純・笑)

Dylanいかに多くの助手や編集者が支えてくれているとはいえ,週刊誌へのハードな連載を長年続ける漫画家の孤独感は半端じゃないと想像します。Dylanの詞も,後ろへ戻らないがゆえの「孤独さ」が魅力ですが・・・まあ,これといって才能もない自分自身ですが・・・大学生の頃,本当によく聴いた,「Going, Going, Gone」が入ったアルバム「Planet Waves」を,番組終了後,久々にターンテーブルの上に置きました。本当にいいですね。ディランの歌もさることながら,枯れた雰囲気のピッキングのギターに,日本の演歌とは違った渋みのある哀愁を感じます。

I'm going,
I'm going,
I'm gone.

http://blog.livedoor.jp/christmashorse/archives/11678826.html

↑ここに歌詞の詳細がありました。

Hellそして,ついでに「Going, Going, Gone」をカバーバージョンも聴きました。Richard Hell & the Voidoidsの2ndアルバム。Punkyでdullな雰囲気で,これもカッコイイですが・・・やっぱり,ディランに一日の長がありました。


まっ,自分自身,今年は・・・もっともっと頭を柔軟にして,「もっと人に楽しんでもらう」ことを頭に置いて,久々に,海外にも足を運んでみたいなと思う今日この頃です。

2007/01/16

MY大阪徘徊:通天閣の裏側の顔。

ちょっと以前の話・・・正月に大阪市内を徘徊したのですが・・・何故か通天閣が見たくなりました。

といっても,初代通天閣の電灯工事は松下電器だったのに,どうして,堺筋側から見たら「日立プラズマテレビ」と点灯しているのか,その真相を知りたかった訳ではありません。

まさに・・・「Another side of 通天閣」を見たかった訳であります。

というわけで・・・逆サイドから見たら・・・

314086143_38●写真1:二種類のメッセージが交互に点灯:その1。

「こころでつなぐ 防火の輪」・・・これは完全に,地元住民へのメッセージですね。特に,新世界一帯は・・・小さな木造家屋が密集していますから。


314086143_175●写真2:二種類のメッセージが交互に点灯:その2。

「元気な大阪、美しい水の都」・・・「元気な」という表現を使うことに,どこか寂しさを感じてしまった,点灯の瞬間。でも,このメッセージも,観光客向けではないような気がする。通天閣は,大阪の通天閣であって,大阪版「東京タワー」でも「名古屋のテレビ塔」でもないと思わせる一瞬。


314086143_210●写真3:新世界でふと発見した豆腐屋さん。

豆腐屋でありながら・・・「牛すじ」まであるのが,新世界(通天閣)界隈ならでは,というところでしょうか。とても古い豆腐屋で,しかも大阪で「京豆腐」も。こういう店が,いつまでも街角で残って欲しい。そう思いつつ・・・新世界界隈をあとにしました。

the end....只今のBGM:Honey suckle Rose

2007/01/14

キアヌ・リーヴスも真っ青 ?! の「特等席」と「左箸」。

嗚呼,寒い季節には,どんな高級料理よりもラーメンで身体が火照る快感にはかないません。苦笑。

というわけで,今回は,京都市某所で,これまで食したことのなかった「みそハーフ」を注文。白味噌と赤味噌のブレンド味です。サッポロ系の味噌ラーメンとは正反対のマイルド系。

さて・・・この「●●●」とラーメン屋さん(店名は見つけてください)。ハリウッド映画のスターであるキアヌ・リーヴス(KEANU REEVES)が来店したことで知られる・・・というか,店の入口の仰々しい週刊誌の記事コピーで知ったわけですが・・・一つ,驚くことを発見。

Dscf0108いつもはカウンター席に座るため気付かなかったのですが・・・テーブル席に座って,テーブル席側を見るなり・・・ビ〜〜ックリしました! キアヌ様が来店時に座った席に・・・ご丁寧?!にも・・・

「世界のスーパースター キアヌ・リーヴス様が座られたお席です」

と書かれてるじゃないの(写真中)!!! ここまでベタに表現されると・・・いやはや圧巻です。ちなみに・・・入口に貼られた週刊誌(週刊朝日)の記事コピーです。それによれば・・・

Nao8110726381951「キアヌ様は左手で箸を持っていたそうです」

こういう部分だけは,自分と共通ということで,カギカッコ(「」)に入れて紹介しておきました。苦笑。

しかし・・・ここまで「ご来店録」を強調されると・・・キアヌ様本人が来にくくなってますなぁ。笑。ちなみに,東京では恵比須の「花月」がお気に入りのようで・・・。「世界のスーパースター」が庶民感覚でラーメンを食されるのは嬉しいかぎりというか・・・さすが中国系の血が混じった人というべきか・・・。


2007/01/11

「チャーミング」かつ「熟れた」味わい;「大治郎 純米吟醸袋吊り」。

Dscf0061●「大治郎 純米吟醸袋吊り」

「大治郎」を醸す畑酒造には,一度,蔵訪問をしたことがあります。その当時で,生産高が120〜140石だったか。一年で,一升瓶で,せいぜい14000本あたりの,とても小さな蔵。

この酒は・・・山田錦を50%まで精米して,しかも,鑑評会出品酒のような袋吊り。でも,料飲店でも評価が高く,コストパフォーマンスが高い通常の純米原酒よりも,一升瓶で1300円分余分に払う価値があると思っています。大治郎なら,「純米吟醸袋吊り」がイチオシ。ちなみに・・・これは新酒ではなく,一年熟成させたタイプになります。

ここ最近,あまり「無濾過生原酒」を飲まなくなりましたが・・・大治郎こそ「無濾過生原酒」で飲みたい。酵母が「14号酵母」から「滋賀県工業技術センター」と変更されているようですが・・・味わいにもやや違いがありました。いつもながら濃醇ですが,従来よりも,やや引き締まった印象。でも,どことなくアプリコットや杏のジャムを思わせるような・・・熟れたフルーティーさは健在で・・・このところ,若干アルコール度数を調整している「大治郎」よりも,こういった「無濾過生原酒」のほうが「大治郎」らしいと思いました。

この蔵の味わいは・・・素直に応援したい。

(使用米:山田錦/精米歩合: 50%/アルコール度数:17.8度/日本酒度:+4//酵母:滋賀県工業技術センター)

●「雪の茅舎 山廃純米吟醸」

これは2006年12月のレビューで書きました。
附記があるとすれば・・・「人肌燗」がグッドです。

2007/01/09

大阪徘徊で発見!凄い祭用足袋。

お正月の終盤・・・しばらく足を運んでいなかった大阪・平野(郷)へ行きたくなり,久々に古くて風情のあるアーケード街を歩きました。
ここは、融通念仏宗の総本山である大念仏寺があり,平安末期から郷があったことがわかる,大阪でも古い地域で,個人的に好きだったりします。

残念ながら,祝日ということもあり・・・某寺境内にある「駄菓子博物館」は閉館していましたが・・・今まで通っても気付かなかった!凄い呉服店を発見!! 

Dscf0037●写真:平野のアーケード街で見つけた祭用衣装専門呉服店のマスコット人形。

東京の浅草や日本橋,神田あたりでは見かけたことがある祭用衣装店が・・・大阪では何と平野に! やっぱり平野は古い街だということが,この店の存在で証明されました! 

Dscf0038●写真:祭用の近代的足袋「エアージョグ」。

一見したところ・・・ふつうの足袋に見えますが・・・Dr. MartinもNew Balanceも・・・いやはやRock Portも真っ青?!の,エアー靴底搭載の逸品。いつか,海外で着物を着る機会があれば,迷わず足下は,これを持っていきます。

Dscf0039●写真:祭用の近代的足袋「エアージョグ」説明の拡大図。

です。

只今のBGM:Honey suckle Rose

2007/01/05

藤原紀香と日本酒効果。


日本では・・・「これでもか!」と,
陣内智則&藤原紀香の婚約会見の話題をしていましたが・・・
最近,紀香よりも陣内の方がテレビに多く出てないか?と思ってしまうのは,
自分が関西在住だからですね。^^;

それにしても・・・藤原紀香は,ホンネで話すときは,
いつも関西言葉になっているけど,相手が同じ兵庫県出身だからか・・・
会見は,ずっと関西言葉でしたね。

そんな話はさておき・・・以前から,
藤原紀香が美肌のために日本酒を風呂に入れて入ってるという話題があった。

インターネットで調べてみたら・・・ちゃんと関連記事がありました。

http://www.joho-kyoto.or.jp/~tomio/item/bihada2.html

↑他にも,サッカーの中山雅史選手の夫人や,服部真湖さんの話題もあります。

美顔/美肌といった女性のお手入れだけでなく・・・
中山選手のように,日本酒風呂に入ると身体がポカポカになると書いている。
一度,試してみます。笑。

酒の酒類は・・・オーストラリア産の日本酒でも使ってみようか?! 
純米吟醸の原酒で一升瓶1580円だから!

上記の関連記事には出てないけど・・・
萬田久子も日本酒で肌の手入れをしてるらしい。

ちなみに,男性でも,日本酒を醸造する杜氏さんの顔は,
凄くツヤがいいですね。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »