« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/28

美しさを欠いた日本語表記

228988007_156写真は,先日,某カー(car)用品店の前を通ったとき見た,カーナビゲーションシステムの広告です。

「車の中で見れる 地デジ」

何だか,かなり言葉が省略されています。正確に表現すれば,

「車の中で見られる 地上デジタル放送」

となりますが,いくらスペースの制約があるとはいえ,日本語の表現にうるさいご意見番なら,口角泡を飛ばして怒るかもしれません。

私は言語学の専門家ではないので詳しいことは言えませんが,日本語は随分と文法や言葉がアバウトに使われがちだなあと思わずにはいられません。かくいう自分自身,正しい日本語を使っているかと言えば・・・少し自信がないというのが現状ですが。苦笑。

できるだけ言葉は保守的であるほうが共通了解が多いと思われます。しかし「見れます」といった「ら」を抜いた表現が多くなるという現象は,ある意味,話し言葉を合理化したいという,人々の知恵や欲求かもしれません。

個人的には・・・「地デジ」という省略語は響きがダサい・・・「切れ痔(ぢ)」みたいな響きだぞ!と画面に向かって叫びたくなります。笑。テレビのCMで放送局の女子アナウンサーが作り笑いして「地デジ!」と声を張り上がるごとに思うわけですが(笑)・・・省略語に対しては,何か一工夫すれば,新しい話し言葉としてのポジションを与えて良いのではと思う今日この頃です。

たとえば・・・英語のように「’」(アポストロフィ)のような記号を採用すれば,日本語を母国語としない人々にも,言葉を類推するうえで理解が深まるのではないかと思うのですが・・・。

上記のコピーですと・・・

「車の中で見’れる 地’デジ’」

といったような雰囲気になるでしょうか。もちろん,どなたかタイポグラフィーやタイプフェイスの専門家がアイデアを凝らして,日本語の表記に合った何かを見つけだせば,きっと日本語がわかりやすくなると,私は何気なく考えています。すでに,そういった取り組みがなされているかもしれませんが。

ちなみに,このささやかな文章ですら,母国語が日本語ではない人々が読むこともあります。実際そうだったりしますので,表現の方法にも工夫を重ねていかねばと思うこと,しばし。ただし,そういったことを考えると,なかなか思いついたことを一筆書きのように綴れない事もありそうです。(^^;

追記:第二次世界大戦後,文豪・志賀直哉は,日本の国語を「文法がしっかりしていて,音韻も美しいフランス語にしてはどうか」といった内容のエッセイを,中央公論で発表しています。これを読んだときは・・・大変な日本語使いの大家の意見とは思えず・・・ただただ驚きました。


只今のBGM : massive attack / tear drop

2006/09/26

左利きの筆法について。

拙ブログの根幹?的サイト「クラブレフティ」にて,「左利き筆法の再考/書道教育的視点」を連載中。ご興味のある方は,是非一度,ご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/club-lefty/03/03a.htm

2006/09/20

moss side story :: communication

あまり長文を書くフィーリングではないので,ここ2,3日で聴いた作品のなかから。

Mossside●Barry Adamson :: Moss Side Story

70年代後期〜80年代前半のパンク・ニューウェーブサウンドでも,個人的によく聴いていた,マガジンやヴィサージ,あとはもうちょっと時代が後になりますが,ニック・ケイヴ&バッド・シーズ等でベーシストだったバリー・アダムソン。彼が育ったマンチェスターのmoss side地区の悲哀をサウンドトラック仕立てで表現した。個人的に名盤と思っている一枚。これはアナログディスクでの所有です。

ちなみに,マンチェスターのmoss side地区は,有色人種の移民やアイリッシュ等が多く住む,日本で言えば公団住宅や共同住宅が多い居住地区とのこと。

よくありがちなサントラ以上に,何かと語りかけてくるサウンド。しかしながら,ボーカル物ではないです。音そのものが語りかけてきます。海外の・・・どちらかといえばダークなサウンドを嗜好するミュージシャンらが,このアルバムを印象深い一枚とあげるようです。


Karlbartos●Karl Bartos :: communication

元クラフトワークのカール氏初のソロ名義アルバム。今はベルリンで大学の教授もされているようですが・・・アルバムのカバーからして,シンプルに4つ並んだピクトがいいですね。

それにしても・・・クラフトワークのポップな部分は,カール氏によるところが大ということを如実に表しているアルバム。このポップさが・・・やや古くさいと感じるか,大御所と思うかは,聴く人の感性次第というところでしょうか。

ちなみに・・・クラフトワークの面々は・・・昔から日本製の機材を使うことで知られていますが・・・このアルバムもソニーから出ていて・・・たぶん,カール氏もソニーのVAIOを使っているのでしょうね。

2006/09/18

プチ暴走族。

パソコンの中に入っているデジカメのデータを整理してましたら・・・昨年,イギリス人の友人が来たとき,彼が嬉しそうにとっていた写真が出てきました。

222579744_28
スクーターに乗った二人を見つけたとき「ボーソーゾク!」と友人は叫んでやけに興奮していましたが・・・地元で遊んでる若い衆じゃないかと。苦笑。

222579744_238しかしながら・・・車で追いかけて欲しい。写真を撮るからとダダをこねるので・・・まるで報道番組のようにしてついていきました。


222579744_98日本にいれば何てことない光景かもしれませんが,こうして見てみると,極めて日本くさいというところでしょうか。

ちなみに,撮影した場所は横浜から川崎に行く途中の道です。

2006/09/15

袋をかぶった猫。 

Nao810979923871このところ・・・すっかり陽光が秋めいて・・・気分的に落ち着きが出てきた今日この頃です。

二年前の話になりますが・・・久々の再会となったスペイン人の友人と某和紙工房を訪問したとき・・・ちょっと殴り書きで申し訳ないのですが,添付してある絵のような猫を偶然発見したのです。

誰かが猫の頭に被せたのか?偶然にも猫のほうから被ってしまったのか?スナック菓
子の袋が頭から取れず,のたうち回るかのようにあちこちの壁に頭をぶつけてました。

「あの猫を助けてやらないのか?」というスペイン人の友人の声に・・・いやはや車
を止める場所を決めるやいなや,さっそく降りて猫のところへ向かいました。けれど
も,たとえ袋で目が見えなくても,人影には敏感な野良猫。どこまででも逃げていけ
こうとするのですが,さすがにどこを走っているのかわからないので,ますます壁に
ぶつかってしまいます。それがいいのか悪いのかわかりませんが,追いかけるたびに
勢いがなくなり,壁の真ん前で猫をつかまえて,ようやく頭から袋を取ってあげまし
た。

その後はお礼の言葉をいただくこともなく(笑),どこかへ消えていきましたが・・・
車に戻ってから・・・スペイン人の友人が開口一番・・・

「スペインでは子どもがいらずらであんなことをするのを見たことがない」

って言い出したんです(^^;。う〜ん,今回の件がいたずらかどうかはわかりませんが,
動物虐待のニュースはよくテレビでも取り上げられますし・・・いつどこで誰が見て
いるかわかりませんので・・・動物へのイタズラはよ〜く注意してくださいね。

只今のBGM ...... Cornelius : WATARIDORI

2006/09/11

祝早稲田大学進学:話題の早実・斎藤佑樹投手。

あまり公の場で話をすることはないのですが・・・自分自身は早稲田大学の出身で,今回の早実・斎藤佑樹投手の進路について非常に注目していました。ちなみに,同じ早稲田の鳥谷選手が阪神に入団したときも,自分のサイトで取り上げました。右投げだが,他の行為の多くは左利きということで。

予想通り・・・「早稲田大学進学」でした。といっても,本人の口から「早稲田大学」と具体名は出ていませんが・・・他の大学であれば,具体的な名前が出てくるでしょうから,間違いなく早稲田大学ということでしょう。

ちなみに学生時代,早実は大学のすぐ近くにあり男子校でした。ちなみに,有名な卒業生は・・・いうまでもなく世界の王貞治氏。小学生の頃,テレビで「鶏ガラスープ」パワーみたいな話をされているのを聞いて以来,ラーメンでも,どちらかといえば鶏ガラ派です。あと荒木大輔やテリー伊藤,さらには小室哲哉といった人がいますが・・・かの竹久夢二が早実出身というのは,意外に語られていません。初めてそれを知ったのはかなり以前ですが・・・イメージとは程遠い「華去就実」が校風の学校に・・・大正ロマン・・・余談に過ぎませんが。

丸坊主が嫌いで,自分自身は中学までしか野球をやっていませんが,ことスポーツの情報にかんしては,毎日,スポーツ新聞をマメにチェックしています。というか,スポーツ新聞のレイアウトが大好きで,つい見入ってしまうということもありますけれども。苦笑。

とまれ・・・自分たちの学生時代には・・・巨人の桑田投手が,夢にまで見た早稲田進学をやめ巨人入りしましたが・・・家庭環境や時代の変化ともいうべき,斎藤投手の大学進学。高田馬場(早稲田)の本部キャンパスの文系学部だと人だかりで,結局は某女性アイドルの顛末が待ち受けていそうなので,所沢にあるスポーツ系の学部に入って,じっくりと野球だけでなく,一般常識やアメリカ行きへ向けて語学の勉強もしてもらいたい存在です。

おそらく・・・東京六大学では一年から投げるでしょう。ということは,早慶戦でなくても,斉藤投手が投げる試合は・・・神宮も満員になるでしょう。個人的には野球よりも球場近くのホープ軒のラーメン目当てかもしれませんが。笑。

ちなみに・・・自分自身は全く早実出身でもなんでもないですが・・・語学のクラスには早実出身者が3人ぐらいいました。つい最近まで商業科もあった(小室哲哉がそうらしい)ようですが,浪人で入学した連中が「商業科!」と小馬鹿にしていたのを思い出します。でも・・・おそらく日本で一番難しい商業科であったことに違いはないですし・・・そもそも・・・商業科のない「早稲田実業」って本当に「実業」なのか? 苦笑。今や,全国でも超難関校の一つであるようですが・・・自分たちが学生だったときに,大学近くの「メルシー」というラーメン屋で汗をタオル(笑)で拭いて,大学生と混じってラーメンをすする早実生の姿は・・・もう過去のものでしょう。

ちなみにこのラーメン屋,テレビによく登場する橋下徹弁護士も話題にしてました。


それにしても・・・高校の校歌は全く憶えてないのに,大学の校歌や応援歌は憶えている自分が・・・トホホです。ほとんどお経みたいなものです,というか,天才バカボンの影響は大きい。

「都の西北 早稲田の隣り・・・」

2006/09/08

お粗末?な空間 :: (附)ハモの顔

ある人にとっては大切な空間でも,自分にとっては全く要のない空間。

そんあ空間を携帯フォトしてみたら・・・さぞ醒めた感じになるだろうと思って撮った二枚です。

Photo●最初の写真は・・・とあるショッピングセンターで見かけたプリクラのブース。このロゴなんて,こうして静的に見れば・・・何だか歓楽街の風俗営業の看板みたいに思えてなりません。

でも,このなかで・・・みんな終わりのない日常(自分)を撮影しては記録しているわけですね。とまれ・・・このところ,日本のプリクラは,旅行で訪れる台湾や中国系の人からも大変人気のようで,カラオケと負けず劣らずの新しい日本文化の一つなのかもしれません。


Smokingarea●次の写真は・・・これも同じショッピングセンターで見かけた喫煙者のスペース。じつは三年程前までは,自分自身も一日一箱吸っていました。が,しばらく歯科医院に通うことになってから,生活習慣の見直し。ついでに,服につく煙の臭いは随分と周囲に悪臭を放っているかもしれないという懸念から・・・自ら「セルフ・メンズエステ」と命名し,完全に絶つことができました。

すると,しばらくして世の中は禁煙色が蔓延。すっかり流行に乗ってしまった形です。笑。こういうブースを見ていると・・・まるでアイスホッケーのペナルティボックスのような雰囲気です。何だか悪人みたいに隔離され見世物にされているようで・・・喫煙者も大変ですね。


Hamo●最後の写真は・・・滅多にみないかと思い,ハモの顔をアップで撮影してみました。ご興味のある方は,とくとご覧下さい。


只今のBGM/Captain Funk : Bustin' Out 74 Minutes Mix

2006/09/07

食欲の秋をアシストするお酒二種:「東北泉」と「義侠」

106449042_132s先週末に晩酌のバトンタッチしたお酒2種です。いずれも,日頃よく飲む銘柄です。それと・・・「生」と「火入れ」なら後者を飲む割合がかなり高くなっています。

●「東北泉 雄町純米」(山形県/火入れ)

個人的に,購入するたびに好きになっていく「東北泉」。これ・・・たぶん「ちょっとおまち」というラベルでも売られているものではないかと思います。辛口バージョンもあります。
立香に派手さはなく「雄町」という米を使った酒を飲むと口中での膨らみが大きい印象があるのですが・・・この酒はやさしい酸味と嫌みのないバランス感のある味わいに,すごく安心感を憶える一本です。スマートな出で立ちながらも,スッと喉を通っていく様は・・・巷で大人気の「ハンカチ王子」といったところでしょうか。税込み2625円で購入。ぬる燗でのソフトな香りが印象的ですが,意外にワイングラスも似合います。

(原料米:雄町/精米歩合:55%/日本酒度 :+2.0/アルコール度数:15.5%/酸度 :1.5/使用酵母:山形酵母)


106449042_4s●「義侠 純米原酒60%1500kg 特別栽培米(ボカシ肥)」(愛知県火入れ)

