« レーザーラモンHG氏の利き手について | トップページ | revival but modern :: Bloc Party / Silent Alarm »

2005/11/07

イギリス人の友人との日々:結局総集編

11イギリスの友人が日本に来たので・・・その行動録を携帯でモブログと思っていたのですが・・・その余裕は全くなく、歩きすぎ・車の運転しすぎ・予定の詰めすぎで、かなりコッテリした疲労にみまわれました。

 そんな感じでしたので、大ざっぱに動いた記録の一端でも。


●11月1日

 前回も彼が熱望した神田神保町〜秋葉原周辺を闊歩。どこでサーフィンに興味を持ったのかは知らないが、今回もサーフ系のグッズやファッションが置いてあるスポーツ用品店(小川町寄り)から、靖国通りを九段下方面へと足を運ばせる。昼は前回同様、半チャンラーメンの元祖・さぶちゃんへ。行列を苦にすることなく、しばし待って7席しかない店内へ。毎度のことながら、シンプルなメニューに感激している様子。
 昼食後は・・・イギリス人なのに何故か一番マニアックな「神田古書センター」に足を運ばないと満足できないようで、今回も一番上の階からこまめにチェック。日本人でも滅多に買わない、アナログレコード用のストロボスコープや関東大震災の写真を購入し大喜び。その後、秋葉原へ向かう途中で立ち寄った洋書の古書店で、なんと1000部しか発行されていない、彼が装丁等デザインした本を発見。「これは買うべきだ」と言われ、迷わず購入。2000円也。
 その後は秋葉原界隈を少し散策して、友人は日本の出版社の人と会うため散会。

●11月2日

 友人のみならず、自分自身も楽しみにしていた湘南海岸ドライブ(男子2名で<笑>)。天気はよく、また、都内とは違った空気の抜けの良さは・・・やっぱりたまに行くといいですね。ただ・・・残念ながら波がなく、サーフィンを見ることはありませんでした。が、が・・・前回の来日同様、サーフショップを見たいとダダをこね始めるイギリス人。しょうがなく、店毎に停車し、付き合う。それにしても、ボードや服・・・、このところサーフショップの雰囲気には爽快感があって、かつては不健康な路線を好んでいた自分が嘘のようです。
 そんなこんなで湘南海岸を車で右往左往(笑)した後は・・・カップルだらけの七里ヶ浜を通って鎌倉市内へ。以前に来たときより観光地化してましたけど、いいですね。湘南のどこかアメリカナイズされた雰囲気からいきなり伝統的な日本の情緒がありますから。で、そこから横浜市内へ。これもまた久々の山下公園。アートの催しを見たくてしょうがなかった様子でしたが・・・着いたのは7時過ぎ。というわけで、桜木町にあるみなとみらいでお茶をして、都内へと急ぐ。途中、スクーターに乗ったプリティ暴走族に出くわし、彼らを見て友人、「これから映画みたいに写真を撮る」と興奮状態。まるでカーチェイスのような感じで、連中を追ってデジカメにおさめました。その後は六本木〜銀座とブラブラ車で移動し、友人が宿泊する旅館近くの居酒屋で焼き鳥を食べ、一日が終了。
この日の車内BGMは・・・BLOC PARTYの「SILENT ALARM」(友人がおすすめと言ってくれたイギリスのバンドのCD)、BIRDSの「5th dimension」(ドライブ用にこちらが用意。このCDは好きだけどもってないというので友人にあげた)、KK NULL(2002年の作品。ミニマルサウンド)

●11月3日

 祝日ということもあって人がいっぱいのところを渋谷〜原宿〜表参道と足を運ぶ。ブティック等を一通り見たが、結局は表参道から少し入ったところにあるアート系の書店と、南青山の「MUJI」という、前回同様の場所で友人が買い物。
 夜になり、翌日の飛行機が朝早いので、早めに渋谷センター街にある回転寿司屋へ。とその前に、休憩と喧噪を避けるため、道玄坂百軒店にある名曲喫茶「ライオン」へ。ここで一気に休息モードになる。友人も古ぼけた店内やシャンデリアに感激。その後はくだんの回転寿司屋へ。毎度のことながらものすごい行列。でも、ここの一皿100円はクオリティ高し。
 というわけであっという間に3日間が過ぎ、今回は空港へのお見送りは朝が早いのでかまわないということでお別れ。まあ、また3年後ぐらいに会いましょうという感じでしたね。お互い。

泉アツノ(知ってる人がいたら貴重)でもありませんが、「こんなんでました」という感じです。さすがに、もうずっと英語を話してなかったので、とんでもなく喋れなくなっているし、できるだけいろんな場所をガイドしようと歩きすぎた感がありました。たぶん、友人も相当な疲労があったと思います。

写真は・・・夕方にみた湘南の空です。きれいなシェイプの雲ですね。

というわけで、今回の行動録はこのへんで。

« レーザーラモンHG氏の利き手について | トップページ | revival but modern :: Bloc Party / Silent Alarm »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/6948187

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス人の友人との日々:結局総集編:

« レーザーラモンHG氏の利き手について | トップページ | revival but modern :: Bloc Party / Silent Alarm »