« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/27

★ロックバトン★

なるものが・・・某友人から送られてきました。
ネタに困ることがないから,たまにはいいかも,ですね。笑。


■好きな歌手&バンドを5つずつ答えてください! ■

こういうのが一番困る質問だなあ。数にはこだわらずフィーリングで。
「ロック」という枠が野暮ったいし,<歌手&バンド>を<ソロ&グループ&ユニット>にします。

●Bjork(ビョーク):「ホモジェニック」は90年代の大傑作?!
 
●マッシブ・アタック:最新作は「ゴス・ソウル」ということで今から期待。

●BLOC PARTY:80年代ニューウェーブの「いいとこどり」かつモダーンなバンド。

●YMOなら細野晴臣

●奥村チヨより平山三紀

●ドイツものなら...DAF,クラフトワーク,アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン,パレシャンブルグ... 最近ならDJ HELLの「NY MUSCLE」がグッド。

●レインコーツ... ニルヴァーナのカートも絶賛した女性3人組のニューウェーブバンド。Smells like teen's spirit ???

●ギターウルフ:まずはライブへ行くべし。ノイズで冒すロックンロール。もしかすると・・・世界のパンクバンドに最も影響を与えた日本のバンドかもしれません。

●サンディー・デニー:Who knows where the time goesを聴いて涙しましょう。

●クラフトワーク:まぎれもないロックバンドで最強・最古のテクノゴッド。

●DJ KENTARO:ロックもクラブミュージックも同一線上と思って聴きたい。

●吉幾三:オレは田舎のプレスリー! その流れでジョナサン・リッチマン。

●ワイルド・マーマレード:ディジュリドゥとドラムだけのオーガニックなダンスサウンド。半端なパンクよりドライブ感良し!!

●ニール・ヤングやライ・クーダーあたりも意外と好きだったりする。

●美輪明宏と浅川マキどっちがいいかと問われると答えに窮する。

●SEX PISTOLSやCLASHもいいけど・・・BUZZCOCKSみたいな・・・後々のメロコアに影響を与えた・・・パワーポップもいいな。

・・・まだまだ挙げればキリがないと思いますが・・・好きになれない言説は・・・
「今のロックにはおもしろいものがない」。そうかな?と思うことも多々あります。
それより・・・ロックという枠そのものを取っ払いたいものです。

・・・ギタリストがテレキャスターを使ってると・・・惹かれるものがあります。


■Rockにはまったきっかけは? ■

理屈をこねてもしょうがないと思います。
「カッコイイ」がすべてですね。 

■Rockなファッションは好きですか?誰を参考にしていますか? ■

いまだにロックファッションのブティック「BLACK」ってあるのでしょうか?
じつは高校卒業前・・・ちょっとバイトしてたことがあります。苦笑。
といっても・・・Rockなファッションって何なのですか?
そこでバイトをしていたときも・・・いかにもバンドマンみたいなファッションしたことなし。

■好きなorあこがれのRock系ブランドを教えてください。■

勝手に日本のコムデギャルソンとさせていただきます。
あとは・・・日本の小さなデニム工房とか。
メイド・イン・ジャパンが一番のお気に入り。
それと・・・今のトレンドは・・・けっこうロックっぽい。カッコだけなら。笑。
街にいる女の子のファッションなんか,特にそう思いますよ。


■ライブに行ったことはありますか?ある人はバンド名か歌手名を挙げてください■

いっぱいありすぎて困る。笑。
初めて行ったのは中学2年のとき,京都の磔磔。バンド名は忘れた。
初めての外タレ(死語)は・・・U2の初来日。あまりファンではなかったが。
ロンドンでのジョニーサンダースの死直前ライブは・・・わりと印象的か?
ここ数年なら,ワイルド・マーマレードのオーガニックなダンスサウンドと,クラフトワークのクールさが気持ちよかった。
とまれ・・・これまでのライブはパンク系が一番多いですね。

■誰のライブに行きたいですか?■

バンドでライブハウスに出たことがあったりしますが・・・やっぱり,機会があれば自分が出てみたいです。


■Rockなお宝やグッズ(直筆サインやTシャツなど)を持ってたら教えてください! ■

モノやサインにはこだわらないほうです。かつてはバッチとかTシャツぐらいは持ってましたが。

■今欲しいRockグッズは?■

モノより自分自身の行動。

■最後に叫びを!!!(メッセージ、自己アピールなどなど何でも叫んじゃってください■

Play it cool...

