« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

エコロジカル?な酒:「諏訪泉 冨田2005 山田錦特別選別米 精米五割」

62064911_124
鳥取の酒・・・久々に飲みました。以前に,某デパートで蔵元の人が試飲販売していたとき,この酒の説明を受けました。何でも,冨田さんという山田錦を栽培されている田んぼで収穫された山田錦でも,1.9ミリから2.0ミリの小粒なものを集めて醸造するから,スペックのわりに安く出せるそうです。

ちなみに・・・滅多に買わないデパートのお酒売り場で買いました。

以前に精米七割の純米生原酒を飲んだ時は・・・真夏という時期もあり「濃いな〜」という印象がありましたけど,こちら五割精米の純米吟醸も・・・これ,たぶん今年の仕込みではないと思いますが,熟成感もあって,味わいがけっこう複雑です。燗向きかなという印象。

裏書きには・・・「冨田さんの山田錦の藁を川田牧場さんの牛が食べて堆肥にする。その堆肥をまた田んぼに入れて上質の山田錦が出来る」と書かれていて・・・まさにエコロジカルなお酒?!

2006/04/26

王子サーブと阿倍清明。

このところ,テレビ東京系で放映されている卓球の世界選手権が熱い。「日本っチャチャチャっ!」のお決まりシーンがないから,余計に静かに熱いんです。と勝手に決め込んでます。

卓球といえば・・・中学や高校や大学の部活では,年中,青白い顔をしてあまり体育会系に見えない人たちがやっていて,世間的には地味な印象を持たれてます。が,温泉場では浴衣の前合わせをはたけさせながらも,ついムキになってしまうところが熱い。

かくいう自分自身も,イギリスに少し滞在したとき,イタリア人やポーランド人,サウジアラビア人やシリア人らと夢中になって卓球をやった記憶があります。かなりインターナショナルなスポーツだったりします。

さてさて・・・番組では芸能人の元アスリート・照英氏が,どこかの局でヒートアップする織田裕二や松岡修造のごとく吠えてます。ところが・・・会場は・・・選手の応援も,他のスポーツに比べれば地味なもんです。ボールだって・・・遠方に飛んでいっても,テニスのようにコート際にいる人が渡してくれるわけでもなく,選手が自分で取りにいっています。

すっかり有名人な福原愛選手はさておき,中国から帰化した金沢咲希選手は・・・自分も左利きだったりしますが・・・なぜか左利きを見るといまだいろんな意味で違和感を感じますね。対戦する相手も大変でしょうね。

そして・・・なんといっても,昨日の目玉は・・・王子サーブのスペシャリスト・福岡春菜選手でしょう。いいですね,王子サーブ。ドーンとボールを投げ上げて・・・ラケットを縦に振り下ろして独特な回転がかかって・・・。しかも開発したのは・・・大阪にあるあべの王子商店街で八百屋をしながら,「王子卓球センター」で指導してる人だったなんて。

王子サーブとは,王子卓球センターの「王子」にちなんで命名されたそうですが・・・ちなみに・・・あべの王子商店街の近くには・・・世界遺産に登録された熊野三山に向かう途中に点在する分霊が祀られた阿倍野王子神社があります。「王子」という名前はまさしく,熊野古道に通じる「王子」を意味するので,王子サーブとは神仏が宿ったサーブなのでしょうか? なんて言霊信仰のような荒唐無稽な話はさておき・・・かの阿倍清明もじつは「あべの」の生まれ。何かと「あべの」つながりで話が大きく外れたところでお開きにします。

2006/04/24

Rice Beauty:酒粕成分の化粧品。

060424_08570001今日の新聞折り込み広告で発見しました。白鶴酒造が送る「ライスビューティー・ドラマチックリペア」。「リペア」(repair)とというところが・・・すでに若さを失っている基礎化粧品ですが(苦笑)。

「オーラを放つ 肌が生まれる。」というコピーに続き、「酒粕由来の新うるおい成分CAS(キャス)が角質層の奥まで届いて肌に上質なうるおいとハリを与え、内側から若々しさがあふれ出るような美肌をつくります」との説明文が。

