« 反流行の美学:「雪の茅舎・秘伝山廃・純米吟醸」 | トップページ | 見返り美人的な味わい:「池月 純米」(石川県) »

2006/12/16

『B型男と幸せになる方法』:血液型性格分類のキッチュさ。

B田中ひとみ著(2005年・東洋経済新報社)/少し以前に図書館で何気なく目に止まった一冊。著者は,自称「B型男研究家」のA型女性。「推薦の言葉」は,血液型性格学を広く世に広めた能見正比呂氏の息子・能見俊賢氏(最近亡くなられた/A型)。

この「血液型性格学」,科学というよりは,日本人論や疑似民族学とも言える気がしてなりませんが,昨今,火付け役の日本のみならず,韓国,台湾,中国でも話題になっているらしい。

ちなみに,日本は「A型社会」と言われていますが,まず気になるのが,世界各国の血液型分布ですね。面倒ですが,件の本の表から一部を列挙してみます。

------------------------------------------------------------------
■アジア■

インド (A型21%/O型29%/B型41%/AB型9%)
韓国  (A型32%/O型27%/B型30%/AB型11%)
日本  (A型38%/O型31%/B型22%/AB型9%)

------------------------------------------------------------------
■ヨーロッパ■

ドイツ  (A型43%/O型38%/B型13%/AB型6%)
イギリス (A型41%/O型47%/B型9%/AB型3%)

------------------------------------------------------------------
■その他の大陸■

アメリカ (A型41%/O型45%/B型10%/AB型4%)
メキシコ (A型11%/O型84%/B型4%/AB型1%)
ギニア  (A型17%/O型64%/B型17%/AB型2%)

------------------------------------------------------------------

といったところです。ちなみに・・・以前に見た統計では,中国や台湾の血液型分布でもB型は比較的多かったことを記憶しています。

日本は「A型社会」と言うが・・・日本と血液型分布が似た国はヨーロッパのドイツです。

参考までに・・・wikipediaの血液型性格分類の説明よれば・・・

「20世紀初頭ドイツにおいて、A型がB型より優れているという理論が広く支持されたことがある。これはヨーロッパ系民族にA型の人が多く、アジア系民族にB型の人が多いという事実に着目して、ヨーロッパ人によるアジア人支配を正当化するために用いられた理論である。」

とあります。20世紀の初頭といえば,日本がドイツから積極的に学問を輸入していましたし,この時代あたりから日本で血液型と気質に関する研究が始まっています。これは推測に過ぎませんけど,ドイツの文献を読んだ学者が,ドイツと日本が似たような血液型分布であることを知り,まずは,ドイツの研究を日本にも敷衍するような形で,研究が進められたのではないでしょうか。

また,日本の血液型性格分類でいけば,ドイツも「A型社会」と言えます。やはりドイツと日本は似ているでしょうか? 第二次世界大戦では枢軸国として同盟関係にありましたが。ただ「A型が優性」という考え方は,そのじつ,今の血液型性格分類の裏のホンネかもしれません。

もしそうだったら,B型の多いアジア諸国の人々は,血液型性格分類を信じることが哀れな行為です。

    
      ○       ○       ○       ○


以上のような真面目な話はさておき・・・
この『B型男と幸せになる方法』という本,
一見すると扱い難いB型男を,
本来相性が悪いと言われるA型の女性が「掌(てのひら)で転がす」的な内容です。ちょっと読んでみて・・・
もういい加減,血液型性格分類のパターンに飽きていますが・・・^^;
B型男にとっては,内容的に悪い本ではありませんよ。笑。

最終的には,A型の女性に煽てられて泳がせられればいいのですから。
ただし,美味い話には必ず裏があります。^^

視点を変えれば・・・日本国内では悪い特徴とされるB型の気質も,
日本以外では無問題であることがいっぱい有り。


とまれ・・・血液型性格分類って先入観が強いようで。
ちなみに,私は,B型と当てられたことが滅多にありません。
そんなものです。笑。


韓国では「彼氏にしたくない血液型のNo.1」がB型で『B型の彼氏』と映画が大ヒットし,歌まであると聞いたことがありますけど・・・これも日本の血液型性格分類の発展系ですね。苦笑。

ただ,韓国のB型男性は「自分たちは魅力があるから話題になって当然」と誇りにしているそうで・・・その態度で軽く流せばいいだけの話ですね。


« 反流行の美学:「雪の茅舎・秘伝山廃・純米吟醸」 | トップページ | 見返り美人的な味わい:「池月 純米」(石川県) »

コメント

>レッドアイさん

書き込みありがとうございます。
まあ血液型性格分類は一種の説ということで・・・そもそも科学にしたって「絶対」とは言い切れませんからね。

結局はコミュニケーションする人の「人となり」をどう受け止めるかの問題ですから。

こんにちわ。
わたしもB型ですけども、一発で血液型を当てられることは少ないです。で、でも、B型だとバラすと、″ああ、そう言えばそういう感じする~″って言われます。″なんじゃそりゃ!″って感じですわ。
 血液型分類はあんまり面白く無いなあとは思ってるんですけどね。四柱推命とかの性格分析のほうが面白いかなあっと思ってます。四つのパターンしか無いっていうのはあまりにも少なすぎて・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/13083046

この記事へのトラックバック一覧です: 『B型男と幸せになる方法』:血液型性格分類のキッチュさ。:

» 映画『B型の彼氏』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:My Boyfriend is Type-B 電車の中で愛の告白というのは恥ずかしいけど大胆でドラマティック・・でも、バスの中で目がくらみ彼が彼女の肩にもたれかかる・・洒落た遊び心なのだろう・・ 女子大生でミニスカートの可愛いハミ(ハン・ジヘ)、だけどA型で合コンも消極的、恋... [続きを読む]

« 反流行の美学:「雪の茅舎・秘伝山廃・純米吟醸」 | トップページ | 見返り美人的な味わい:「池月 純米」(石川県) »