« 黄色が大好きな青い炎:平山三紀。 | トップページ | 三十路を超えてもこんなのを聴いてみたらどう?:DJ KENTARO / ON THE WHEELS OF SOLID STEEL »

2006/02/04

男との料理とは?!:新どっちの料理ショー。

もう番組は終了しましたが・・・2月2日放送の「新どっちの料理ショー」で紹介された「ビーフカレー VS. あんかけチャーハン」の対決。

http://www.ytv.co.jp/docchi/dotch_set.html

 カロリーを抑えるためのヘルシーメニューとのことでいろいろと工夫をされていましたが・・・,個人的には,いずれも料理をするのが楽しいメニュー。そして・・・一見すると簡単そうで,じつは本当にうまいものを作るには・・・なかなか奥が深い料理だと思っています。

 ところで・・・「カレー」に「チャーハン」。「チャーハン」はともかくとして・・・「カレー」に男が取り組むと「凝ります」! 料理時間のみならず,具材や料理法までも。ちなみに・・・この日のカレーは・・・

「玉ねぎは油を使わずに鍋で飴色になるまでゆっくりと炒める。(みじん切りにし、電子レンジにかけてから炒めると早く出来上がる) さらにニンニク、ニンジン、セロリを加えて炒める」

のが最初の下ごしらえですが・・・,自分だって,カレーを作るときには・・・これと同じことをやりますとも。ただし・・・「みじん切りにし、電子レンジにかけてから炒めると早く出来上がる」という部分は・・・とても参考になりました。それをしないと・・・小麦粉を炒めながらルーを作らないこの方法で琥珀色になって原型をとどめないタマネギ・ニンジン・セロリにするまで・・・そうですね,最低2時間ぐらいは費やしてしまいますから。爆。ここで焦がしてしますと・・・最終的には嫌な味のするカレーになっていまいます。個人的には鶏肉か牛肉のカレーが好きですが・・・

リンゴと蜂蜜トローリ溶けてる「秀樹カ・ン・ゲ・キ」仕様はもちろんのこと・・・

ちょいとドライフルーツをいれると・・・辛さの向こうからほんのり甘みが見え隠れするので・・・いいなあと思ったりします。

 いっぽう・・・「チャーハン」も,「あんかけチャーハン」は作ったことがありませんけど・・・「鍋振り」が好きなもので・・・時折,楽しんで作るメニューです。こちらも一見するとご飯に具を混ぜて炒めればいいと言えばそれまでですが・・・カレーより難しいのは,むしろチャーハンのほうかも。とにかく火が弱かったり,鍋をよく火で熱くしておかないと・・・とんでもないベタベタチャーハンの完成になってしまいます。
 
 ちなみに・・・この日のチャーハンもヘルシー仕様ということで・・・油は使わないということもあり・・・

「1.ご飯に全卵を加えて混ぜる。 2.バットに広げ、160度のオーブンで途中で混ぜながら6分火を通す。」

という過程を踏むわけですが・・・これは「お米がパラパラ」とするチャーハンを作るうえで・・・グッドなアイデアかもしれません。一度試してみます。笑。

 というわけで・・・よく「豪快でシンプルな男の料理」なんて言いますが・・・じつは・・・男が料理をつくりだすと・・・何かと凝りだして・・・コストパフォーマンスなんて話どころか・・・けっこうな時間を費やすこととなります。そのへん,いろんな意味で・・・女性は「冷蔵庫の中にあるもの」で上手にやりくりすると思います。

 このところ・・・国会議員でなんとかチルドレンと呼ばれる女性が話題になったりしますが・・・そのほとんどが「経済畑」。何事もエコノミーを考えて行動するのが得意なのは・・・間違いなく女性なのでしょうね。

« 黄色が大好きな青い炎:平山三紀。 | トップページ | 三十路を超えてもこんなのを聴いてみたらどう?:DJ KENTARO / ON THE WHEELS OF SOLID STEEL »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/8508324

この記事へのトラックバック一覧です: 男との料理とは?!:新どっちの料理ショー。:

« 黄色が大好きな青い炎:平山三紀。 | トップページ | 三十路を超えてもこんなのを聴いてみたらどう?:DJ KENTARO / ON THE WHEELS OF SOLID STEEL »