■質問お疲れ様です。バトンを回す5人は?■

これを見て気が向いた方なら誰でも。

2006/02/26

いまやデスクってパソコンのためのもの?

060213_13060001このところ・・・手づくり家具にまつわる話題が身のまわりに多くあって・・・そんなこんなで家具に目がいきがりな今日この頃ですが・・・じつは自分自身,奥行きがやや狭めでスペースをとらないデスクが欲しいと,常日頃思っていました。

 昨今はインテリアへの関心も高まって・・・小さな工房の「手づくり感覚あふれた家具」や,ヨーロッパのスッキリとスタイリッシュな「工業製品的家具」を扱ったお店も多く見受けますが・・・いやはや,そこまでこだわらなくても,比較的誰でも手がとどく価格やショップにも,そこそこ小粋な家具を発見できます。

 写真は・・・少し以前に衝動買いしたパソコンデスク。骨格というか,足の部分等はスチールだし,暖かみには欠けますが・・・台の部分は透明なガラス。それと・・・デスクトップパソコン用のキーボ−ド台(ここは木製)が前後左右に移動します。左利きな自分にとっては左側を開けておきたいのでうれしい限りです。また,ノートパソコンなら,使わないときに収納するスペースにもなります。

 さすがに購入したばかりのときは・・・ガラスの触感が「冷たい!」と思わずにはいられませんでしたが,これからの季節,みるだけでクールダウンできそうな感じです。

 ちなみに・・・購入したところのウェブサイトの通販を見てみましたが・・・家具のページでは見あたらず。・・・まあ,ちょっと冒険した商品って,コンスタントに売るのは大変なのでしょうね。苦笑。似たような商品を見つけたら・・・またこのブログで紹介します。

2006/02/25

派手さはない,でもじっくり付き合いたい:「東北泉 雄町純米」

060226_12010001何でもそうなのですが・・・最初の第一印象がよくても・・・どことなく魅力を感じなくなったり・・・最初の第一印象がよすぎるとなおさら,大きなアラが出てくるとがっかりなんてことはありませんが?

 その一方で,ときどき接していて・・・大当たりはないけど,大ハズレもない。派手さがないぶん,魅力のあるところを探す喜びがわいてくる。そんな「安心」を感じられるって,気分的にとてもいいものです。

 自分にとって・・・お酒のなかでは,山形県の「東北泉」が「それ」なんです。はじめて飲んだときには,あまりインパクトを感じなかったのですが・・・。写真は,ちょっと以前に飲んだ「東北泉 雄町純米」。以前にも,同じものの「辛口」や,別の米を使ったものをあれこれ飲んでみたことはありますが・・・いずれも「外された」という経験がない希有な存在です。「裏切らない」って大事なことですヨ。

 さて・・・「東北泉 雄町純米」。以前に「辛口バージョン」をのんだことがありますけど,こちらは最初の一口目にやさしい甘さが飛び込んできます。ちなみに,これは「生」で,しかも新酒ではありません。でも,老ねた嫌みは感じません。それと・・・「雄町」というお米を使ったお酒は・・・その多くがボリュームのある味わいを一口目に感じたりしますが・・・東北泉のそれは,旨みはしっかりしているけど,スッキリ感が強く,しかもいろんな旨みのバランスが整っています。原酒とは違ってアルコール度数を調整してある分,舌で感じるタッチもやさしい。前に出てくる「何か」を感じさせない分,ごっつい味わいでなくても旨さがしっかり伝わってきます。

 一見するとフツーっぽいけど,何回も接してみると良さがわかってくる。シンプル・イズ・ベストをお酒で表現したら,こんな味わいかなと思わせる一本でした。それと,日本酒やお酒が飲めない人でも安心して口をつけられると思います。

(使用米:雄町(精米歩合55%)/アルコール度数:15.5%/日本酒度+2/酸度:1.5/酵母:山形酵母)

2006/02/22

携帯電話という依存症。

このところは・・・最新の話題はテレビよりもインターネットでいろんなニュースを読むことって多いのですが・・・メールの打ちすぎで指や手首にしびれ、痛みを患う「反復運動過多損傷」(RSI)が,イギリスでも年間380万人もいるらしい。

携帯依存症って,日本だけではなくて・・・じつは先進国(何をもってこう呼ぶかはともかく)に蔓延していたのですね。イギリスでは約12%の人が1日当たり1〜20通の携帯メールを送信しているそうで・・・やっぱり100通なんて送っている人もいるそうで。

まあ,こうした状況って,もっと通話料金が安くなれば・・・ある程度は緩和されそうな・・・いや,そんなことはないですね。むしろメールでしかやりとりしない人もいっぱいいますから。

こんな話題のついでに・・・関連する情報を調べてみたら・・・イタリアでの研究によると・・・携帯電話を持つのをやめると性的不能や自信喪失の原因となりうる人が多く現れたとの報告も。食欲がなくなったり,気分が落ち込んだりするって,これは困ったものです。

なんていっても・・・もはや生活必需品となっている携帯電話。上手に付き合わなきゃといったところですね。

2006/02/21

トッピング・・・

nao8-1104852075-2なんて言葉が・・・別にトレンディというわけではないですけど,よく使われますね。
飲み食いならまだしも,先日,最近流行のマッサージルームの前を通ったら・・・たとえば通常コースに10分程,特定の身体の部位を追加でマッサージするサービスを「トッピング」と看板で表現していました。何だか人間がくいものにされてるような気になっちゃいますね。

なんて他愛のない話はさておき,写真は・・・修学旅行生のメッカ・京都の新京極で発見した丼専門店のメニュー表ではなくて,入口。

このお店では,あらゆる海産物がいろんな組み合わせで「トッピング」できるようなんです。しかしまあ・・・さすがにこんな入口を見てしまいますと,写真をズラズラ並べてもらうより,浅草のかっぱ橋なんかで売られている料理のサンプルを・・・お店の前で回転寿司みたくグルグル回してもっと胡散臭くしてほしい・・・などと下らないことばかり考えてしまいました。

只今のBGM ....... DAF : der mussolini

2006/02/16

使い捨て指輪「リングヒルズ」:今、渋谷・原宿ギャルの間で大ブレイク中!とのことらしいが・・・。

「安いのにおしゃれ。複数付ければリッチな気分で、六本木ヒルズ界隈でも流行!」って・・・ここまでシンプルに思わせぶりを発揮できれば・・・この指輪,詐欺商法でなくとも,ニセ有栖川に匹敵する企画力すら感じます。笑。

100本500円・・・あとで紹介ページのURLをクリックしていただければわかりますが・・・これは明らかに「アキバ系グッズ」であります。「萌え〜」
単体よりも組み合わせたほうが・・・そうですね,数年前のシノラーみたいなノリになるかもしれません。ただし・・・つければつかるほど「抵抗力」が強くなりそうです。

でもこれ・・・本当に買ったギャルいるの? 

http://www.atatan.com/a/ring/ring-j.html

2006/02/13

今井メロ選手は左利き?(たぶん)

トリノオリンピック・女子ハーフパイプ出場の今井メロ(旧:成田夢露)さん・・・写真などを見ていると・・・ペンを左手に持っていたり・・・大きな大会で獲得したメダルを左手で持つさまなどから・・・左利きではないかと思います。

競技のなかでも・・・そういった利き手の違いに注目してもおもしろいかもしれませんね。

これを読めば,占い書や人生ハウツー本なんかいらないかも:「すらすら読める 風姿花伝」

kaden能という芸能にかんする一子相伝の秘伝書(by 世阿弥)といえばそれまでですが・・・時代という枠を超えて・・・一生付き合えそうな一冊を挙げるとすれば・・・迷わず『風姿花伝』を思い浮かべることでしょう。

 おそらく・・・よく読まれているのは岩波文庫の『風姿花伝』かと推察されますが・・・,そちらは原文にちょっとした注釈がつく程度で・・・やや初心者にはとっつきにくさがありました。けれども・・・この『すらすら読める 風姿花伝』は・・・かの林望先生の解説付きで,しかも現代語訳に総ルビ。原典の一部は割愛されていますが・・・それは気になりません。

 とにかく・・・能楽を超えた大きなフィールドとしての仕事や対人関係,人生の岐路や節目・・・どこから読んでも思い当たったり・・・納得できる一文に出逢えるはずです。しかも「入門書」でありながら・・・見事に世阿弥のイイタイコトが現代人に伝わってくる・・・。こういう『風姿花伝』を読んでみたいと思っていた想いが・・・まさしく正夢となった一冊です。

読み出すと感銘を受ける文章にいっぱい出逢えますが・・・そのひとつは・・・

「上手は下手の手本、下手は上手の手本なりと工夫すべし」

という一文でしょうか。自分よりも才能が劣ると思うような人にも自分よりも優れるところがあれば,それを学んで多くの長所を身につければ・・・それこそが道を極める最上の方法・・・,人間はほっとけば何者かになった気になって自惚れる。そんなことに対する戒めの言葉でもあり・・・もっと身近なところに学ぶべきことがたくさんあると諭されているようで・・・本当に深いです。

何かと人と接するときに問題が生じたりすると自分の側にたって「解決」することを考えてしまいがちですが・・・もっと相手の「いいところ」を感じて共感しあう。そんな気持ちを大事にしていきたいなと・・・ちょっと話題からそれてしまったかもしれませんが,そう思う今日この頃です。

2006/02/12

不謹慎かもしれないけど・・・ネーミングは大事だなあ:「東洋美人」「義侠」

最近・・・あまり飲んだお酒のレビューをしていませんが・・・といいますか・・・量は程々にを徹底しております。

 他愛のない話ですが・・・酒も飲みすぎると脳が萎縮するみたいで・・・要注意ですね。それと・・・人一倍,二日酔いが大嫌いです。

 というわけで・・・ここ最近で印象に残っているものを・・・。

060211_19530002●「義侠 純米しぼりたて 五百万石60% 生酒」

 使用しているお米の良さとか旨みを口に入れた瞬間から喉を通るまで・・・どこまでも堪能できる愛知県の銘酒「義侠」。酒米として有名な山田錦でも・・・吟醸仕込みでなくても最上の品質の米を生産する地区のものだけを使っていて・・・「う〜ん旨い」と素直に納得できる・・・個性があって濃醇な酒。でも・・・これは富山県で生産された「五百万石」という米を使っていて・・・しかも新酒の生ということもあり・・・とっても後味がスッキリ。でも・・・新酒独特の麹の香りがとても品良く,綺麗な酸味。お米の旨みもスッキリしたなかにもしっかりあって・・・「素材の良さを引き出した日本酒らしい日本酒の見本」みたいなお酒です。

これで・・・税込み一升瓶2520円はお値打ちです。そして「義侠」というネーミング。こんな名前のお酒で・・・誰かと兄弟分の契りを交わすだけでなく・・・日本酒好きのカップルやご夫婦なら・・・何かの記念日にでも使えそうです。笑。

(使用米:五百万石(精米歩合60%)/アルコール度数:16-17%/日本酒度-/酸度:-/酵母:9号酵母)


060210_15240001●「東洋美人 純米吟醸 おりがらみ 生酒」

 こちらは若手の天才蔵元杜氏作。山口県の酒ですが・・・味わいだけなら・・・関東以北のお酒を思わせる・・・さっぱりとしたチャーミングさを感じるお酒です。去年の同じものと比べると・・・今年のものは・・・どこか初々しいイチゴをほおばるときに感じるフルーティーさ。最初はけっこう香りが華やかだなあと思いましたが・・・おりがらみながらも透明感のある味わいで・・・五味も・・・どれが突出してるという感じもなく・・・ゆっくり味わえば味わうほど繊細な造りがわかるのが,「東洋美人」の個性というところでしょうか。