ちょっと・・・「日本酒=年輩者向け」的なイメージを増長するような商品ですけど・・・そういえば、某女性芸能人も純米酒を入れて風呂に入って美肌をキープしてるとか。そんな夢みたいな話より・・・杜氏さんや酒にかかわる人の顔がピカピカ光っているのは、造りの段階でうるおい成分が浸透しているからか?!^^

とまれ・・・売れてるのか?この化粧品。

2006/04/22

立小便禁止マーク:鳥居。

Nao810808400972写真をクリックすると拡大されるので見やすいかと思いますが・・・以前に京都市内で発見した・・・「立小便禁止マーク」としての鳥居です。

 「神聖なものに小便をひっかけられるか?」と挑発しているかのようであります。

 しかしまあ,これだけ鳥居が壁一面に貼り付けられていると,神を冒涜していると
しかいいようがないというか,トホホな光景。それにしても,日曜大工センターへ行くとお気軽に神棚が売られていたり・・・,けっこう日本の宗教観って軽いものなのかもしれません。

2006/04/20

ジャケット買い。

Nao810795319374CD(レコード)ではありません。本です。

このところ本屋へ行くと,若手女性作家二名の芥川賞受賞の影響のみならず,20代後
半〜30代の女性をターゲットにした本が店頭に所狭しと並べられていて,なんだか女
性だらけ・・・なんて錯覚に陥ります。そんな,どことなく男が手にとりにくい雰囲気の陳列コーナーから,あるとき,ふと目に入った本が一冊。

岡崎京子『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』

岡崎京子といえば,1980年代のちょっとお洒落な雑誌やサブカル系の雑誌でよく見か
けた漫画家ですね。髪の毛のタッチが特に繊細だったなあと。なんか久しぶりに見た
名前だなあと思うと同時に,装幀に心ひかれた。乳白色ベースにエンボス処理された
イラスト。オビもよしもとばななの言葉が添えられている。きっとカバーを外しても
美しいに違いないとカンが閃いて見てみたら・・・やっぱり。花弁とか花がモチーフ
の綺麗なイラストがありました。

中を開いても,本文に入るまでの紙の色づかいは絶妙です。思わず,本の造りだけで
レジへ持っていってしまった一冊です。いまだ目次すらも見ていませんが、こうして買った本です,けっして内容も裏切らないはず。気持ちがゆったりしているときに読んでみようと思いつつ・・・今日に至っています。

P.S. 最近あまり岡崎京子の名前を耳に目にしないなあと思ったら,交通事故に遭わ
れて療養中だったのですね。

只今のBGM......Jimi Hendrix : Little Wing

2006/04/16

贔屓な二本:「隆」と「義侠」

060416_21000001手元にある日本酒です。日頃は一本がなくなれば・・・新たに一本買っているのですが,今週末は・・・月に1回行く場所にある酒屋に「義侠」があるもので・・・先走って買ってしまいました。笑。

奇遇にも・・・自分が贔屓にしている銘柄の2本が並びました。

左:「隆 白ラベル 純米吟醸 無濾過生原酒」(川西屋酒造店・神奈川)・・・毎年,この時期と秋頃に買っている丹沢の酒。吟醸づくりですが・・・立ち香はとても淡いです。でも,一口含むと,爽やかな酸味とバリエーションのある旨みながらバランスがよくて綺麗,自分の中では「モダンさ」を感じる日本酒。ただし・・・開栓したては,今の時期の新酒は緊張感のある酸味と味わいに硬さがあるので・・・,開けてから空気にしばらく触れたほうが本来の旨みを感じられる一本です。
「隆」ブランドとしては・・・全国で二十数店でしか扱わない限定品みたいですが・・・「丹沢山 純米吟醸 ひやおろし」や 「丹沢山・吟醸造り純米酒」は火入れですが・・・もうちょっといろんなお店で買えると思います。足柄山産の米(若水)と有名な丹沢の水で仕込まれた食中酒。

右:「義侠 純米吟醸 東条町特A地区山田錦60% 750kg 原酒」・・・お店の方針だと思いますが,瓶詰め後1年以上経過したものを購入。全体的にちょっとお値段高めな義侠ですが・・・口に含んだ瞬間,喉の奥まで届きそうな米本来の五味を楽しめる「旨口の王道」を走る酒です。独特な熟成香があるので,それが好きかどうかが評価の分かれ目ですが,スッキリしたのがお好きな方は五百万石という米を使ったバージョンがコストパフォーマンスが高くていいかも。

