« ジョン・レノン(John Lennon)の命日 :: 12.08。 | トップページ | electronica :: noise/西洋的和物?! »

2006/12/10

「みんな」のバカ!

Minnaこのところの体調不良が長引いたため・・・部屋でおとなしく読書する機会がありました。その中からの1冊を紹介。


●『「みんな」のバカ! 無責任になる構造』(仲正昌樹/光文社新書/2004年)

「出る杭は打たれる」前に「出る杭にならないよう場の空気を読む」ことで,摩擦を避けることが「大人」とされる日本社会。なんて自分自身が勝手に思うまでもなく,困った時には「組織で決めたことですから」と責任の所在探しするシーンをよくテレビでも見ますが・・・読了後の感想といえば,どこか自分と似たような気持ちを持っている筆者というところ。

以下の一文は,筆者が一般論として書いてはいるものの,そのじつ,筆者の実感が伴っているように思えてならない。また,自分自身も,かつて,いや今でも(意識して「みんな」に溶け込もうとすると)時折痛感することです。

<新しく見つけた“みんな”の関係の内に何とか溶け込もうと努力している時点で既に,「わたし」は「みんな」から浮き上がっているのである。面白いもので,「わたし」の方が,「いつ切られるかもしれない」,「最後には守ってもらえないだろう」と警戒感を抱いていると,「みんな」の方も「わたし」から“自然”と引いていく。別に具体的に,「わたしはわたしだ」などと自己主張しなくても,いざという時に「わたし」が負うべきリスクを計算していたりすると,それが態度に出てしまい,「みんな」を寄せ付けなくなる>


« ジョン・レノン(John Lennon)の命日 :: 12.08。 | トップページ | electronica :: noise/西洋的和物?! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/13004460

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんな」のバカ!:

« ジョン・レノン(John Lennon)の命日 :: 12.08。 | トップページ | electronica :: noise/西洋的和物?! »