派手さはない。でも,微妙な旨みのバランスで,つい後追いしたくなるような・・・「見返り美人」的な味わい。淡くて繊細。「東洋美人」というネーミングもうまいなと思います。まさしく女性にすすめてみたいお酒です。^^

個人的な好みですが・・・このお酒はワイングラスが似合うかなというのが,個人的な感想です。
 
(使用米:山田錦(精米歩合55%)/アルコール度数:15-16%/日本酒度+5/酸度:1.5/酵母:蔵内保存株)

どちらも・・・日本酒嫌いの方にこそ飲んでもらいたい・・・一気に誤解がとけること間違いナシです。

2006/02/11

里谷多英に期待・・・残念。でも・・・

060211_19480001冬季オリンピックがはじまりました! 

開会式には・・・かのオノ・ヨーコさんも登場されました。

そして・・・今大会・・・個人的には六本木で泥酔・・・暴行騒動後・・・動向を注目していた・・・モーグルの里谷多英!!選手の登場です。

長野オリンピックでは・・・解説者が・・・

「多英っすっげぇ〜!」

と公共放送ではおおよそ考えられない雄叫びと・・・金メダル。

しかし・・・六本木での泥酔・暴行騒動があって・・・オリンピックはどうか??というところでしたが・・・やはり出場されました。巷では上村愛子選手に注目が集まっていますが・・・一連の騒動を乗り越えて・・・大技で挑む里谷選手に今大会最も注目しつつ・・・予選・決勝と観ます。

そして・・・観ました。結果は・・・15位。ケガをおしての出場でしたが・・・「これが私の実力」と涙を流していたシーンが印象的でした。でも潔い。マスコミに媚びてないのが最高だ。

それにしても・・・あのロートーンの声・・・厳しい目つき・・・良いとか悪いとかは別として豪傑ぶり・・・オリンピックで金と銅のメダル。やっぱり「多英っすっげぇ〜!」です。この国のオリンピック界の名選手であることは間違いないですね。

2006/02/09

自分自身の慢心や空虚な気持ちを気付かせてくれる一冊:『歎異抄』

今日はそれほどこのブログで長文を書く気力がわいてきませんが・・・そんな日だからこそ・・・「自分自身の慢心や空虚な気持ちを気付かせてくれる一冊」を挙げてみます。

 ここ日本では仏典の「般若心経」と並んで,多くの人々に読まれているであろう,仏教聖典の『歎異抄』です。自分自身はどこの特定の宗教団体にも属していませんし・・・とにかくこの書は,確信である「阿弥陀如来が生きとし生けるものをすべて救ってくださる」ということを意識しなくとも・・・読むとどこか「安心」を得られるのです。

 ここであれこれゴタクを並べるよりも・・・ちょっとでも関心がわいた方は・・・Yahoo!等の検索エンジンで「歎異抄」と入力すれば・・・いくらでも解説のページや現代語訳また原文に出逢えます。

0208ちなみに・・・豊富なイラストと一緒にユニークな『歎異抄』解説を楽しんでみたい方は・・・個人的に尊敬していた故・遠藤誠弁護士による『フォー・ビギナーズ・シリーズ 63 歎異抄(日本オリジナル版)』なんかをオススメします。残念ながら・・・全文ではなく・・・前半の10条分の解説ですが・・・僧侶としてではなく弁護士ならではのリアルな人間社会にもとづく解釈もあり・・・またイラストの展開が・・・まるでマンガを読むような感覚であります。

 この本のなかで・・・遠藤弁護士は自らの「ウツ病体験」を赤裸々に告白されていますが・・・毎日,自殺することばかり考え,クスリを飲んでも東大病院での治療でもなおらなかった自分のウツ病をなおしてくれたのが,仏教であり・・・歎異抄である,とまで書いておられます。

 そういえば・・・かつて取材で出逢った女性で・・・20代の前半に極度のアルコール依存症になり・・・自分の体温が全くコントロールできなくなる状態になり・・・余命6ヵ月とまでいわれていたが・・・この『歎異抄』を読んで・・・「あっそうなんだ。いいんだ別に」とふと思えたことから・・・いろんな意味で立ち直ることができ,今では社会復帰した人がいたことを思い出しました。

 「あっそうなんだ。いいんだ別に」・・・って,どことなく抽象的な表現かもしれませんが・・・宗教を信じる信じないは別として・・・「安心」が得られる瞬間とは・・・アバウトな言い方かもしれませんが・・・簡単に言葉では言いあらわせられないことではないかなと。

 すべての人々が『歎異抄』の世界に共感や共鳴するとは限りませんが・・・生きとし生けるものすべてが「生きる」だけでなく大いなる生命の限りないつながりのなかで「生かされている」という気持ちが芽生えたとき・・・ちょっとは「安心」できるというか・・・いやはや・・・それでもつい「自分が自分が」と思ってしまう自分を自戒する今日この頃であります。苦笑。

 こういうと宗教者は憤るかもしれませんが・・・阿弥陀如来の大慈悲を信じる信じないは別として・・・一読して少しでも「安心」を得られたならば・・・それはきっと喜ばしいことだと思えてなりません。

 歎異抄にもよく出てくる言葉・・・「不(可)思議」ってそういうことかもしれませんから。

2006/02/06

三十路を超えてもこんなのを聴いてみたらどう?:DJ KENTARO / ON THE WHEELS OF SOLID STEEL

djkentaroDJ KENTAROといえば・・・名前だけでも耳にしたことがある人は少なくないであろう・・・DJのワールドチャンピオンになった,ホントにターンテーブル(レコードプレーヤー)を楽器にしてしまうようなテクニックの持ち主。といっても,自分自身は・・・楽器屋のDJ関連物コーナーにて・・・というか,そこへ行けば,オーディオ製品コーナーへ行くより,よほどレコードプレーヤー関連の部品が充実しているので,よく彼の映像を見たりするわけです。

 ちなみに・・・還暦を過ぎた実母が・・・教育テレビに出演していたDJ KENTAROを見て・・・

「DJケンタロウはすごい!」

と叫んでいたこともあります。笑。

 というわけで・・・このCD・・・印税という点ではアーティストに申し訳ないですが・・・以前に中古盤店で購入。映像ですごいのはわかっていますが・・・音楽のみで聴いてみる。ロンドンのNinja Tuneというレーベルから出ていて・・・展開される曲もこのレーベルのDJやアーティストのものがほとんど(最後に日本のコーネリアスで〆)。

 もちろん・・・キュッキュッとスクラッチも炸裂しますが・・・ドラムン・ベースとか(簡単に言えばダウンタウンの浜田と小室哲哉が大ヒットさせた曲の「あのビート」です),ブレイクビーツ(4つ打ち系),ヒップホップや・・・ジャージーな路線の曲もあって・・・意外に多面体でスリリング。そういった多ジャンルの音楽をうまく融合して・・・まさに他者の作品をオリジナル的な次元にもっていくために,いろんなDJライクなテクニックが駆使されていて・・・なかなか聴かせどころは多いです。

 どうでしょう? ちょっと年輩の方は「クラブミュージック」という枠を外して・・・ちょっとした前衛音楽を聴くような気分で接してみては・・・。もちろん・・・U30世代こそ共感の渦に巻き込まれてください。

それと・・・ターンテーブルが音源なので・・・静かな曲では・・・針と盤が奏でるサーフェイスノイズ(プチプチって音があるあれですね)が意識的にはっきりと聞こえるように収録してあるので・・・臨場感と・・・なんだか妙に安心感を感じました。

 ホームオーディオで聴いてもちろんいいと思いますが・・・個人的にクラブミュージックは良質なカーオーディオ用のBGMかなとも思っています。是非おためしください。笑。


2006/02/04

男との料理とは?!:新どっちの料理ショー。

もう番組は終了しましたが・・・2月2日放送の「新どっちの料理ショー」で紹介された「ビーフカレー VS. あんかけチャーハン」の対決。

http://www.ytv.co.jp/docchi/dotch_set.html

 カロリーを抑えるためのヘルシーメニューとのことでいろいろと工夫をされていましたが・・・,個人的には,いずれも料理をするのが楽しいメニュー。そして・・・一見すると簡単そうで,じつは本当にうまいものを作るには・・・なかなか奥が深い料理だと思っています。

 ところで・・・「カレー」に「チャーハン」。「チャーハン」はともかくとして・・・「カレー」に男が取り組むと「凝ります」! 料理時間のみならず,具材や料理法までも。ちなみに・・・この日のカレーは・・・

「玉ねぎは油を使わずに鍋で飴色になるまでゆっくりと炒める。(みじん切りにし、電子レンジにかけてから炒めると早く出来上がる) さらにニンニク、ニンジン、セロリを加えて炒める」

のが最初の下ごしらえですが・・・,自分だって,カレーを作るときには・・・これと同じことをやりますとも。ただし・・・「みじん切りにし、電子レンジにかけてから炒めると早く出来上がる」という部分は・・・とても参考になりました。それをしないと・・・小麦粉を炒めながらルーを作らないこの方法で琥珀色になって原型をとどめないタマネギ・ニンジン・セロリにするまで・・・そうですね,最低2時間ぐらいは費やしてしまいますから。爆。ここで焦がしてしますと・・・最終的には嫌な味のするカレーになっていまいます。個人的には鶏肉か牛肉のカレーが好きですが・・・

リンゴと蜂蜜トローリ溶けてる「秀樹カ・ン・ゲ・キ」仕様はもちろんのこと・・・

ちょいとドライフルーツをいれると・・・辛さの向こうからほんのり甘みが見え隠れするので・・・いいなあと思ったりします。

 いっぽう・・・「チャーハン」も,「あんかけチャーハン」は作ったことがありませんけど・・・「鍋振り」が好きなもので・・・時折,楽しんで作るメニューです。こちらも一見するとご飯に具を混ぜて炒めればいいと言えばそれまでですが・・・カレーより難しいのは,むしろチャーハンのほうかも。とにかく火が弱かったり,鍋をよく火で熱くしておかないと・・・とんでもないベタベタチャーハンの完成になってしまいます。
 
 ちなみに・・・この日のチャーハンもヘルシー仕様ということで・・・油は使わないということもあり・・・

「1.ご飯に全卵を加えて混ぜる。 2.バットに広げ、160度のオーブンで途中で混ぜながら6分火を通す。」

という過程を踏むわけですが・・・これは「お米がパラパラ」とするチャーハンを作るうえで・・・グッドなアイデアかもしれません。一度試してみます。笑。

 というわけで・・・よく「豪快でシンプルな男の料理」なんて言いますが・・・じつは・・・男が料理をつくりだすと・・・何かと凝りだして・・・コストパフォーマンスなんて話どころか・・・けっこうな時間を費やすこととなります。そのへん,いろんな意味で・・・女性は「冷蔵庫の中にあるもの」で上手にやりくりすると思います。

 このところ・・・国会議員でなんとかチルドレンと呼ばれる女性が話題になったりしますが・・・そのほとんどが「経済畑」。何事もエコノミーを考えて行動するのが得意なのは・・・間違いなく女性なのでしょうね。

2006/02/01

黄色が大好きな青い炎:平山三紀。

なんだかんだで・・・女性のシンガーといえば海外ならビョーク,国内なら平山三紀(みき)が,ここでは定番となっております。というか,ここ最近で最新のトラックバックが「平山三紀」がらみだったもので,しつこく(笑)取り上げます。

 フィギュアスケートの安藤美姫効果か・・・「みき」という名前の女性は,何かと「ミキティ」と呼ばれて嬉しいやら??やらな気分になってらっしゃるかもしれませんが・・・さすがに平山三紀さんを「ミキティ」と呼ぶのはおこがましいので,先にすすめさせていただきます。

 じつは・・・平山三紀さんの楽曲を興味深く聴くようになったのは・・・12年程前だったでしょうか。ちょっと年上の友人が平山さんの「超」がつくほどの大ファンで,代表曲を編集したカセットテープをくれたことが,そもそものはじまりでした。

mikiそれまでは・・・多くの人が知っている「真夏の出来事」(「彼のくるっまにのって〜♪」っていう「あれ」です)ぐらいは知ってる程度でしたが・・・,その友人は・・・「真夏の出来事」を外して,彼は所有するアナログ盤から・・・現在発売されているCDのベスト盤以上の選曲で「虜」にさせてくれました。まあ,そこらへんは,時折,クラブでDJをしていた彼の巧さでもありました。