2006/04/15

ユニバーサルデザイン。

Nao810788334741よくサイトをご覧になられている方から,以前にですが,こんなメール(ご意見)をいただきました。

「一つだけ要望があります。『表示→文字のサイズ→大』で解決する事なのですが,
タグのフォントサイズは『2』より『3』の方が見やすいかなとか思ってます。目が
いい者は気にならないと思うのですが,視力悪い者には辛いかなと思いました」

そうなんです。自分自身の視力は良くも悪くもないほうですが(片眼0.6〜0.7),さ
すがに色が淡くて小さいフォントサイズの文字は,いくらデザインがきれいなサイト
でも読みにくいと感じることがあります。クールなデザインのサイトが好きという人
だけが閲覧するわけではないですし,広い意味でのユニバーサルデザインとは何ぞや?
ということを改めて考えるうえで貴重な意見をいただきました。ありがとうございま
す。

閑話休題。久々に左利きの話題でも。デヴィッド・ボウイ・・・彼は左利きで,しかも幼少時には学校でも叱責を受けたみたいで・・・。しかしながら,還暦間近というのに・・・男から見ても,いまだ衰えぬスマートさと美意識の高さには惚れ惚れします。やはり生き方が全身に現れるのでしょうか? 写真は,同じく左利きの坂本龍一氏のアルバム「左腕の夢」とボウイの「LODGER」です。じつはどちらもアナログ盤でジャケットの裏側。小さくてわかりにくいですが,お二方ともお若い頃の作品です。
そういえば,「戦場のメリークリスマス」で共演されてましたね。

TIME FLIES! (光陰矢の如し)

只今のBGM...... Black Out / David Bowie

2006/04/14

嗚呼、アイフルよ:ペットの気持ち。

Nao811111527209あれはちょうど一年前ぐらいだったでしょうか。いつもよく見ている新聞広告のある部分に目が行きました。

その広告とは・・・チワワが登場する,業務停止命令の出たサラ金のものですが・・・あのドッグちゃんの顔アップ写真の左上に小さく・・・

「ペットは生き物です。責任を持って飼いましょう」

と書いてあるんです。あのCM以来,わざわざ業者を指定してお金を借りてチワワを購入したものの,世話が面倒でほったらかしにしたり,死なせてしまった・・・なんてことから苦情の電話が殺到したというわけではないでしょうけど。
いやはや,じつは・・・

「お金は生き物です。責任を持って借りましょう」

なんて言葉がホンネなんじゃないかと邪推してみたりしました。いい話に罠はつきものです。

只今のBGM ...... BUDDY GUY : cities need help

2006/04/11

Black&Bitterな「人生ゲーム」

Nao811035527852といっても,チョコレートのテイストではありません。ショッピングセンターにある玩具コーナーに置いてあった「人生ゲーム」のあるバージョンのことです。

ファミコン全盛のこの時代,サイト管理人が幼少時に熱くなったこのアナログライクなゲーム盤が未だに残っているなんて・・・やっぱり「人生ゲーム」たるゆえんです。

ルーレットを使いすぎるとなかなか針が止まらないのですが,そんなことはどうでもいいんです。「人生ゲーム」をすると,その人の家族観,金銭感覚,博才・・・いろんな性格が見えてきておもしろいです。

しかしまあ・・・この不況な昨今を反映してでしょう。「Black&Bitter」バージョンって,中味は確認してませんが,これって意外に大人が集まって楽しんでいるのでは?! たぶん,子どもよりもムキになって実感するはずです?!

