« 80年代サブカルチャー。 | トップページ | 聞き上手って? »

2006/03/29

ジェーン・バーキンという永遠性。

Birkin「クロワッサン」なんていう雑誌・・・滅多に手に取らないのですが・・・表紙を見ると・・・久々に見るジェーン・バーキンのお姿! 

中の記事を見ると・・・自らのお洒落について語っていますが・・・それ以上にインパクトがあったこと。それは・・・ジェーン・バーキンって還暦を迎えるのですね。写真を見ていて・・・それなりに年齢を重ねていることが見て取れますが・・・それでもあいかわらずスマートなスタイルだし,ジェーン・バーキンの基本形?!はかわっていません。

17年履き続けているコンバースのスニーカー・・・リーバイス501・・・そして何より,アムネスティのステッカーが貼ってあるエルメスのヤレたバーキン。シンプル・イズ・ベストを絵に描いたような話ですが・・・,一朝一夕には真似できない・・・「小粋」と申しましょうか。

よく「もうトシだし」なんて言葉を平気で吐く人がいますけど・・・そのときそのときを充実させて「自分自身」でいられたら・・・年齢は夏木マリが言うように「単なる記号」なのかもしれません。

とにもかくにも・・・ジェーン・バーキンは70歳になってもジェーン・バーキンなのでしょう。というわけで・・・久々にターンテーブルに置いてみました。ジェーン・バーキンのアルバム。写真は1983年発表の「バビロンの妖精」という作品です。このアルバムの最後にタイトルチューンの「バビロンの妖精」という曲が入っていますが・・・これ,ブラームスの「交響曲第3番第3楽章」のメロディを元夫(1983年の時点で)のセルジュ・ゲンスブールが巧みに使った名曲です。歌詞の内容はロスのハイウェイの夜景をうたったものですが・・・就寝前に聴くと・・・知らぬ間に眠りについてしまう。そんな落ち着きのある一曲です。


« 80年代サブカルチャー。 | トップページ | 聞き上手って? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/9310467

この記事へのトラックバック一覧です: ジェーン・バーキンという永遠性。:

« 80年代サブカルチャー。 | トップページ | 聞き上手って? »