 ちなみに・・・平山三紀さんの初期は・・・「作詞:橋本淳」「作曲:筒美京平」という,当時の黄金コンビ。「雨の御堂筋」はベンチャーズの作曲だったものの・・・その後のヒット曲は平山さんと同じ「筒美・橋本コンビ」だった欧陽菲菲(フィフィ)とは対照的というか・・・。

 欧陽菲菲がボヨヨ〜ン(?)という感じのパワフルな「赤い炎」だとすれば・・・平山さんはクールだけど中身はとっても熱い「青い炎」とでもいえましょうか。それほど饒舌な印象はないのですが・・・むしろそれが,歌(歌詞)の世界へと,そして,筒美さんの楽曲の入れ込みの凄さを物語っているような気がしてなりません。そして「唯一無二」のヴォイス。

 そして・・・何よりも男性が聴いても,女性の情念を重く感じさせない世界なので,妙に歌謡曲を意識させません。それと・・・「モジモジしてる男でもいいのよ。さっ背中を押すわよ。前へすすみなさい」的な歌詞が・・・何とも男性リスナーを安心させるのではないでしょうか。笑。そんなことはさておき・・・とにかく,聴いていて「歌われている世界に嫌みを感じない」のです。どんな光景を描いていても。


hirayamaマニアさん方は・・・「初期コロンビア時代」と,その後の「ソニー以降」みたいな区切りをされていますが・・・「初期コロンビア時代」のベスト盤が左の「平山三紀 筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス」。ひとまず,これ一枚でも十分かなと思います。「真夏の出来事」はそれほど聴こうとは思いませんが・・・自分のなかでは絶対にはずせない「ビューティフル・ヨコハマ」はもちろんのこと・・・,アルバム一枚で・・・いろんな人間模様を堪能できるような小説的な世界。ジャケットがキュートでいいですね。


mhirayama もう一枚のベスト盤は・・・「ソニー以降」ともいうべき,2枚組のベスト盤。「真夏の出来事」や「ビューティフル・ヨコハマ」,「フレンズ」あたりの初期の曲は新しいアレンジで収録されていますが・・・個人的には「初期コロンビア時代」のゆったり感が好き。でも,個人的に好きな「真夜中のエンジェルベイビー」は入ってますし,石田あゆみのヒット曲「ブルーライト・ヨコハマ」なんか・・・サビの部分で平山さんならではのざらついたヴォイスが炸裂しています!
 そういえば・・・80年代に入ってからの楽曲は・・・わりと作詞が秋元康になっていますが・・・小泉今日子の「なんてったってアイドル」も「筒美・秋元コンビ」。当時・・・あまり歌謡曲を聴きたい気分ではありませんでしたが・・・「あ〜いどるは〜♪ や〜めら〜れな〜い イェィ!」と歌うキョンキョン! あの音程のアンバランス感覚を「才能」として大いに評価するきっかけを与えてくれた筒美京平氏に乾杯(完敗)です。でも,本当に入れ込んでるのは平山三紀ってすばらしい。

 とにかく・・・世代や年齢とか性別・・・そういう枠を超えて・・・永遠のカッコイイ「黄色の大・大・大好きなおねえさん」です。トラックバックをいただいた方のブログに・・・わりと最近の写真が掲載されていますが・・・。

http://crazypoker2.seesaa.net/article/11953834.html

 今どきのギャルでも十分にカッコイイと思える・・・でも子どもがちゃんといらっしゃるシンガー。ことの真相はさておき・・・離婚された元夫のばんばひろふみ氏は・・・あえて無言にします。苦笑。ちなみに・・・関西地区では・・・「馬場」という名字,「ばば」と読むと「ウンコ」の意味になるので・・・それを避けるために「ばんば」と「ん」を入れたとの説があると聞いたことがあります。

あと・・・平山三紀さんにかんする・・・コアなサイトも発見しました。

http://www.interq.or.jp/rabbit/aloysius/voice/Miki/index.html



« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »