« 細木数子は左利き傾向があったのかも・・・ | トップページ | ジョン・レノンの命日:12月8日 »

2005/12/07

久々に熱中・・・Bjork : homogenic

1207ジャケットのデザインのインパクトもさることながら,サウンドには文句のつけようがない程,大名作。このサウンドが単なる前衛音楽で終わっていないことって,とても嬉しいことだと思う。

 1997年発表だけど,音が色あせるどこか,聴けば聴くほどいろんな世界が見えてくるのが,ビョークの世界でしょうか。どのアルバムにも共通するのが,どこまでも斬新なアプローチで音を編集しているのに,頭のなかで浮かび上がってくるのは,小高い大草原の丘とか,ちょっと寒さの厳しそうな海岸とか・・・。どこまでも自然だっていうことです。

 よく「生演奏の熱さが・・・」なんて言って,デジタル系のサウンドを否定する人がいますけど,ここまで音の「奥行き感」や「編集のセンス」を耳に焼き付けられると,世界のどこにいてもビョークの世界に包まれ感動できるのですから・・・。スタジオ録音には,ライブにはない魅力がいっぱいあることを,改めて発見させてくれる,時代を超えた名盤ですね。特にリズム音が単調な4つ打ちやバスドラムのキック音に終わらず,見事に曲調に合わせてコラージュされているところが,言うことなし。

それにしても「violently happy」っていうビョークの言葉・・・イカした表現です。

« 細木数子は左利き傾向があったのかも・・・ | トップページ | ジョン・レノンの命日:12月8日 »

コメント

ポストもホモジェニックも甲乙つけがたい・・・ってのは私もです。ポストなら、It’s oh so quiet (だったっけ)とisobelが好きです。It’s・・はジャズじゃ無いのかもしれないけど、勝手にジャズっぽいフィーリングがある曲だなーと思ってまして、ビョークはこんなスタンダードぽい曲もできるんだなーという曲です。スイートでハッピーな曲。isobelの幻想的なシリアスさは人間技とは思えませんわ。

ビョークがソロになる前のかなーり若いころにいたシュガーキューブスというバンドのCD一枚だけ持ってますが、声も音も若いのに(たぶん十代)フインキがそこはかとなく″大人″なのがすごいんです。

>羅美さん

書き込みありがとうございます。「ポスト」と「ホモジェニック」(アルバムそのものは後者のほうが名作かと思うが)・・・もし「一曲だけベストを挙げろ」と言われると,どちらがいいか甲乙つけがたいのが自分自身の感想です。なぜなら,「ポスト」には「Hyper Ballad」っていう,自分にとってビョークのベストソングがあるからです。特に歌詞・・・

「毎朝・崖まで歩いては・いろんなモノを投げ捨てる 
車の部品やボトルや刃物・目に映るものすべてを・それが習慣になってしまったわ・この方法で・一日を始めることが」

わだかまりのある心が解き放たれる瞬間みたいなものを感じて・・・はじめて聴いたときはゾクゾクしました。巷には陳腐化した「癒し」なんて言葉がありますけど,この歌には本当の「癒しの世界」があるといつも思っています。

>tomokoさん

ブログには久々の書き込みありがとうございます。「ビョークが激怒して女性記者の髪の毛を掴んで引きずりたお」すシーン,もちろん見ました。 エキセントリック・ビョーク?! いったい何が気に障ったのか? でもああやって感情を爆発させられるっていうのは,「赤い」服が似合うビョークらしいと言っては表現が変かな?! またこの人,日本のコムデギャルソンがよく似合う。存在そのものがアヴァンギャルド?! ボルケーノ?!

「ホモジェニック」といえば・・・9曲目の「Pluto」がパンキーかつ超一級品なテクノだなあと聴いてて痛感します。

歌詞も・・・「自分を爆発させなきゃ」みたいな(かといって自虐的な内容ではなく)アグレッシヴさが,どこか遠藤ミチロウ氏や大槻ケンヂ氏の「ロマンチスト」を彷彿させます。って,かなり話が脱線してしまいました。^^;
とまれ・・・聴いていて感じるビョークの魅力は・・・万華鏡的な感情の多彩さとか,屈折していようと何していようとストレートに感情を出してるところかなと思う。でも,余計な力は入ってないというか。


奇遇にも先日ビョークのDVDを見ていました。「violently happy」のPVもなかなかインパクトあります。
アルバムもほとんど聴いてきましたが、ほんとビョークってキュートさと艶っぽさ(という言葉が的確か疑問ですが)を合わせ持ったカッコイイ女だなぁ・と思います。

その昔、子供を連れて空港を歩くビョークに女性記者が駆け寄った場面があったのですが、ビョークが激怒して女性記者の髪の毛を掴んで引きずりたおしてました…ある意味これもカッコイイ(爆)。

自分もビョークのこのアルバムすきです・・・。ポスト、ってアルバムも持ってますが、ホモジェニックの方が奥行き感があって一つ一つの音の主張が響きに響くていうか・・なんやろう・・・渋くもあり・・。ビョークを聴いて、打ち込みやからアタタカミが無いってことはぜんぜん無いんやなって思いましたわ。ビョークのキャラクターがかっこいいです・・。キュートなのにアダルトというか成熟感のある小悪魔的なひとだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/7519034

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に熱中・・・Bjork : homogenic:

» BJORK  「JOGA」 [1日1曲洋楽レビュー]
「JOGA」 アイスランドの極寒の地にふさわしい、静寂と自然の雄大さを感じられる曲。 ヴァイオリンの音色が厳かに冒頭を彩り、いやがうえにもムードを高める。 不器用にも聴こえる硬質のBJORKのボーカルが返ってリアルな自然を表現しているようで深みが増す。 そして徐...... [続きを読む]

« 細木数子は左利き傾向があったのかも・・・ | トップページ | ジョン・レノンの命日:12月8日 »