2006/04/10

春らしくなってきました。

というわけで,有名な歌を一首。

「風通ふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢」
(藤原俊成女)

閑話休題。昨日・・・某所で花見を理由に日本酒飲みの集会をしました。
持ち寄った酒は次のとおり・・・

1「梅の宿 星うさぎ 」(淡いロゼ色をした低アルコールの微発泡酒)
2「雪花(竹生嶋) 純米吟醸 無濾過生原酒 活性にごり」
3「王禄 純米超辛口 無濾過生」
4「司牡丹 純米吟醸 宇宙酒」(※ロケットで宇宙まで運ばれた酵母)
5「福千歳 山廃純米 無濾過生」(10号酵母)
6「飛露喜 特別純米 無濾過生原酒」

只今のBGM ...... キーボードを叩く音。

2006/04/05

ラベルは今までどおり豪快だが。:「大治郎 純米吟醸 本生うすにごり」

060405_00350001いろんな意味で,毎年変化を続けている「大治郎」。150石(年間一升瓶で15000本程度の生産量)と,まさしく日本でも最も小さな蔵の部類に入ります。

以前は・・・木香(きが)のたったのとは少し異なるかと思いますが・・・どこか杉を思い起こす渋みのなかに・・・独特な重量感をもったフルーティーさがありました。ところが・・・このところは「原酒」ではなく,若干アルコール度数を調整し,純米吟醸は日本酒度も+4だったりで・・・過去の「大治郎」と比べればスマートになっていて・・・(メロンとうっすらライチの香りを足したような)フルーティーなイメージが強くなっている印象。おまけに「うすにごり」ということもあり,シュワシュワといった感じでないにせよ,開栓時にピチピチした舌触りがあります。

以前のものだと,一口目で「大治郎!」という味わいがありましたが・・・重くて次の一杯が続かない印象がありましたけど,最近のものは・・・けっこう間口が広い味わいにシフトしている感じがします。

ただ・・・個人的には・・・四合瓶サイズでいいから,以前のような,少々くどさを感じても,「大治郎!」と主張する原酒タイプを,また飲んでみたい気がします。でも,お酒の質は確実に向上しているし,旨みをきちんと主張する酒だと思います。


(使用米:山田錦(精米歩合50%)/アルコール度数:17.4%/日本酒度+4/酸度:1.8/酵母:金沢14号酵母)

2006/04/02

聞き上手って?

Nao810821321652巷では,そろそろ学生の就職シーズン到来かと思いますが・・・先日,毎年,会社の入社試験の面接官をされている学生からも人気を集める会社の方からこんな話を聞きました。就職試験における面接での一コマです。

「あなたの長所、強みは?」

「ヒトの話しを聞いてあげることです」

なんと,近年,一日だけで数十人がそう答えたそうです。

さすがにこの調子が続くので参っておられるようです。その方いわく「癒し系のトレンドなのか?」「それって答えになっているのか?」と。

昨今の心理学ブームとでも言っていいのか。訳知り顔をして,カール・ロジャースの来談者中心療法の亜流,というか曲解で,相手の発話に相づちをうって話を聞いているようで,そのじつたんなる会話の句読点打ちにすぎないのか。なんてことはさておき,何十人もオウム返しのように言ってくるということは「面接の達人」チックな本にでも載ってるのかもしれませんね。

しかしまあ,「ヒトの話しを聞いてあげることです」と平然と言える学生は・・・,これってボク自身の勝手な憶測ですが,たぶん人前でも四六時中メールチェックをする要素大の人たちでしょう(事情によりチェックしなければならないケースもありますが)。これも一種の聞き上手です。ただし仮にその場に誰か相手がいたら,その人の気持ちを最大限に聞いてませんが。

最近,電車やお茶する場所でもよくみかけるのですが,仲良く入ってきたなと思っていると・・・座席やテーブルに腰掛けるなり個別にメールチェックし始めるカップルや友達同士って多くないですか? あと,会話の途中でいきなり「あっメールが入ってきた」とかいってる輩。こんな調子で人と接して,それでいて孤独を感じてたら・・・そりゃ自業自得だと思うのは,時代の空気感とズレが生じているからでしょうか?

閑話休題。「立小便禁止」マークです。どこでよく見かけるかはご想像におまかせするとして,そうです「鳥居」です。今回のはご丁寧にも「立小便禁止」とまで書いてあって,かなりベタなんですが・・・。ちなみに,この写真は某所にあるコイン式駐車場の一コマ。写真上方にガムテープで貼ってある文面を読みますと・・・どうやら車止めを乗り越して無銭駐車した車があったようで,ナンバー名指しで「35万請求する。まっとれ!」とあります。たぶん防犯カメラに記録されていたのでしょう。

只今のBGM ...... William Orbit : Best Friend, Paranoia

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »