« 王貞治と報道&左利きについて。 | トップページ | 「感動」禁止! »

2006/07/07

The Feelies: Crazy Rhythms(附/オリジナル・ラヴの源)

Feeliesこのところジメジメと蒸し暑くなっていますが・・・さりとて,就寝中にエアコンを付けるほどでもなく,でも,窓を開けたままでは寝冷えする。という状況。よって,ちょっとした暑さでも苦手な性分なので朝早く起きてしまいます。おまけに日の出も早いので,朝一から,CDではなくアナログ盤に針を落としました。

久々に・・・と思って聴いた一枚が・・・ The Feeliesの1st「Crazy Rhythms」(CDではStonesのPaint It Blackをカバーしたテイクが収録されているらしい)。アルバムのカバージャケットを見ればわかるとおり・・・どこかの大学のサークルバンドのような容姿ですが・・・ジャンル分けでは「パンク」として紹介されることが多い。サウンドは・・・重く歪んでノイジーというわけではなく,むしろタイトでソリッドでシンプルな展開です。

特に・・・シンプルなカッティングで絡み合う二本のギターのアンサンブルが魅力。クラブミュージックの4つ打ちに通じるシンプルなビートの心地よさを感じます。

自分自身・・・ロックをはじめとするモダンミュージックを聴くときは・・・何かと外見から入ることが多かったですが・・・何から何まで「こういうジャンルに属してます」というイコンを気取る熱さとは違い,The Feeliesのそれは,言ってみれば「青い炎」。クールにおとなしく見えても,世界観の狂気度は上回っている雰囲気すら感じます。

ただし・・・どの曲も・・・そうですね,David Bowieの「Heroes」やR.Stonesの「Sympathy for the Devil」的な反復の中で,か細くながらも繊細にかつアグレッシブに世界を広げていくタイプでしょうか。「噛めば噛むほど」の味わいを出すサウンドですね。

ちなみに・・・今,話題のYouTubeにThe Feeliesの映像がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=ammeQSyUF00&search=feelies

↑個人的には,画像左側に映っている,短髪でガリ勉風の眼鏡をかけ腕を組んだ仏頂面の女性の動きに注目です。笑。

閑話休題。

これを書くにあたり検索エンジンにThe Feeliesと入力したら・・・一時期大ヒットした日本のバンド(田島貴男のユニット)/オリジナル・ラヴのバンド名の由来は・・・何と・・・写真にある「Crazy Rhythms」に収録された「Original Love」なのだそうです。アナログ盤だとB面の1曲目ですが・・・自分の中では印象の薄い曲。むしろ,A面の「Loveless Love」にこのアルバムの一つの聴かせ所があると思っていたぐらいです。まあ,「Original Love」のほうがバンド名として響きがいいですね。笑。

そのオリジナル・ラヴ・・・じつは全く無名のアマチュア時代に都内のライブハウスで見たことがあります。後にメジャーデビューしてからのサウンドとは違って,ソリッドかつちょっぴりサイケデリックで・・・でも時折ジャージーなコードワークを聴かせる,とてもセンスのいいバンドだった記憶が今も鮮明にあります。



« 王貞治と報道&左利きについて。 | トップページ | 「感動」禁止! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/10822511

この記事へのトラックバック一覧です: The Feelies: Crazy Rhythms(附/オリジナル・ラヴの源):

« 王貞治と報道&左利きについて。 | トップページ | 「感動」禁止! »