« 茶目っ気たっぷりのデザイン:猛虎。 | トップページ | 「みんな」のバカ! »

2006/12/09

ジョン・レノン(John Lennon)の命日 :: 12.08。

051208_21270001何時から始めたのか・・・自分自身が定かでもなく,
さりとてジョン・レノンのコアなファンというわけではないのですが・・・
昨日も,朝起きて,一番目に聴いたのは
「(Just Like)Starting over」(アルバム「Double Fantasy」の一曲目)

曲の最初に鳴らされる鈴(りん)が・・・さくじ
だんだんと「●●忌法要」みたく感じられたりもしますが・・・
「利休 死すとも 茶は 死せず」でもないですが,
「ジョン死すとも ジョンの魂 死せず」というべきか?!


Our life together is so precious together
We have grown, we have grown
....

という詞で始まる,どこか「再生」というか「再誕」を感じさせる一曲。
大人のロックンロールですね。

次に・・・アルバム「ジョンの魂」(邦題)をターンテーブルにのせて「Love」を聴きました。

A is B
B is A
AB → C

「色即是空 空即是色」でもないですが・・・シンプルで美しい曲。
この曲の詞を聴いて,
「ジョンは詞を書く能力を失った」
といったようなコメントをした人が多数いたそうですが,
そんなに言葉が100%力を持つのでしょうか?
松尾芭蕉...etc俳句に触れた影響が,
この曲に如実にあらわれているそうですが・・・
晩年のジョン・レノンの顔は,私のイギリス人の友人いわく,
「日本人みたいな顔だった」と。

ビートルズ云々より,
「ジョン・レノンを通して日本を知る」的なところが,自分にとって興味があります。

Love is real, real is love
Love is feeling, feeling is love
Love is wanting to be loved

「feeling」というのが,どこか日本っぽくもありますが,
もしジョン・レノンが生きていたら,
「Love」を「want」(欲すること)のではなく,「give」(与えること)と
何か別の曲で歌っていたかもしれません。


その他,大好きな「Working Class Hero」や,
今年は「God」にも針を落としてみました。


ちなみに,12月8日は,
「ニイタカヤマノボレ・・・」が合い言葉の太平洋戦争の開戦日。
我思うのですが・・・太平洋戦争の開戦日もジョン・レノンの命日も
少しずつ人々の記憶から薄れている。
そんな気がしてなりません。

« 茶目っ気たっぷりのデザイン:猛虎。 | トップページ | 「みんな」のバカ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/12994462

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノン(John Lennon)の命日 :: 12.08。:

« 茶目っ気たっぷりのデザイン:猛虎。 | トップページ | 「みんな」のバカ! »