「義侠」を買うさいには「ここ」と決めている酒屋の店主に「飲んでみてください。ふつうの純米原酒60%よりキレもいいですし旨いですよ」と言われ,即購入。日頃,「義侠」を買う場合には2年程お店で熟成させたものを買うのですが,これは17BYもの。税込み3140円で購入。
うーん,これが米の違いか!というのが,通常購入する純米原酒60%が傍らになくてもわかる味わい。冷たい時にはパンチのある酸味が主張しますが,すごく輪郭のはっきりした濃醇な旨みが支配するのに,想像していたよりも,特別栽培米のほうは後ギレよし。常温ぐらいだと,さまざまな味わいが交叉する高級な練りきりの和菓子を思わせる甘味と旨みがあるので,ワイングラスで遊ぶより小ぶりな和の器が似合いますね。 どの分野でも,作り手が「素材」にこだわる理由,「義侠」を飲むと納得させられます。圧倒的な「素材感」を感じる酒です。

(原料米:特A地区東条産山田錦特別栽培米(ボカシ肥)/精米歩合:60%/日本酒度 :-/アルコール度数:16〜17%/酸度 :-)

2006/09/03

Autumn flavour :: 秋を感じさせる涼しさ。

060903_211801
道をはさんで部屋の前にある道路用の温度計が20度台前半になり・・・虫の鳴き声が・・・秋を思わせる,いい季節になってきました。

日本といえば四季がありますけど・・・先日,シンガポールの人とやりとりをしていたら,「シンガポールには3つの季節がある・・・hot, hotter, hottest!」・・・これはおもしろくもあり,日本にいるとおおよそ想像がつかないアイデアです。


只今のBGM:to rococo rot. :: micro managed

2006/09/01

o respitar da paisagem :: 無意識を覚醒させる音風景。

Tsunodaあれはちょうど2年前,久々にスペイン人の知人と再会するために,南新宿にあるホテル前のテラスでボーっとしたり,新宿駅南口から明治通り方面へと続く下り坂からアルタ方面を眺めていたときでした。

時間帯は9時台ということもあり,各ショップから垂れ流されるBGMがないせいか,一日中,東京で生活していたときには感じなかったであろう,集合的な街の持つ喧噪を,あたかも独自の低周波のごとく知覚したことを記憶しています。

いつか,そのときの知覚を,音の風景として形にできないものだろうか? 誰か,それに共感してくれる人はいないだろうか? そんなことを思ったりもしていましたが・・・街に溢れる音を採取しサンプリングして音を構築する人は少なからず存在するわけでして,しばし,勝手な思いは心の片隅に置いたままでした。

ところで・・・ときどき足を運ぶ,セレクトされている作品は,音響系/フリージャズ/エレクトロニカ/ノイズ・・・といった,巷ではあまり耳に触れることのない音楽ばかり集めた店で,ジャケットを見るなり購入したのが,

o respitar da paisagem :: toshiya tsunoda

2003年,ポルトガルのレーベルから発表された作品です。東京藝術大学で油絵を専攻していたという角田俊也氏による,いわば,物質と空間(空気)が醸し出す音の表情を,携帯用DATレコーダーと医療用のコンタククト・マイク等を駆使して(いくぶんかイコライジングを施しながらも)表現しています。

単純にいえば,音は空気が振動するから鼓膜に届くわけですが,人間の耳は,良くも悪くも人間の意識というフィルターを介して音を知覚しますが,かといって,意識されない音を聞いていないわけではありません。そんな無意識下で何気なく知覚される音の表情や風景を,この作品から感じ取ることができます。単なるノイズと思われがちな音も,こうして集中してみると,自然界に散らばる美しい音だと再認識。

道路や倉庫や埠頭や家の中など,音の採取場所は,誰もが日常で体験できる空間ばかり。ただし,人間の意志で構築されたメロディーは一切ありません。だから,言ってみれば「無意識下の音風景の意識化」ともいえます。聴き方によっては,ただのノイズかもしれない。でも,こうした音の風景はけっして耳障りなものではなく,いかに現代人が,限られた知覚認識を強制させられているのかを実感できる作品であります。

そういえば,ポルトガルといえば,リスボンのゲトーで二年間も小型デジタルカメラを駆使して撮影された「ヴァンダの部屋」という映画を思い浮かべます。「ドキュメンタリー」と「フィクション」の垣根とは何たるかを痛感させる,美しいノイズを感じずにはいられない映画でしたが・・・ご興味のある方は,下にあるURLで詳細をチェックしてみてください。このペドロ・コスタ監督の「ヴァンダの部屋」の手法,どことなく,今回の角田俊也氏と同じ匂いを感じています。

http://www.cinematrix.jp/vanda/


« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »